<< February 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
<< 【diary】聖霊 | main | 【聖書】ローマ9章 >>
【聖書】ローマ8章

ローマの信徒への手紙8章・・・・・・万事が益となる
「神を愛する者たち、つまりご計画に従って召された者たちには、万事が益となるように共に働くことを、わたしたちは知っています」8:28

くぅ〜ママのちょっと一言
この章は聖書の中でも最も偉大な章の一つと言われているとのこと。「キリスト・イエスにある者が罪に定められることは決してありません。」から始まり、「他のどんな被造物も、わたしたちの主イエス・キリストによって示された神の愛から、わたしたちを引き離すことはできないのです」と言う言葉で締めくくられ、キリストにある命に敗退はないと、パウロの力強く語ります。とは言え、現実と希望にはギャップがありますが、主によって、必ず栄光へと導かれるという確信をもって生きていくところに、主の力が働かれます。私たちは日々の生活の中で、外的な戦い、内的な戦いがありますが、主が共に戦ってくださるのですから、怖気づかず、勇気をもって、私らしく、そして主の喜ばれるように生きてきましょう。

聖書要約
グッド霊による命
イエスキリストにつながっている者は罪に定められる事はありません。なぜなら「キリストによって命をもたらす霊の法則が、罪と死の法則からあなたを解放されたからです。律法を守って神に従っていくということが出来なかった私たちの罪を、神が御子イエスキリストをお遣わしになり、私たちの罪のいけにえとなることによって、私たちの罪を取り除いて下さったのです。神に敵対し、神に喜ばれない、キリストに属していないという肉の思いは死であり、聖霊に従って歩む、霊の思いは命と平和が与えられます。神の霊が宿っている限り霊の支配下にいるので、私たちの体は死んでも霊は生きるのです。その日には病気になることも死ぬこともない体を頂くことができるのです。そのために、私たちは古い罪の生き方を打ち砕き、霊に導かれて生きなければなりません。そのように生きる者はだれでも神の子どもなのです。霊によって神を父を呼ぶことができるようになるのです。それだけではなく、死から復活されたキリストがあなたの内に宿っているのだから、死んだ体まで生かされ、神の子、神の相続人となることができます。キリストと共に苦しみを受けるならなら、キリスト共に栄光も受けることができるのです。
グッド将来の栄光
私たちは今、味わっている苦しみは将来与えられる栄光に比べると取るに足らないものです。神がお造りになった全てのものは、やがて神の子どもたちが罪の呪いから解放されて、神の栄光にあずかり、復活する日を忍耐を持って待っているのです。それも被造物全てがうめきながら待ち望んでいるのです。被造物だけではなく、クリスチャンも完全に罪から解放され神の子とされることを呻きながら待ち望んでいます。キリスト者は必ず解放されるという希望によって救われているのです。その希望は今見えないことに対する希望なので、忍耐して、自分の中にある罪と戦いながら、待ち望むのです。しかしその戦いは孤独な戦いではなく、弱い私たちを助けて、取りなして下さる霊の力が注がれているのです。「神を愛する者たち、つまりご計画に従って召された者たちには、万事が益となるように共に働くことを、わたしたちは知っています」と。神はあらかじめ定めた者に栄光をお与えになるのです。
グッド神の愛
神は苦難の戦いの中にある私たちの側について下さいます。そんな私たちに敵対する者などあるはずがありません。訴える者があったとしても神が義としてくださいます。もし艱難、苦しみ、迫害、飢え、裸、危険、剣などで苦しみを受けようとも、私たちをキリストの愛から引き離すことができません。旧約聖書に書いてあるように、一日中死にさらされ、屠られる羊のような厳しい状況にあってもキリスト者はキリストによって圧倒的な勝利を得ているのです。何を持ってしても、私たちをイエスキリストの愛から引き離す事はできません。

| comments(0) | - | 06:00 | category: 【聖書】 |
コメント
コメントする