マナ's Blog

<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

【diary】クラウドファンディング

今日の誕生日inマナ… しおりちゃん15歳、ゆらりちゃん14歳、いくみちゃん8歳、ゆめちゃん6歳、きりくくん4歳、よしとくん2歳、こころちゃん2歳、神様の祝福がありますように!
                                                * * * * *

5月14日からクラウドファンディングにチャレンジしています。育てられないと追い詰められた妊婦や女性が24時間相談に来ることができる「小さないのちのドア」をマナ助産院の一角に設置する計画ですが、設置費と運営費も併せてご支援をお願いしてます。今までに55名の方がご支援くださり、目標金額の18%となりました。

クラウドファンディング以外にも、銀行や郵便振替でご送金くださる方もあり、日々感謝しながら過ごしています。クラウドファンディングは6月29日までという期間限定!支援が少ない時はトップページに載せていただけなくなるというルールらしいのですが、今日もトップページに載せていただいていました。この働きが沢山の方の目にとどまりますように。

クラウドファンディング「レディーフォー」→ https://readyfor.jp/projects/inoti-door  事業内容を詳しく書いていますのでご覧ください。よろしかったらご支援ください。

【diary】 | comments(0) | -

【聖書】人の手によらず・ダニエル書8章

ダニエル書8章・・・・・・人の手によらずに
「ついに最も大いなる君に敵対し、人の手によらずに滅ぼされる」8:25

くぅ〜ママのちょっと一言
雄山羊の1本の角はアレクサンドロス大王を指します。4本の後に出てくる小さな角はシリアのアンティオコルを現わすのだそうです。アンティオコスはイスラエルを攻め、神殿を冒涜しますが、神によって滅ぼされるのです。2300回の朝夕の捧げものということは1150日で3年半ほどということになるそうですが、神殿が悪の手から回復されるのは近いということとのこと。聖なるものを冒涜したり、破壊したり、その働きを阻止したりすることは、神の裁きが待っているということです。人の手に寄らない滅びほど怖いことはないと思います。

聖書要約
グッド雄羊と雄山羊の幻
ペルシャツァルの治世3年に私(ダニエル)は幻を見ました。私は夢の中でエラム州のスサのウライ川のほとりにいました。すると一頭の雄羊が立っていました。二本の角が生えていて、一本はさらに長くのびていました。雄羊は西へ北へ南へ突進し、思うままに振る舞い益々尊大になっていまいた。突然一頭の雄山羊が西から姿を現わしました。この山羊は一本の角が生えており、雄羊に突進して打倒してしまいました。勝った雄山羊は強大力を振るうようになりましたが、その絶頂の時に角が折れてしまいました。その後に4本の角が生えてきましたが。その内の伸びるのが遅かった1本から小さな角が生えてきて南と東を攻撃し、イスラエルに戦いを挑みました。そればかりか天の軍勢の主にまで挑戦してきて、いけにえを奪い、神殿を汚したのです。しかし天の軍勢はこの悪行を止めることを禁じられていました。その結果悪がわがもの顔にはびこったのです。すると二人のみ使いが語っているのが聞こえてきました。「以前のように毎日いけにえを捧げることが出来る日が来るのはいつのことでしょう。神が復讐されるのはいつのことでしょう」するともう一人のみ使いが「2300回の朝夕の捧げものが過ぎてからだ」と答えました。
私がこの幻の意味をあれこれ思いめぐらしていると、「ガブリエル、幻の意味を教えてやるのだ」という声がしました。するとガブリエルが近づいてきました。私は地ひれ伏しました。「あなたが見た幻は終わりの時に起こることだ」と。私はそれを聞いて気を失ってしまったのですが、み使いが立ちあがらせてくれました。そして幻の意味を教えてくれました。
「雄羊の二本の角はメディアとペルシャを現わす。雄山羊はギリシャで、4つの角はそこから起こる4人の王を現わします。この国の悪が最高潮に達した時非常に狡猾な王が出る。敵対する者を滅ぼし、神の民をも破壊する。そしてついに神に戦いを挑んだため、神の手で滅ぼされることになる。このことは遠い将来のことなので、誰にも話してはいけない」と。私はその後寝込んでしまいましたが、夢のことを思いめぐらすばかりでした。

