<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 【聖書】マタイ5章 | main | 【聖書】マタイ7章 >>
【聖書】マタイ6章

マタイによる福音書6章・・・・・・天の報いを受けるために
「何よりもまず、神の国と神の義を求めなさい。そうすれば、これらのものはみな加えて与えられる。」

くぅ〜ママのちょっと一言
山上の説教の続きで、施し、祈り、断食、冨についてのあり方が書かれています。私たちは人の賞賛を受けたいという気持ちが心のどこかにありますが、主イエスは地上で賞賛を受けることに関心をもつのではなく、神様から与えられる賞賛に心を向けなさいと言われるのです。「地上で報いを受けてしまったら、神様の報いはない」のです。それは私たちの心が神さまに向いているか、この世に向いているかということが問われているのだと思います。
そして空の鳥、野の花を示して「何よりもまず、神の国と神の義を求めなさい。そうすれば、これらのものはみな加えて与えられる。」と言われます。これらのものとは、この世で生きていくのに必要な衣食住、人間関係、知恵…などです。神という「大事」からすれば、それらのものは加えて与えられる、おまけのようなものなのです。だから明日のことは思い悩まず、ただ主なる神に心を向けて、主からの賞賛を得けるために精一杯生きていけばいいのです。

聖書要約
マタイ6:33

グッド施しをするときには
人に見てもらおうと善行を見せびらかせないようにしなさい。人に親切にする時には右の手でしたことを左の手でさえ気づかないようにしなさい。そうすれば天の父なる神から報いを頂くことが出来ます
グッド祈るときには
さも信心深かそうに人に聞こえるように祈ってはいけません。祈るときは天の神に心を集中して祈りなさい。そうすればあなたは神から報いを受けます。神は祈る前からあなたの必要をご存じです。だからこう祈りなさい…(主の祈り)
グッド断食をするときには
神に集中したくて食事を絶つ時には人に悟られるようなやり方をしてはいけません。人に心を奪われず、天の父だけに心を集中させなさい。そうすれば神はあなたに報いてくださいます
グッド天に富を積みなさい
この地上に財産を蓄えてはいけません。むしろ天に富を積みない。天の富は奪われることはありません。そして富のあるところにあなたの心はあります
グッド体のともし火は目
目が澄んでいればあなたの魂も澄んでいます。欲望や悪い考えで目が曇っているなら魂も暗闇です。
グッド神と富
神と富の両方に仕えることはできません
グッド思い悩むな
ですから、食べ物や着る物のことで心配してはいけません。空の鳥は種まきもしないし、刈り入れた物を倉にしまうこともしないが、天の父が養って下さいます。野の花も働きもせず紡ぎもしないが、天の父が美しく装って下さいます。ましてや鳥や花よりも大切に思っていてくださるあなた方に天の父が良くして下さらないはずはありません。あなた方が思い悩んだからと言って寿命をわずかでも伸ばせることが出来るでしょうか。天の父があなたがたが必要としているものはみなご存知です。「何よりもまず、神の国と神の義を求めなさい。そうすれば、これらのものはみな加えて与えられます。だから明日のことまで思い悩ではいけません。」

| comments(0) | - | 06:00 | category: 【聖書】 |
コメント
コメントする