<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 【diary】いのちを守る会 | main | 【聖書】ヨハネ10章 >>
【聖書】ヨハネ9章

ヨハネによる福音書9章・・・・・・霊の目が開かれるために
「神の業がこの人に現れるためである」9:3

くぅ〜ママのちょっと一言
納得いかないことや不都合なことに対して、わたしたちは「なぜ?」と原因を考えます。「自分が一生懸命取り組まなかったから」とか、または「前世の因縁」まで持ち出して様々な原因をよぎらせます。この盲人に対して弟子は盲人であることの原因を尋ねました。しかしイエスの答えは盲人である事の目的でした。それは神さまの御業が現れるためなのです。わたしたちにとっては不都合なことであっても、それは神からの大切なご計画のためであると受け止めることができれば、嫌なことの中にも希望が見えてきます。イエスが遣わされたのはそのようにわたしたちの霊の目が開かれるためだったのです。

聖書要約
グッド生まれつきの盲人を癒す
イエスが通りすがりに生まれつき目の見えない人を見かけられました。弟子が「この人が目が見えないのはだれが罪を犯したのですか。本人ですか、両親ですか」と尋ねます。イエスは「だれかが罪を犯したのではなく、神のみ業がこの人に現れるため」とおっしゃいました。また「わたしがこの世にいる間は、光を与え続けます。まだ光がある間にわたしをお遣わしになった方から頂いた仕事を急いで成し遂げなければなりません」と言われて、泥をこねて盲人の目に塗って「シロアムの池に行って洗い落しなさい」と言われました。その通りにするとその男は見えるようになって戻ってきました。それを見た人々はびっくりしました。
グッドファリサイ派の人々、事情を調べる
人々が男をファリサイ派の人たちのところに連れて行きました。目を見えるようにされたのが安息日だったのです。ファリサイ派の人々は男が見えるようになったいきさつを一部始終聞きました。彼らの中には「安息日に仕事をしたと言うことは神から遣わされた者ではない」と言う者もいましたし、「普通の人間に出来るはずがない」と言う者もいました。そこで仕方なく男に尋ねると「このようなことを行えるのは神さまから遣わされたに違いない」と答えました。怒りを覚えてその両親にも尋ねましたが、「わからない。本人にお聞きください。もう大人ですから」との答え。彼らはイエスを信じる者は会堂から追放すると決めていたので、両親はそれを恐れたのです。もう一度男を呼んで「イエスを信じないで神を信じなさい。イエスは悪党だ」ときつく言いましたが、男は「イエスが悪党かどうか知りませんが、はっきりしていることは、見えなかった目が今は見えるようになったことです。」と言いました。それに腹を立てたファリサイ派の人々はもう一度どのようにイエスが見えるようにしたかを聞きました。男は「そのことはすでに話したではないですか。あなた方はイエスの弟子にもなりたいとでもいうのですか」と返すと、ファリサイ派の人々は「お前はあの者の弟子だが、我々はモーセの弟子だ。あの者のことは知らない」とののしりました。男は「あなた方があの方のことを知らないとは驚きました。神は悪人の言うことをお聞きになるはずがありません。神から遣わされたかたです。」と言いました。
グッドファリサイ派の人々の罪
そのようなやり取りがあったことをお聞きになったイエスは男を捜し出して、「メシアを信じるか。わたしがメシアだ」と言われました。男は「信じます」と答えました。イエスは「わたしがこの世に来たのは、見えない人を見えるようにするため、また見えると思っている人たちに実は見えていないことを分からせるためです」と言われました。ちょうど居合わせたファリサイ派の人々は「私たちが盲目ということか」と怪訝そうに言うと、イエスは「盲目だったらまだ罪に問われない。何もかも分かっていると言い張ることが罪なのだ」と言われました。

| comments(0) | - | 06:00 | category: 【聖書】 |
コメント
コメントする