<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 【diary】年内最終 | main | 【聖書】ヨハネ9章 >>
【聖書】ヨハネ8章

ヨハネによる福音書8章・・・・・・律法は裁き、イエスの愛は赦し
「あなたたちの中で罪を犯したことのない者が、まず、この女に石を投げなさい」8:7

くぅ〜ママのちょっと一言
律法は「裁き」であり、イエスの教えは「赦し」です。もし姦通の罪の女性をイエスが律法に照らして「打ち殺せ」といったら愛と赦しを語ってきたことに反しますます。もし「赦しなさい」といったら律法に背くことになります。しかしイエスの答えは絶妙で「罪のないものから石を投げよ」でした。そしてイエスもその女を裁かれませんでした。イエスが罪を赦すことが出来るのは、その罪のために支払わないといけない代価をイエスが十字架の死によって支払ってくださったからです。このイエスの愛がすべての人々の心に届きますように

聖書要約
グッドわたしもあなたを罪に定めない
イエスは朝早く境内に入られ話し始めた所に姦通の罪を犯した女が宗教家たちに連れてこられました。彼らはイエスに尋ねました。「姦通の罪は律法に従うと死刑(石打ちの刑)にせよと命じられているが、どうお考えになるか。」と。彼らはイエスを訴える口実にしようとしているのです。地面に指で何か書いておられたイエスは「罪を犯したことのない者がこの女に石を投げなさい」といわれます。すると年老いたものから去っていき、残されたのは女とイエスだけでした。イエスは「私もあなたを罪に定めない。これからは罪を犯してはいけない」とおっしゃいました。
グッドイエスは世の光
わたしは世の光である。わたしに従う者は暗闇の中を歩かず、命の光を持つ」とイエスが言うと、ファリサイ派の人々が「あなたの言っていることを信じることはできない」と言いました。しかしイエスは「真実ではない判断しているあなた方を、私は裁くことができる。私と私を遣わされた天の父の二人の証言が一致しているだから。律法に二人が証することは真実だと書いてある」と言われました。「わたしが証することは天の父も証して下さる。わたしを信じる事は遣わされた神を知ることである」と語られました。
わたしの行く所にあなた達は来ることができない
イエスは「わたしはもうすぐいなくなる。あなた方は罪が赦されないまま死ぬ。わたしの行くところには来られない」と言われました。理解できないユダヤ人たちに「私は天に属する者、あなた方はこの世に属する者です。わたしをメシアだと信じなければ天に行くことはできません。あなた方はわたしを殺して始めてメシアだと知るでしょう」と言われました。
グッド真理はあなた達を自由にする
その彼らにイエスは話されました。「あなたがたは真理を知ることで自由になれる」と。それに対して彼らは、「自分達はアブラハムの子孫であり、だれの奴隷になったこともない。」と主張します。しかしイエスは人殺しをたくらんでいるようなものはまさに「罪の奴隷」であるといわれました。
グッド反対者たちの父
イエスはさらに「アブラハムの子孫ならアブラハムと同じことをするが、あなた達はそうではない。悪魔は最初から人殺しで真理はない。神に属する者は神の言葉を聞くが、神の言葉を聞かないのは神に属していない証拠だ」と言われました。
グッドアブラハムが生まれる前から「わたしはある」
「わたしの言葉を守るならあなた方は決して死なない」とイエスが言われたので人々は「あなたはアブラハムより偉いのか。アブラハムも死んだではないか」と反論しました。イエスが「私はアブラハムが生まれる前から「わたしはある」。アブラハムもわたしがこの世に来るのを楽しみにしていた」と答えられると、人々の怒りは燃え上がりました。

| comments(0) | - | 06:00 | category: 【聖書】 |
コメント
コメントする