マナ's Blog

<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 【聖書】城門の中に立つ・詩編122編 | main | 【聖書】主に目を注ぐ・詩編123編 >>

【diary】弾道ミサイル

今日の誕生日inマナ…、めいちゃん14歳、ぶんじくん13歳、はやとくん7歳、神さまの祝福がありますように!
                                                              * * * * * *

北朝鮮の弾道ミサイルが日本上空を通過したというショッキングな報道で一日が始まりました。なにとぞ被害がでませんように。大きな争いになりませんようにと祈るばかりです。

みんな一生懸命生まれてきたいのちです。生まれた赤ちゃんはまぶしそうに瞳を輝かせて世の中を見わたします。人の命を奪うために生まれてくる人は一人もありません。人の手でいのちが奪われるなんて許しがたいことです。多くの人命が奪われる国家の争いは何としても阻止しなければなりません。為政者のために祈る毎日です。

【diary】 | comments(2) | -

この記事に対するコメント

私なんぞよりクリスチャン歴のずっと長い方に対して、「釈迦に説法」ならぬ「イエスさまにみ言葉」でしょうけど。生まれて間もない子供には残念ですけど、今はもう「世の終わり」が迫っているのかもしれません。

私は仕事の関係もありなかなか日曜に教会の礼拝に出られないのですが、最近はとくに、2年ぐらい前に出席できた日に聞いた、マタイの福音書の24章3節からのみ言葉を思い出してしまいます。

世の終わりには戦争の噂を聞き、地震が起こり…ってありますね。まさに今の世界情勢。
そんななかでも偽教師が現れるが、人に惑わされないように気をつけよとイエス様も言っておられますけれど。

24章13節「最後まで耐え忍ぶものは救われます」ということばを信じるしかないですかね。
@クリスチャンLv3 | 2017/08/30 4:31 AM
おっしゃるとおりかもしれません。いつでも緊迫感をもって生きるのがクリスチャンの生き方なのでしょうね。マルティン ルターは「たとえ明日世界が滅ぶとしても、私はリンゴの木を 植えるだろう」と言ったそうですが、滅びるか滅びないか分からないけど、今日与えられた命を一生懸命生きることには変わりなく、明日自分の命のリミットがやってきたとしても同じことがいえるのだと思います。コメントありがとう〜
永原郁子 | 2017/08/30 11:55 PM
コメントする