【聖書】 | comments(0) | -

【diary】お客様

今日の誕生日inマナ…さとしくん24歳、みさとちゃん22歳、たつやくん18歳、けいしくん14歳、ひなたくん13歳、まなみちゃん11歳、ふうこちゃん8歳、こうきくん7歳、こうせいくん4歳、神様の祝福がありますように!
                                                * * * * *

嬉しいお客様がありました。マナ助産院を始める前に、おっぱいサークル(橋元真美さん代表)で一緒に活動していた谷奥さん!「わっはっは」という機関誌のQ&Aを私が担当していましたが、あの頃は携帯どころかパソコンも、FAXもない時代。電話口で私が原稿を読み上げると、その場でタイプライターを打ってくれ原稿を仕上げてもらっていました。月に一度のサークルも楽しかった。助産院を始める時に開院のセレモニーもみんなで開いてくださって…

パパは助産院のパソコンやOA機器がトラブったらすぐに駆け付けてくださって、たくさん助けて頂きました。

そしてかっこいい好青年は20年前でマナで誕生!ほれぼれ見とれてしまいました。

「小さないのちのドア」のことを心配してくださって親子で訪ねてくださいました。なんて有難いこと!!久しぶりの再会の喜びと有難さで見送った後しばらく余韻に浸っていました。

FBでもたくさんのコメントを頂いて本当に感謝です。

 

【diary】 | comments(0) | -

【聖書】裁きの座・ダニエル書7章

ダニエル書7章・・・・・・やがて裁きの座が開かれる
「やがて裁きの座が開かれ、彼はその権威を奪われ、滅ぼされ、絶やされて終わる。」7:26

くぅ〜ママのちょっと一言
ダニエルが見た黙示の記録です。海はカオス(混沌)を表します。混沌から出てきた被造物は神のコスモス(秩序)によって裁かれます。そして一人の人すなわちメシア、キリスト・イエスによる人類の救いが成し遂げられるのです。1頭目はバビロン、2頭目はメディア、3頭目はペルシャ。4頭目はローマ(ギリシャ?)を表しているとのことです。
今の時代も政治経済の混乱、犯罪の増加など混沌とした世の中ですが、いつの日か主は雲に乗って来られ、この世を裁かれる日が来るのです。その時を期待して待ちたいと思います。

聖書要約
グッド四頭の獣の幻
バビロンの王ペルシャツァルの治世元年のこと。ダニエルはある夜見た夢を書き留めました。「大海原に激しい嵐が起こって、強風が四方から吹きまくっていました。すると四頭の獣が海から上がってきました。1頭は獅子のようですが、鷲の翼を持っています。しかし翼はもぎ取られ、人間のように2本の足で歩き、人間の心が与えられているのです。2頭目は熊のようで、横になって寝ていました。肋骨を3本くわえていました。するとそれに向かって「起き上がって多くの人を食べてしまえ」という声がしました。3頭目は豹のようで、翼があり、4つの頭を持っていました。4頭目が海から上がってきました。恐ろしい形相で他の3頭より、はるかに荒々しく、残虐で10本の角を持っていました。ところが突然別の角が出てきて10本の内3本を引き抜いてしまいました。
続けてみていると、全能の神が裁きのために座におつきになりました。衣は雪のように白く、神は純白の羊毛のようで、火の玉座に座られ、法廷が開かれました。あの4頭目の残虐な獣は殺され焼かれてしまいました。残りの3頭は王国に召し上げられたもののしばらくは生き伸びることを許されました。次に人のような者が雲に乗って来られました。その方は世界を治める権力と栄光を与えられていました。すべての人はこの方に従うようになりました。この方の権威は永遠でその国は滅びることはありません。
私はこの夢を見たことですっかり動揺してしまい玉座のそばの一人に夢の意味を尋ねました。すると「四頭の獣は地上を治める4人の王。だが最後には神が世々限りなく世界を治めるようになる」と教えてくれました。また「最後の国はぞっとするほど残虐で、10人の王が出るが、別の王が出てきて10人の中の3人の王を倒す。しかし神は正義の法廷を開き、この王を滅ぼし、神の国がとこしえに続き、全ての人が従うようになる」
そこで夢は終わりましたが、ひどく動揺し、恐怖で青ざめていました。そしてこの事は誰にも話しませんでした。

