<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 【diary】たこやき | main | 【聖書】罪が一掃される・ゼカリヤ書5章 >>
【聖書】わが霊によって・ゼカリヤ書4章

ゼカリヤ書4章・・・・・・ただわが霊によって
「武力によらず、権力によらず、ただわが霊によって、と万軍の主は言われる。」4:6

くぅ〜ママのちょっと一言
幾多の困難を乗り越えて神殿が完成するのは自分たちの力ではなく、主の力で成し遂げられたことを絶えず証するように大祭司ゼルバベルとヨシュア王に言われます。この大祭司と王の組み合わせはキリストイエスを表しているとのこと。ゼカリヤ書は旧約聖書の中でも最もメシア的であり、黙示的であり、終末論的なのです。
乗り越えれそうにもない困難を前に涙の祈りをささげたにもかかわらず、事がうまく運ぶとそれが当然のように思ってしまうことを経験します。本当に愚かだと思います。いつも主から頂いた恵みに感謝しながら生きて生きたいです。「有難い」とは本来ならそのことが「ない」ということですから。

聖書要約
グッド第5の幻
私に語りかけたみ使いが、眠っている人を起こすかのように私に語りかけてきました。「何が見えるか」と。私は「金でできた燭台が見える。てっぺんにオリーブの壺があり、7つの管で7つのそれぞれのさらに油が注がれている壺の両サイドにオリーブの木が1本ずつ彫られている。しかし私にはその意味が分からない」と答えました。するとみ使いは「主は大祭司ゼルバベルに言われる。『あなた方は数も少ないし、財力もないが神殿建設はあなた方の能力や権力によって成し遂げるのではなく、主の霊がそれをさせてくださるのだ』と。どんなに困難なことがあなたの前に立ちはだかってもそれは解決する。だからあなたは主に感謝の叫び声をあげながら神殿を建てあげ、力強く主の恵みに寄ることを宣言するように」と言いました。このみ使いのお告げを軽んじてはいけません7つのともしびは世界を見渡す主の目を表しています。両サイドのオリーブの木は全世界を治める神を助けるために選ばれた二人を表しているのです。

| comments(0) | - | 06:00 | category: 【聖書】 |
コメント
コメントする