<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 【diary】ロゴマーク | main | 【聖書】主はわが力・ハバクク書3章 >>
【聖書】信仰によって・ハバクク書2章

ハバクク書2章・・・・・・信仰によって生きる
「しかし、神に従う人は信仰によって生きる」2:4

くぅ〜ママのちょっと一言
ハバククは大切な主の言葉を預かります。創世記15:6にも「彼は主を信じた。主をそれを彼の義と認められた」とありますが、ここでも「神に従う者は生きる」と主は語られました。人の中で正しい人はいません。「義人はいない。ひとりだにいない」です。人の本質は自己中心ですから(聖書ではこれを罪と言います)、行動によって義とされることは不可能です。人が義とされるのは罪を持つ身でありながらも、ただ主を信じる信仰によって、神が義と認めてくださることで、私たちは義とされるのです。これが聖書の救いです。

聖書要約
グッド主の答え
見張り台に立って主がどう答えてくださるか見ていると、主の声がしました。「板に私の言うことを書き記しなさい。一目で見えるように大きくはっきり書きなさい。私がしようとしていることは今すぐ起こらないが、ゆっくりと確実に実行される。大切なことは「自分だけを信頼し、高慢に生きる者は滅びる。しかし神に従う者はその信仰によって生きることが出来る」ということだ。
富を得ておごり高ぶる者はその富によって裏切られる。まるで死や地獄のように富はかき集めても飽き足ることはない者のようだ。人々は彼らを笑い物の種にする。不正な利益をむさぼる者は呪われる。石垣の石や建物の梁があなたを訴えるだろう。流血と強奪で得た財貨で町を築きあげても全ては水の泡。近隣の国をよろめかせ、屈辱を与える者は、やがて自分が辱めを受けるようになり、主に裁かれる日がやってくる。人間の造った偶像を拝んで何の得があると言うのか。木で作って金や銀をかぶせているだけでそこには命がない。神は聖なる神殿におられる。全地よ、み前に静まりなさい。

| comments(0) | - | 06:00 | category: 【聖書】 |
コメント
コメントする