<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 【聖書】ヨハネ4章 | main | 【diary】マナ会🎄会 >>
【聖書】ヨハネ5章

ヨハネによる福音書5章・・・・・・床を担いで歩きだした
「良くなりたいか」5:6

くぅ〜ママのちょっと一言
ベトザタとは「恵の家」という意味があるそうです。イエスが行われた第3番目の奇跡です。
「良くなりたいか」とイエスが言われたのに、男は「水に入れてくれる人がいない」と自分の現状を言っただけでした。男は38年間水に入ることばかり考えていたために「治りたい」という本来の望みが後回しになっていたのか、水に入ることが治ることの絶対条件のように思っていたでしょう。わたしたちの祈りや礼拝など信仰生活も習慣化したり、本来の望みが後回しにならないようにと思います。イエスを信頼して、もっとアクティブな祈りをし、もっと将来のヴィジョンも求め、もっと主のみ心と一致したいと思います。いつも変わらない信仰生活ではなく、変化を期待してもっと生き生きと信仰生活をおくりたいのです

聖書要約
グッドベトザタの池で病人をいやす
イエスはまたエルサレムに戻られました。羊の門の近くにベトザタという池があり、池の周りの五つの回廊に沢山の病気の人が横たわっていました。水が動く時に一番先に池に入ったら病気治ると言われていたからです。その中に38年も病気で苦しんでいる人がいました。イエスはその男の人に対して「良くなりたいか」と尋ねられます。その男は、「水が動いた時に私を池に入れてくれる人がいない」と答えました。イエスは「起き上がりなさい。床を担いで歩きなさい」と言われました。その人は立ちあがって歩きだしました。しかしその日が安息日だったためユダヤ人たちは律法に違反するとイエスを迫害しようとしました。イエスは「わたしの父である神も今なお働いておられる。だからわたしも働くのだ」と、ご自分と神さまを等しく表現したので、ユダヤ人たちは益々イエスを殺そうと狙うようになりました。
グッド御子の権威
イエスは言われました。「父である神は子であるわたしを愛してくださり、なんでも教えて下さる。病気を治すこと以上に大きな奇跡も、死人を生き返らせることも。そして罪の裁きも子に任されているのだ。そしてわたしを信じるということは父である神を信じるとことであり、裁かれることなく、永遠の命を得ることができる。死者も神の声を聞く時が来る。その時生前私を信じ、神を信じたものは墓から復活し永遠の命を得るが、そうでない者は裁かれる。私の裁きは父からのご意思であるから、絶対に公平で正しい」と教えられました。
グッドイエスについての証し
わたしが自分自身のことを証しても誰も信じないでしょう。しかしわたしについての証する方法があります。一つはバプテスマのヨハネです。ヨハネはわたしについて証しました。しかしヨハネの証に勝る証があります。それは私が行っている業そのものが、父がわたしお遣わしになった証拠です。父が遣わしたわたしを信じない者は父の言葉を聞かないことです。あなた方は聖書から永遠の命を見つけようとしますが、聖書はわたしを示しているのですから、わたしのもとに来ないなら、永遠の命を受けることはできません。あなた方は人からの称賛を好みますが、神から褒めて頂くことには関心がないので、私を信じることができないのです。またあなた方が頼りにしているモーセも私について書いたのです。モーセの律法はあなた方を神に訴えますが、わたしはあなたがたを神に訴えたりはしません。

| comments(0) | - | 06:00 | category: 【聖書】 |
コメント
コメントする