マナ's Blog

<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 【diary】赤ちゃん誕生2 | main | 【聖書】罪咎・ミカ書7章 >>

【聖書】へりくだって・ミカ書6章

ミカ書6章・・・・・・へりくだって神と共に歩むこと
「正義を行い、慈しみを愛し、へりくだって神と共に歩むこと、これである」6:8

くぅ〜ママのちょっと一言
イスラエルの罪が指摘されます。それと共に、主はどれほど民を愛したかを告げられます。しかし主の民は何と反抗的ないい分でしょう。主が求めておられるのは、誰にでも公平で、親切にし、謙遜に主と共に歩むことなのです。どんないけにえも必要ありません。「今日も私自身を主の栄光のために用いてください。」という献身の祈りで一日を始めたいと思います。

聖書要約
グッド主の告発
主がお語りになることを聞きなさい。もし主に言いたいことがあるのでしたら述べなさい。山々がその証人です。山々よ、主の言い分に耳を傾けなさい。私の民よ、なぜ私に背くのか。私はあなた方を奴隷の地から解放すためにモーセとアロンとミリアムを遣わした。またカナンに導き入れた時、バラクがあなた方を呪おうとした時、私はバラクに返って祝福させた。私がどんなにあなた方を祝福したことか。するとあなた方は次のように言う。私たちがどんな捧げものをしたら、神は満足してくださるでしょうか。子牛、羊、川の流れほどの油、罪の償いのための長子を捧げるべきでしょうかと。主が求めておられるのは、ただ、公平で親切にし、主と共に歩むことです。主は都に向かって、御名を畏れ敬うことこそ懸命な生き方ですと言われます。それなのに民は嘘ばかりついて、不正に富を蓄えている。容量の足りない升、不正な天秤を使います。
だから私はあなた方を打つ。あなた方は食べても満足せず、金を貯めようとしても何も残らず、種をまいても収穫できず、オリーブを絞っても自分に塗ることはできない。ぶどう酒を踏んでもぶどう酒を飲めない。あなた方はオリムの法律しか守らず、アハブのまねをして偶像を礼拝する。そのため私はあなた方を滅ぼします。あなた方は諸国のあざけりの的になるでしょう。

【聖書】 | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする