<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 【聖書】マルコ13章 | main | 【聖書】マルコ15章 >>
【聖書】マルコ14章

マルコによる福音書14章・・・・・・御心のままに
「しかし、わたしが願うことではなく、御心に適うことが行われますように」マルコ14:36

くぅ〜ママのちょっと一言
いよいよ十字架が近くなってきました。
十字架の出来事はユダヤ人の過越祭の時に起こりました。過越祭とは旧約聖書の出エジプトに書かれています。神がイスラエルの民を奴隷の地エジプトから導き出してくださったことを記念する祭りです。ユダヤ暦のニッサンの月(西洋暦では3月から4月に相当)の14日の午前中から家の中からパン種を取り除き、午後に羊をほふり、15日になると過ぎ越しの食事をします。エルサレムではその祭りのために大勢の人たちが集まってきました。
女性が香油を注ぎかけたのはイエスへの精一杯の愛の表現でした。愛の行為は冷静な気持ちや合理的な生き方からすると無駄のように思えることが多いです。しかしクリスチャンの行動の動機は、神の目からどう見られるかということが基準になります。この女性の行動はまさに神のみこころに適う行為でした。
マルコには書かれていませんが、この香油を非難をしたユダはその後イエスを裏切る行動に出ます。神のみ心(神さまが計画されていること)に反した思いを持つことはなんと怖いことかと思います。聖霊の流れ、聖霊の働きを止めるようなこと、すなわち神に反する思いを持たないことが、私達が神の側で守られて生きる道なのかと思います。サタンにすきを与えてはいけません。
十字架を前にイエスはゲッセマネで祈られます。
その祈りは/世気泙浪燭任發できになります。△海稜奸塀住架)を取り除いてくださいしかし私が願うことではなく、御心に適うことが行われますようにと言う祈りでした。
神に願い求める祈りをする時に祈りの最後には「しかしわたしの思いではなく御心に適うことが行われますように」と祈る者でありたいです。

聖書要約
グッドイエスを殺す計画
過越祭の2日前、祭司長や律法学者たちはイエスを殺そうと考えていました。
グッドベタニアで香油を注がれる
イエスがベタニアで皮膚病を患っているシモンの家におられる時、1人の女性がやってきて、高価な香油をイエスの頭から注ぎかけました。居合わせた人はそれを無駄と非難しましたが、イエスは「この人は精一杯のことをしてくれた。これは私の葬りの準備だ」と言われました。
グッドユダ、裏切りを企てる
12人の弟子の1人であるユダがイエスを引き渡すために祭司長のところに出かけていきました。
グッド過越の食事をする
過越祭の初日、弟子たちが食事の準備をどのようにするかイエスに尋ねました。イエスは都に行って、水瓶を運んでいる人について行くように言われました。行ったところにはすっかり用意された2階の広間がありました。夕方イエスと弟子はそこに行って食卓を囲みました。その時イエスは「弟子の中にわたしを裏切る者がいる。それは同じ鉢にパンを浸している者である。旧約聖書に書いてある通り人の子は去っていくが、人の子を裏切った者は生まれてこなかった方がよかった」と言われました。
グッド主の晩餐
食事をしている時、イエスはパンを取って賛美して祈り、それを裂き、「取りなさい。これはわたしの体である」そして杯を取り感謝して彼らに渡し、「これは、多くの人のために流されるわたしの血、契約の血である」と言われました。それから一同は賛美してオリーブ山に出かけられました。
グッドペトロの離反の予告する
イエスは弟子達に「あなた方は皆わたしをと見捨てるでしょう」と言われました。しかしペトロは「皆が裏切ったとしても、わたしはあなたを裏切らない」と否定します。イエスは「今日鶏が2度鳴く前に3度私のことを知らないと言うだろう」とペトロに言われました。
グッドゲッセマネの祈り
イエスはペトロ、ヤコブ、ヨハネを伴ってゲッセマネで十字架を前に苦しみもだえながら祈られました。「父よ、あなたは何でもおできになります。この杯をわたしから取りのけて下さい。しかしわたしが願うことではなく、御心に適うことが行われますように」その間3人は目を覚ましていることができませんでした。
グッド裏切られ、逮捕される
ユダがイエスを捕らえるために祭司長や律法学者などと一緒にやってきましたが、弟子達は逃げてしまいました。
グッド一人の若者、逃げる
イエスについていこうとしたただ一人の弟子も見つかってしまい、服を引きちぎられ裸で逃げてしまいました(マルコ本人とのこと)
グッド最高法院で裁判を受ける
イエスを有罪にしようと色々な証言がされますが、決め手がありませんでしたが、大祭司が「お前はほむべき方の子、メシアなのか」と聞いたことに対して「そうです」と答えられたことで、罪が決定されました。役人たちはイエスに唾をかけたり、殴ったりしてあざけりました。
グッドペテロ3度否定する
心配になって大祭司の庭にこっそり入ったペトロは女中達から「イエスと一緒にいた」と言われるのですが否定します。3度否定した時、2度目の鶏の鳴き声がしました。そのときイエスの予告を思い出して、ペトロは激しく泣きました。

| comments(0) | - | 06:00 | category: 【聖書】 |
コメント
コメントする