<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 【ママの声】娘を妊娠した時に嬉しさと共に出産の痛みに対する恐怖があり… | main | 【聖書】歴代誌上24章 >>
【聖書】歴代誌上23章

歴代誌上23章・・・・・聖なるものへの責任
「…すべての聖なる物を清めることの責任を負うこととなった」2328

くぅ〜ママのちょっと一言
9節のシムイは7節と10節に出てくるシムイとは別人です。紛らわしいのですが、同じ名前でも別の人物と言うことも当然あるわけです。
幕屋を移動していた時のレビ人の役割とエルサレムに神殿を建築され、もう移動する必要がなくなってからのレビ人の役割の変化が書かれています。これからのレビ人の主な役割は聖なるものを清めることと、感謝と讃美と捧げものと祭事の責任を負うことでした。
私たちクリスチャンの役割も同様ではないかと思います。この世の中にあって主の聖は守りとおさなければならないと思いますし、主に感謝、ざんげ、執り成しの祈りを捧げることが、クリスチャンが担わなければならない責任だと思います。

聖書要約
レビ人の任務
長寿に恵まれたダビデは王位をソロモンに譲り、イスラエルの全高官、祭司、レビ人を招集しました。その時30歳以上のレビ人を人口調査したところ3万8千人でした。その者たちを神殿の仕事を監督する者、役人と裁判官門衛詠唱者の4つに分けました。またダビデは彼等をゲルション、メラリ、ケハトの組に分けました。ゲルションの組はラダンとシムイの2つの班の6グループ。ケハテの組は4つの班に。その一つであるアムラムはアロンとモーセの父です。メラリ
の子は二人でした。そしてダビデは主がとこしえにエルサレムに住まわれるので幕屋や祭具を担ぐ必要はないと言い、レビ人はアロンの子らの傍らで神殿の奉仕につき、聖なるものを清める責任を負うことと、毎朝夕感謝をささげ、讃美し、様々な祭事を行う責任を負うようになったのです。
 

 

 

 

| - | - | 00:00 | category: 【聖書】 |