マナ's Blog

<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 【diary】ネット環境元通りに! | main | 【聖書】治める者・ミカ書5章 >>

【聖書】平和の訪れ・ミカ書4章

ミカ書4章・・・・・・世界の平和の訪れ
「主は多くの民の争いを裁き、はるか遠くまでも、強い国を戒められる」4:3

くぅ〜ママのちょっと一言
イスラエルは主の裁きに遭ってバビロンに捕囚の民として連れて行かれますが、終わりの日にはエルサレムから主の教えが世界に公布され、本当の平和が世界にやってくると書かれています。主が人類を救い、世界に平和をもたらそうとされているご計画があることはなんと嬉しいことでしょう。その主に従い、主のご計画のために遣わされる者とされたいと願います。

聖書要約
グッド終わりの日の約束
終わりの日には主の山、シオンはどの山より高くそびえ全世界から絶えず巡礼者が訪れるようになります。彼らは「主の山に登ろう。そして神さまから私たちがどのようにしたらいいかを教えて頂こう」と言うでしょう。エルサレムから神の教えが世界に公布されます。神は諸国の仲を仲裁してくださるので世界は平和が訪れます。民は剣を鋤とし、槍を鎌とし争いがなくなるのです。諸国の民がそれぞれの神を拝んだとしても、我々は永遠に主に従います。その日には罰せられた者たちを再び集められて強めてくださる。主が我々の王となってくださるのです。しかし今はあなたたちは苦痛に呻き、遠い地バビロンに連れて行かれるのです。しかし神は必ずあなた方を救い出し敵の手から解放します。多くの国があなた方を滅ぼそうとやってきますが、彼らは主の本当のご計画を知りません。彼らを脱穀される麦のように集められ粉々にされる時が来ます。あなた方は不正に得た彼らの富を主に捧げます。
しかし、今は敵があなた方の頬を打とうと包囲しようとしているのです。

【聖書】 | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする