マナ's Blog

<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ローマの信徒への手紙15章 | main | 汽灰螢鵐箸凌徒への手紙1章 >>

ローマの信徒への手紙16章

今日の誕生日inマナ… ぴかぴかまなかちゃん19歳、ふみなくん17歳、ももかちゃん14歳、まなかちゃん11歳、あいかちゃん10歳、ゆうせいくん9歳、おとはちゃん3歳、とういくん2歳、神様の祝福がありますように!
                                                * * * * *
総合衛生学院の助産科の学生実習が今週から始まりました。最初の方お二人は今日で最終日、これから病院実習に出られます。そして11月にもう一度助産院実習に戻ってこられます。わずか2カ月ですが、毎年ぐんと成長して戻ってこられます。人が成長する時は苦労や痛みが伴うもの。心から応援しています。
                 * * * * *
ローマの信徒への手紙16章・・・・・・主に選ばれた同労者たちに
「主に結ばれている選ばれた者ルフォス、およびその母によろしく。」16:13
グッド個人的な挨拶
この手紙を携えて赴く女性、フェベを紹介します。多くの困っている人を助けてくれました。命をかけて私を守ってくれたプリスカとアキラ。どの外国人教会でもこの二人には感謝しています。アジア州で最初にキリストを信じたエパイネト、骨身を惜しまず助けてくれたマリア、一緒に投獄されたアンドロニコユニアス、二人は皆に尊敬され、私より先にクリスチャンになりました。私が愛しているアンプリアト、
同労者のヘロディオンナリキソ家で働いている人たち、など共に信仰生活を守ってきた人々への挨拶、またルフォスの母にもよろしく。、また教会でも互いに挨拶を交し合うようにしなさい。
兄弟たちに勧めることは偽教師に注意しなさいということです。学んだ教えに反することからは遠ざかりなさい。警戒するべき人たちは、不和をもたらす者、つまずきを与える者、また自分の利益を求めているような人です。そのような人の口車にのらないようにしなさい。正しいことに敏感になり、悪にうとい者でありなさい。平和の神が今の世を支配しているサタンを踏み砕いてくださいます。主イエスの祝福があなたと共にありますように。
共に働いているテモテ、同胞のルキオ、ヤソン、ソシパトロが皆さんに挨拶を伝えています。口述を筆記してしてくれたテルティオもよろしくと申しております。
グッド神への賛美
神はあなた方を強くしてくださいます。この福音は、秘められた計画であり、世の初めから計画され、預言されてきたことです。それはイエスキリストを信じることによって人類が罪から救われ、真の平和がおとずれるという福音が世界中に知らされるということです。主に栄光がとこしえまでありますように。

グッドくぅ〜ママのちょっと一言
この手紙の最後の挨拶の部分です。(送り先には諸説あるようです)単純に見ても27人の名前が記されています。パウロは名前を挙げてこれらのクリスチャン達に私の愛を伝えてくださいと挨拶しています。中でもプリスカとアキラはパウロと一緒にテント作りをしたその人たちですし、ルフォスは十字架を背負わされたキレネ人シモンのこどもであり、その母と言う事はシモンの妻のことです。キレネ人シモンの妻や子は父シモンがイエス様の十字架を強いられてを背負ったことからクリスチャンになったのでしょう。長い人生の中には思い通りならないことや、削り取りたいこともありますが、それを引き受けて生きていかなければなりません。そのような人生を歩む時に主が共に歩んでくださっていることに目を向けることが出来たら、辛い経験が、幸いの経験になるのではないでしょうか。山あり、谷ありの人生、♪「主の手にひかれて いずくへなりとも…」と涙を拭きながらでもいい、主から希望をいただいて、前進していきましょう。パウロは本当はローマに行きたいと思いつつも、身の危険があるエルサレムに戻ることを決心し、この手紙を託しました。そのような状況でもサタンが支配する世の中にあって、勝利の主が伴なって下さることを信じてパウロは希望をもって語ったのです。
- | comments(1) | -