<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 【diary】いつでも夢を | main | 【diary】激しい寒暖の差 >>
【聖書】主が守ってくださったので・ダニエル書6章

ダニエル書6章・・・・・・主が守ってくださったので
「神さまが天使を送って、獅子の口を閉ざしてくださいましたので…」6:23

くぅ〜ママのちょっと一言
ダニエルは新政府の元でも重要な地位につきます。しかし他の者の嫉妬から獅子の穴に放り込まれることになったのです。ダニエルはそうなることを承知しながら、神に礼拝することを止めませんでした。本当に勇気ある行動だと思います。日本にも踏み絵等の迫害の歴史があります。そのような時代に生まれなくて本当に良かったと思います。しかし現代でも違う意味での踏み絵というべき直面が突き付けられることがあるように思います。この世の生活と信仰生活の狭間で心痛めるような時です。信仰生活優先の人生を選び取りたいですが、そうできない時でも、心を痛めていることを主はご存じであることに救いを求めたいと思います。

聖書要約
グッド獅子の洞窟に投げ込まれたダニエル
王国を継いだのはメディア人のダレイオスでした。彼は王国に120人の総督を置いて全国を治めさせました。また総督から報告を受ける3人の大臣を置きました。ダニエルはその一人でした。ダニエルには神の霊が宿っていたので、他の大臣や総督より傑出していました。王はダニエルに国全体を治めさせようとしましたが、他の大臣や総督は面白くありません。ダニエルを陥れようとしますが、ダニエルにはその口実を与えるようなことが何一つなかったのです。彼らはダニエルの信仰に関することで言いがかりをつけるより他ないと話し合い、王に進言しました。「これから30日の間、ダレイオス王以外の人間や神に願い事をする者は獅子の餌食になるという禁止令を出すように」と。王は書面に署名をしてしまいました。王の署名のある法律は変更が出来ません。
ダニエルは王が署名したことを知っていましたが、家に帰り、いつものように窓を開け、エルサレムに向かって一日三度神に賛美と礼拝を捧げました。役人たちはダニエルの行動を確認して王にそのことを伝えたのです。王は大変心を痛めましたが、変更はできません。ダニエルは獅子の洞窟に掘りこまれることになり、引き出されました。ダニエルが放り込まれた獅子の穴の入口には一つの石が置かれ、封印されました。王はダニエルに「あなたの神があなたを救って下さるように。」と言い、王宮に帰りましたが、食べ物ものどに通らず、眠れずに朝を迎えました。夜が明けるや否や、王は洞窟に生き、「ダニエル、あなたがいつも拝んでいる神があなたを救い出す力があったか」と尋ねました。するとダニエルが「神さまが天のみ使いを送ってくださり、獅子の口を閉ざしてくださったので、私は何の危害もくわえられませんでした」と言いました。王はダニエルを洞窟から出し、代わりに陰謀を企てた役人とその妻子もろとも獅子の洞窟に放り込みました。穴の底に達する前に獅子は彼らに飛びついて骨までかみ砕いたのです。ダレイオス王は全地に手紙をおくりました。「この王国全域に置いてダニエルの神を畏れかしこまなければならない。この神は救い主、助け主、ダニエルを獅子の穴から救われた」と。こうしてダニエルはダレイオスとペルシャのキュロスの治世を通して活躍しました。

| comments(0) | - | 06:00 | category: 【聖書】 |
コメント
コメントする