<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 【diary】ご近所さん | main | 【聖書】サムエル記下12章 >>
【ママの声】まずはじめに、私の理想の出産を…

出産体験記KY様

2020年 2月 11日  P.M. 0:58 ☆

☆まずはじめに、私の理想の出産をサポートしてくださった永原さんをはじめ助産師さん、スタッフの方々に深くお礼申し上げます。

有難うございました。母子共にこうして元気に今を過ごすことができているのも皆さんのおかげです!

出産より産後まで大変お世話になった事は私の中で良い思い出になり、そしてここでの経験は家族の宝物になったと思います。

 

→2人目を授かるまで少し時間がかかり、通院してやっと授かることができた子でした。それも待望の“男の子”、私の体が万全な状態ではなかったので、お腹の中でちゃんと育ってくれるのか心配でしたが、こうやって無事に生まれてきてくれて本当に嬉しく思っています。

1人目の長女の時は大きな県立の病院で出産したのですが、家族みんなで出産を経験して間近で一緒に感動してほしい。特に長女には命の大切さを理解してもらう良いチャンスだと思い、次の2人目の出産は娘も立ち会いできる所でと思っていました。マナ助産院さんは私の思う理想の出産を叶えてくれると、加東市からでしたが、出産をお願いしたのでした。

 

健診の際にも出産に向けて、出産がどういったものか、助産師さんが説明して下さったり、DVDをお借りして一人目を生んだ時よりも出産のこと、赤ちゃんのこと、お母さんの心と体のこと、理解を深めて出産に望めたと思います。その分冷静になれた部分もあったと思うし、心の準備もできたのかな?と思います。とても自分にとってプラスでありました!とても良かったです。

 

そして2月11日、当日のことですが…

2/11朝、目が覚めると下腹部に少し違和感があったものの、いつもの様にごはんの仕度にとりかかりました。違和感は少しずつ痛みへと変わり…でもまさか陣痛ではないよね?と思っていました。

朝ごはんを済ませ、娘と少し外へ出ようかと準備し始めたものの段々と規則的に痛みが来てる様に感じ、すぐマナ助産院へ電話しました。遠方であったこともあり「すぐ来て下さいね。」と言われ、入院準備して娘と向かいました。間に合うかな?と少し心配していましたが、無事着いて内診してもらうと「子宮口3僉△任發垢阿修海泙農屬舛磴鵑降りてきているね」と言われました。長女の時と同じ、子宮口はまだなのに赤ちゃんはすぐそこに。私が早く準備してあげなくては。

“力を抜くこと”ずーっとそのことばかりを考えて陣痛に耐えていました。マナさんに着いて2時間半を過ぎたくらいから急に痛みに変化が…。大きな痛みへと変わり、下へ押される様な感覚へと…あぁそろそろだなと。痛みが強くなると力を抜くことの難しさを改めて痛感しました。力を入れることは容易でも力を入れたい時に入れてはいけない、「はぁ〜。」と懸命に逃していました。赤ちゃんに酸素を届けてあげないと、赤ちゃんが1番頑張っている。。。心の中で必死でした。間もなくすると、押される間隔が一気に強くなって破水。

 

「赤ちゃんが出たがっている!!」そう思いました。

待っていてくれた娘や家族も一緒に分娩室へ入り、安心しました。「赤ちゃんが急に出たがったのでお母さんの体が少しまだだね。」と言われ、時間がかかるのかなぁと不安でしたが、結局取り上げてもらうまで20分程でした。本当に上手に取り上げて頂いたのだと思います。赤ちゃんもお母さんの体も無傷でと全力でサポートして下さいました。本当に感謝です。息んで、力んでお母さんが力を入れて赤ちゃんを出すのではなく、お母さんは力を抜いて待ってあげる、すると赤ちゃんは自然と自ら生まれ出てきてくれる。お母さんも赤ちゃんも無理のない出産を実感することができました。長男は力が抜けて開いた時にスルんと生まれてきてくれました。お母さんの産後の負担が少ない様にと、傷の無いお産、このマナさんで産めてよかったと思いました。

 

弟が産まれてくる瞬間を間の当たりにした娘は、目をウルウルとさせて涙ぐんでいました。どうして泣いたのか、ハッキリわからないのですが、娘なりに感じるものがあったのだと思います。私もホッとして嬉しくて「よく頑張ったね。」「産まれてきてくれてありがとう。」と長男に声をかけ続け、愛しくてたまりませんでした♡ 幸せいっぱいの感動的な空間でした。

カンガルーケアさせてもらって、初乳を飲ませて、へその緒を切りました。娘絵にハサミを持たせて切ってみることに、すると娘は「チビ太(長男のニックネーム)が痛がる!!」と少し切ったところで怖がってしまい、半分はみんなでハサミを持って切ることになりました。これも良い経験となりました。胎盤を見せてもらい、長男が今までお腹の中で育ってくれていたことが本当に神秘的にも感じました。

後の処理も一段落して、長男を改めて落ちついて抱いた時にお腹にいてくれたのは、この子だったんだぁ〜♡と実感し、とても愛しい気持ちになりました。産まれてからずーっと一緒に居ることができるのも私にとって幸せでした。娘も小さな弟を抱っこしてとても嬉しそうでした。生まれてからも気にかけて助産師さんスタッフの方々に手厚くサポート頂き、とても有り難かったです。二人目でもブランクがあるので、こんなんだったカナ??と不安になる事も多々あり、助けて頂きました。ありがとうございました。

 

娘も完母で頑張ったので、この子も完母で頑張る!と決めていましたが、最初の出方がボチボチで心配していましたが、美味しいお食事のおかげもあり、食欲と共に量が出る様になりました。おっぱいのことも気にかけて下さって、様子を見てマッサージやホットタオルであたためてもらい、肩をほぐしてもらい、授乳にこんなにも手厚い事にびっくりしました。息子も一生懸命出ないおっぱいを飲んでくれて、3日目くらいには張るぐらいになっていました。皆さんに感謝です。たくさん、長く頑張って飲ませてやりたいです。

おかげ様で退院まで順調に過ごすことができ、あっという間の5日間でした。とても居心地が良く、もっと長く居たいくらい…笑。

これからが新しい生活のスタートとなります。色々な事があるかとは思いますが、ここでの出産の経験と思い出を思い出して家族で乗り越えていけたらと思います。息子が大きくなったら、ここでの出産を必ず伝えたいと思います。

マナ助産院さんで出産することができて幸せでした。

     たくさんの幸せをつくって下さり、ありがとうございました♡

| - | - | 22:49 | category: 【ママの声】 |