<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 【diary】感謝 | main | 【聖書】1コリント15章 >>
【聖書】1コリント14章

汽灰螢鵐箸凌徒への手紙14章・・・・・・霊的な賜物について
「霊的な賜物、特に預言するための賜物を熱心に求めなさい」14:1

くぅ〜ママのちょっと一言
コリントの教会では異言を語れない人は聖霊を受けていないとする人たちと、それに反対する人たちで対立しており、そのことに対してパウロは語ったのです。女性はしゃべってはいけないと書いてありますが、このようにパウロが言わなければならない問題がきっとコリントの教会にはあったのでしょう。女性として少々異議を申し立てたいところですが、ここにはこだわらない方が良いようです。異言とは霊に燃えて理解不能な言葉を主に向かって語ることで大切なものですが、他の人への配慮が必要であるとパウロは言います。これとは違うかもしれませんが、クリスチャン特有の祈りの言葉、言い回しがあるように思います。そんな言葉がどんどん連なる祈りはわけが分からなくなってしまいます。私は祈る時は普段の言葉を使います。子どもが親に話すような気持ちで祈ります。祈りは神さまとの会話です。飾らない素直な祈りをきっと神さまは喜んでくださると思います。

聖書要約
グッド異言と預言
愛を最高の目標としなさい。それと共に聖霊が与えて下さる特別の才能(霊的な賜物)、特に神の言葉を伝える預言の賜物を熱心に求めなさい。もしあなたが異言(今まで知らなかった、人には分からないような言葉)で語る場合は、神に対して語る神秘の事柄であって、人に対するものではありません。人にはその言葉が理解できないからです。神からの言葉を語る預言は人を励まし、成長させます。異言を語る者は自分の信仰を成長させますが、預言は教会全体の祝福になります。異言を語る事は悪いことではありませんが、それ以上に預言を語ることを望みます。なぜなら分からない言葉で語るということは、音のはっきりしない音を吹くようなもの、何を演奏したのかわかりません。召集ラッパがはっきりしないようなもの、兵士は動きようがないです。世の中の様々な言葉がありますが、意味のない言葉はありあません。しかし意味が通じなければ外国人に話すようなものです。神に霊的な賜物を求めるなら、異言を語るものはそれを解釈できるように祈りなさい。そうすれば人にも説明できます。異言で祈ったり、賛美した後には普通の言葉でも祈ったり、賛美をしなさい。そうすれば、他の人たちと共に祈り、賛美することができるでしょう。異言を1万、語るより、理性によって5つの言葉を語る方がいいのです。このことを知恵のある大人として理解してください。子どものようであってはいけません。旧約聖書には異言は民が耳を傾けず、信じない民の裁きとして語られるものだと書かれています。また神の言葉が外国の人に告げられるためなのです。しかし預言はクリスチャンには必要なものです。またクリスチャンでない人にとっても預言を聞くことで神の教え、すなわち、罪のこと救いのことなどを理解することができます。もし異言が語られているところにクリスチャンでない人が出くわしたら、きっと気が変になったと思うでしょう。
グッド集会の秩序
今までの話をまとめてみると、賛美する人、教える人、知識を語る人、異言を語る人、異言を説明する人、すべて、教会全体の益となるように働きなさい。預言をする人も一度に大勢語るのではなく、代わる代わる語りなさい。聞いている人で特別に神さまから示されることがあれば、先に語っていた人は黙ってもらって話していい。これが秩序です。女性は教会ではしゃべることを慎み、従いなさい。
みなさんが、神さまの言葉を語る力をいただけるように熱心に願いましょう。また異言が悪いなどといってはいけません。何事も秩序をもって行いなさい。

| comments(0) | - | 06:00 | category: 【聖書】 |
コメント
コメントする