<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 【diary】大阪セミナー | main | 【聖書】使徒言行録23章 >>
【聖書】使徒言行録22章

使徒言行録22章・・・・・・パウロ、回心を証する
「わたしたちの先祖の神が、あなたをお選びになった」22:14

くぅ〜ママのちょっと一言
パウロはユダヤ人たちにへブル語で「わたしは皆さんと同じユダヤ人である」と弁明します。しかもタルソス(当時の国際的な都市)出身で、神にも律法にも熱心で非の打ち所のないユダヤ人である事を説明します。そしてダマスコ途上や神殿での主との出会いを語りました。パウロが異邦人の救いを語ったことはユダヤ人には耐えることができませんでした。神さまはユダヤ人を選び「宝の民」とされたのですが、神様のご計画は人類全ての救いであり、その時がすでに来ていることを民衆は理解できないばかりか、聞くに耐えれないことだったのです。
「自分だけが特別に愛されている」と言うのは嬉しいものです。神さまは私を特別に愛していてくださいます!それと同じように、私の隣にいる人も神さまは「特別に愛しておられるのです」神さまの目から見れば、私たち一人ひとりは特別な宝のような存在であると聖書には書いてあります。私の隣にいる人も、私の知らないところに住んでいる人も、私が本当に苦手と思うような人も、かって私の心に傷つけた人も、神さまには「特別に大切なあなた」とです。そこに目を向ける時に、許せないと思っていた人とも、また会ったことのないような国の人とも、仲良くしていけるような気がするのです。
パウロがローマの市民権を持っていると書かれています。ローマの市民権を有する人は屈辱的な十字架刑や鞭打ちの刑は免除されることになっています。なぜパウロがローマの市民権を持っていたかは明らかでないようですが、祖先の何らかの功績があって与えられたとのことです。

聖書要約
「兄弟であり、父とも言うべき皆さん。わたしはキリキアのタルソス生まれで、律法について厳しく教育を受け、皆さんと同じように熱心に神に仕えてきたユダヤ人です。クリスチャンを迫害してきた者です。ダマスコにいるクリスチャンを縛り上げるために出かけて行った時のことです。
グッドパウロ、自分の回心を話す
ダマスコに近づいた時、真昼ごろ、天から強い光がさし、「サウル、サウル、なぜわたしを迫害するのか」と言う声がしました「あなたはどなたですか」と尋ねると、「あなたが迫害しているナザレのイエスだ」と答えがありました目が見えなくなった私は手を引かれてダマスコに行きました。そこで主が備えて下さっていたアナニアと言う人に会い、目を元通りにしてもらい、「主はあなたをお選びになりました。立ちあがって、その方の名を唱えて、洗礼を受けて、罪を悔い改めるようにと言われたのです。
グッドパウロ、異邦人のための宣教者となる
私がエルサレムに帰って神殿で祈っていた時、我を忘れたような状態になった時に主の語りかけを聞きました。「急いでエルサレムを離れなさい。ここの人々はあなたが教えても信じません。あなたを遠い異邦人のところに遣わします」と
グッドパウロと千人隊長
しかしパウロが異邦人の救いに触れた時、それまで静に聞いていた民衆は興奮して、「こんな男は地上から消してしまえ」と大混乱となりました。ヘブライ語の分からない千人隊長はなぜこんなにパウロが怒りを買っているのか分からず、パウロを鞭で打ってなにが起ったのか自白させようとします。その時パウロは「ローマの市民権を有する私を裁判にかけずに鞭うってもいいのですか」と言ったものですから、百人隊長は慌てて千人隊長に知らせます。「生まれながらのローマ市民です」と聞いたとたん、彼らはパウロから手を引きました。
グッドパウロ最高法院で取調べを受ける
翌日なぜパウロがユダヤ人から訴えられているのか調べる為に、最高法院全体を召集したのでした。

| comments(0) | - | 06:00 | category: 【聖書】 |
コメント
コメントする