<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 【diary】児童自立支援施設 | main | 【お知らせ】2018年3月のお知らせ >>
【ママの声】徳島県にはお産のできる助産所がなく・・・

出産体験記〜マナ助産院発

N.S 様

 

2017年9月15日  PM0:46生まれ

 

徳島県には、お産のできる助産所がなく、16週まで徳島の個人病院に通っていました。途中、私の親が「初産はやっぱり神戸で産んでほしい」とのことで、“それならば!!”と助産所を探したのがマナさんとの出会いでした。

 「里帰り出産」となると、出産時だけこちらで・・・という感じになりそうで嫌だったので、徳島のおうちから3時間程ですが通うことにしました。遠くからなので・・・と健診日以外の予約も融通をきかせて頂き、本当に助かりました。健診日以外なことが多かった為、永原先生と会える日が少なく残念でしたが、毎回健診して下さる助産師さんが優しく温かく、安心して徳島に帰ることができました。

 神戸の実家に帰るのは10日前くらいにしよう〜ということで9/13に移動。実家に帰ったら体力作り強化と、編みものと〜布おむつを縫って〜と考えていたのに、気配もないまま翌日914夕方におしるし。そのまま夜中から陣痛、翌日915AM730マナさん到着、1246出産!!

 覚えているのは、とっても頼もしい助産師さんと、優しい研修生の方がお産の部屋に行くまでの間、ずっと側で痛みをやわらげてくれたこと。部屋を移動してからも、心強く温かいサポートと、こまかく、どう力を抜き、どこをどの角度で、どのタイミングで・・・と本当に分かりやすかったです。(←できなかったけど!!)私は、力を抜く練習しかできておらず、「くらげ〜地下1階〜」と呪文のような唸り声をあげていたのは覚えている。産まれた瞬間のことは本当に言葉にできない。とにかく幸せでした。だけど・・・想像以上の痛みにビックリ。改めて世の母はスゴイと思いました。よく産まれたら、つらさ痛みを忘れ、すぐにまた妊娠したくなるとか聞くけど、私はちょっと間いいかな・・・って思うくらい、まだ忘れられないです。笑

 産後、自分では良く分からないけど、回復も調子良いらしく、とてもゆったりとした時間を過ごせました。聞きたいことや不安なこと、元々自分から積極的に相談できる性格じゃないので、「大丈夫です」しか言えなかったけど、毎日代わる代わる助産師さんが声を掛けてくれ、自分で言わなくてもクッションや湯たんぽを持って来てくれたり、マッサージをしてくれたり、おっぱいのケアをしてくれたり・・・本当に嬉しかったです。

 赤ちゃんも自分も順調なだけに、「自分は大丈夫やから、他の困ってる方に・・・」と思っていました。絶対に忙しいのに、忙しい素振りも見せず、丁寧に丁寧に対応してくださり、本当にありがとうございました。

 

 自分の子供って、こんなにかわいいって知らなかった。このお部屋での穏やかな時間のおかげで、和が子を見つめ、愛おしくて何度も涙が出ました。

 ごはんも本当においしかった。全部入っているものや味付けメモしました(^v^)マネします。産前は胃がきゅうくつであまり食べられなかったので、おいしいわ食べられるわで最幸でした。

  あれれ?退院前夜、やっぱりまた“出産”したいなってなってました。どんな痛みか忘れちゃった。笑 ここのみなさんのおかげです(^v^)

 よ〜し第2の人生始まりましたー!!

 徳島でお山の生活が待ってますよ〜

 Tくん、お父ちゃんみたいに上手に火を扱える男の子になってね。少し大きくなったら、みなさんに「ありがとう」言いに来ようね〜 (^v^)

   帰るの淋しいな。幸せな時間をありがとうございました。

| comments(0) | - | 15:44 | category: 【ママの声】 |
コメント
コメントする