<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 【diary】原稿 | main | 【聖書】1コリント14章 >>
【聖書】1コリント13章

汽灰螢鵐箸凌徒への手紙13章・・・・・・信仰・希望・愛
「その中で最も大いなるものは、愛です」13:13

くぅ〜ママのちょっと一言
コリントの教会の問題解決のためにパウロは愛について教えました。
まず愛の不可欠性として、どんなことでも愛なしには何の価値もないことを語ります。次に愛の特質を列挙します。そして愛の永遠性として、知識の賜物は一時的であり、それらは終末の時には与えられる完全に比べればそれらの不完全なもので、来るべき時には破棄されます。それを子どもと大人の対比や鏡で見る映像などで教えています。それらの一時的な賜物とは異なる、永遠なものが信仰・希望・愛であり、その中でも最もすぐれているものは愛であるとパウロは教えたのでした。
神はイエスの十字架により人類の救いのご計画を私たちにお与えになることで、私たちに愛を示してくださいました。この神の愛に応えることが信仰であり、この救いに望みを置いているのがクリスチャンです。また神の愛を頂くことによって、共に生きる人を愛することが出来るようになります。この福音をぼんやりではなく完全にみさせていただける日が来るというのも希望です。

聖書要約
グッド
あなた方が歩むべき最高の道は愛です。たとえ、異言(今まで知らなかった言葉)を天使や人々が語っても、愛がなければ騒音にすぎません。預言する才能があっても、将来の出来事を察知したり、あらゆることに通じていても、また山を動かすほどの完全な信仰を持っていたとしても、愛がなければ何の価値もありません。財産を全部貧しい人に分け与えても、火あぶりの刑に甘んじるほど熱心に伝道しても、愛がなければ全く意味のないもの、無価値なものです。愛とは忍耐強く親切です。愛は決してねたみません。また自慢せず、高慢になりません。思い上がりことをせず、自分の利益を求ません。無礼なふるまいをしたり、自分のやり方を押し通したり、いらいらして腹を立てたりしません。人を恨まず、不正を喜ばず、真理を喜びます。愛は簡単にあきらめない、どんなことがあっても信仰を失わない、神の恵みに期待し、どんなに困難があっても絶える事がありません
神から頂いた賜物(異言、預言、知識)はいつかは衰えます。しかし愛は永遠に続きます。
今私たちが知っている事は一部に過ぎません。そんな今不完全なことは、主が再び来られた時に完全に明らかにされ、不完全なものはすべて不要になります。それは子どもの時に考えていたことと、大人になって考えることの違いのようなものです。鏡でぼんやりと見得ていたものが、はっきり見えるようになるようなものです。しかしいつまでも残るものがあります。それは「信仰、希望、愛」です。なかでも愛が一番大切です。

| comments(0) | - | 06:00 | category: 【聖書】 |
コメント
コメントする