マナ's Blog

<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 【聖書】主がそこにおられる・エゼキエル書48章 | main | 【聖書】神への祈り・ダニエル書2章 >>

【聖書】主に従ったダニエル・ダニエル書1章

ダニエル書1章・・・・・・主に従うことを守ったダニエル
「彼らは常に国中のどの占い師、祈祷師よりも十倍優れていた。」1:20

くぅ〜ママのちょっと一言
ダニエルは「神裁きたもう」という意味があります。他の3人の友人もそれぞれ意味ある名前でしたが、捕囚となり名前を変えられます。それは偶像に関連する名前でした。これほど屈辱があるでしょうか。食べ物も偶像にささげられた食物を食べさせられることになったのですが、ダニエルはそれを食べずにすむ方法を模索し阻止しました。主に従うことを決心する者に主は知恵を授け、守ってくださるのです。ダニエル書は全ての主権は神にあること。また異文化においてもなお、信仰と服従と献身の生活を送ることの意味と、それによる救い主イエスキリストの救いを指し示しています。

聖書要約
グッドバビロンの宮廷でのダニエル
ユダの王、ヨヤキムの治世3年のことです。バビロンの王がエルサレムを攻めてきて、神殿の祭具の一部を持ちだして、自分の宝物庫に収めました。また王は侍従長に命じて捕囚として連れてきたユダヤ人の中から若者から、王族、貴族の出身で、丈夫な体、美しい容姿、才能と知恵があり、知恵と理解があり、宮廷につかえる能力のある者を選びださせました。その少年たちにカルディアの言葉と文学を学ばせました。このように選ばれた若者の中にダニエル、ハナンヤ、ミシャエル、アザルヤの4人がいました。侍従長は4人の名前をペルテシャツァル、シャドラク、メシャク、アベド・ネゴと変えて呼びました。その教育機関の3年間、王の調理場から最上の食物とぶどう酒が支給されましたが、この4人は王の食事で自分たちを汚すことがないようにと決心して、侍従長に願い出ました。侍従長は「王が決められた食事を食べないために、他の若者よりあなた方が青白い顔になり、痩せてしまったら私が首を切られるかもしれない」と言いましたが、ダニエルは10日間野菜と水だけの食事をした後、他の若者と比べてほしいと頼んだのです。10日が過ぎましたが、ダニエルと3人の友達は他のどの若者より健康状態が良かったのです。ダニエルたちは肉と酒を除いた食事を食べることを許されました。この4人の才能は優れており、特にダニエルは夢を解くことが出来ました。教育期間が終わった後、王は彼らと語りあいましたが、この4人に並ぶ者はいませんでした。王は知恵と理解力が求められることがあれば彼らに意見を求めました。彼らは国中のどの占い師、祈祷師よりも10倍優れていました。
ダニエルはキュロス王の元年まで王に仕えました。

【聖書】 | comments(1) | -