<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 【diary】校内(千葉県)で新生児遺体遺棄事件 | main | 【聖書】主のふるい・アモス書9章 >>
【聖書】み言葉への渇き・アモス書8章

アモス書8章・・・・・・み言葉への飢えと乾き
「主の言葉を聞くことのできぬ飢えと乾きだ。」8:11

くぅ〜ママのちょっと一言
主の裁きが下る期が熟したことを、夏の熟した果物の幻で示されました。夏の果物を現わす「カイツ」と最後の「ケーツ」のごろ合わせでもあるとのことです。そして同胞を苦しめる不正の罪、偶像礼拝の罪を指摘されたのです。そしてみ言葉の飢饉を送ると主は宣言されました。神の言葉を聞くことのできない飢饉はパンが欠乏する飢饉より私たちへのダメージは大きいのです。「人はパンのみで生きるのではなく神から出る一つひとつの言葉で生きる」。いくら食料があっても私たちは生きる意味を見いだせない時、希望をなくしたら生きていくことはできないのです

聖書要約
グッド第四の幻
主なる神は私に熟した夏の果物が入ったかごを示されました。そして「アモス何を見ているのか」と尋ねられました。「熟した夏の果物がいっぱい入ったかごです」と答えると、主はこの果物はイスラエルの民を現わしていると言われます。彼らの刑罰の時が熟したのです。神殿の歌声はすすり泣きに変り、そこらじゅうに死体が散らばると主は宣言されるのです。
グッド商人の不正
貧しい者を踏みつける商人どもが「新月祭と安息日が終わったら、商売が出来る。小さな升と、偽りの天秤を使ってごまかすわずかな借金を方に貧しい人を奴隷にしよう」と言っているのを忘れないと主は言われます。かられの悪行のために大地は揺れ動き、増水したナイル川のように地は盛り上がります。
グッド終わりの日
その日が来ると、昼間も太陽は沈み、地上は暗闇となります。宴会は嘆きの場となり、独り子をなくしたような悲しみが襲うでしょう。
その日には大地に飢えを送ります。それはパンの欠乏ではなく、神の言葉を聞くことのできない飢えです。主の言葉を捜し求めても見いだすことができません。
その日には若者も乙女もその渇きのために気を失います。サマリヤやダン、ベエル・シェバ偶像を拝む者どもは二度と立ち上がれなくなります。

| comments(0) | - | 06:00 | category: 【聖書】 |
コメント
コメントする