<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 【聖書】罪ゆえ・アモス書2章 | main | 【diary】母の家ベテル2回目講演 >>
【聖書】選び・アモス書3章

アモス書3章・・・・・・主の選び
「地上の全部族の中からわたしが選んだのはお前たちだけだ。」3:2

くぅ〜ママのちょっと一言
アモスはなぜ預言者が主の言葉を語るのかを色々な例を上げて民に説きます。またイスラエルが裁かれる理由を敵国(アシュッドドとエジプト)に証人として見るように言われます。そのようなことを通して、イスラエルが裁かれることが確実であることをアモスは語ったのです。優雅に暮らすイスラエルの人々にそのことを知らせることが、アモスが主に選ばれた使命だったからです。またイスラエルも主に選ばれたのには理由がありました。それはイスラエルを通して人類の救いをもたらすという神のご計画があったのです。人の命にはそれぞれ使命が与えられているのだと思います。命の主に心を向けることによって与えられた使命を受け取り、その使命に生きていくことが人生なのだと思います。

聖書要約
グッド神の選び
イスラエルの人々よ、主の言葉を聞きなさい。「私は世界の中からあなた方を選んだ。それだけにあなた方の罪を罰しないわけにはいかない。
グッド神が語られる
獲物を見て獅子が吠えるように、まかれた餌を見て鳥が下に降りてくるように、町に災いが起こったので人々が恐れおののくように、神が語られるから預言者は語るのです。
グッドサマリアの滅亡
主は言われます。「アシュドドとエジプトに向かって預言しなさい。サマリヤの山から主の民であるイスラエルがどんなに罪を犯しているかを見るようにと。宮殿は奪ったものでいっぱいだ。だから敵が襲って宮殿も城壁も破壊される。」と。また主は言われます「羊飼いが獅子に食べられた羊を何とか二本の足だけでも、片耳だけでも取り戻すように、イスラエルの人も一部は助け出される。どんなに今は優雅に過ごしていてもそのようになる。」万軍の主が言われる。「罪を犯したイスラエルが罰せられるその日、ベテルの偶像の祭壇は取り壊される。金持ちの夏の別荘も、冬の別荘も象牙の宮殿も破壊される」と。

| comments(0) | - | 06:00 | category: 【聖書】 |
コメント
コメントする