【聖書】 | comments(0) | -

【diary】激しい寒暖の差

今日の誕生日inマナ… ぴかぴか かいりちゃん22歳、ようへいくん21歳、たえちゃん7歳、神様の祝福がありますように!
                                                * * * * *

真夏のような暑さになったり、長そでの服を重ね着したくなるような寒さに戻ったり、忙しい気候のこの頃です。今日は暖房器具を出したくなるような寒さ。こんな時は風邪に注意です。特に妊婦さんは免疫力が落ちているから気を付けてください。ストールを首に巻くだけでも寒さ対策になります。足首も冷やさないようにお願いします。
 

【diary】 | comments(0) | -

【聖書】主が守ってくださったので・ダニエル書6章

ダニエル書6章・・・・・・主が守ってくださったので
「神さまが天使を送って、獅子の口を閉ざしてくださいましたので…」6:23

くぅ〜ママのちょっと一言
ダニエルは新政府の元でも重要な地位につきます。しかし他の者の嫉妬から獅子の穴に放り込まれることになったのです。ダニエルはそうなることを承知しながら、神に礼拝することを止めませんでした。本当に勇気ある行動だと思います。日本にも踏み絵等の迫害の歴史があります。そのような時代に生まれなくて本当に良かったと思います。しかし現代でも違う意味での踏み絵というべき直面が突き付けられることがあるように思います。この世の生活と信仰生活の狭間で心痛めるような時です。信仰生活優先の人生を選び取りたいですが、そうできない時でも、心を痛めていることを主はご存じであることに救いを求めたいと思います。

聖書要約
グッド獅子の洞窟に投げ込まれたダニエル
王国を継いだのはメディア人のダレイオスでした。彼は王国に120人の総督を置いて全国を治めさせました。また総督から報告を受ける3人の大臣を置きました。ダニエルはその一人でした。ダニエルには神の霊が宿っていたので、他の大臣や総督より傑出していました。王はダニエルに国全体を治めさせようとしましたが、他の大臣や総督は面白くありません。ダニエルを陥れようとしますが、ダニエルにはその口実を与えるようなことが何一つなかったのです。彼らはダニエルの信仰に関することで言いがかりをつけるより他ないと話し合い、王に進言しました。「これから30日の間、ダレイオス王以外の人間や神に願い事をする者は獅子の餌食になるという禁止令を出すように」と。王は書面に署名をしてしまいました。王の署名のある法律は変更が出来ません。
ダニエルは王が署名したことを知っていましたが、家に帰り、いつものように窓を開け、エルサレムに向かって一日三度神に賛美と礼拝を捧げました。役人たちはダニエルの行動を確認して王にそのことを伝えたのです。王は大変心を痛めましたが、変更はできません。ダニエルは獅子の洞窟に掘りこまれることになり、引き出されました。ダニエルが放り込まれた獅子の穴の入口には一つの石が置かれ、封印されました。王はダニエルに「あなたの神があなたを救って下さるように。」と言い、王宮に帰りましたが、食べ物ものどに通らず、眠れずに朝を迎えました。夜が明けるや否や、王は洞窟に生き、「ダニエル、あなたがいつも拝んでいる神があなたを救い出す力があったか」と尋ねました。するとダニエルが「神さまが天のみ使いを送ってくださり、獅子の口を閉ざしてくださったので、私は何の危害もくわえられませんでした」と言いました。王はダニエルを洞窟から出し、代わりに陰謀を企てた役人とその妻子もろとも獅子の洞窟に放り込みました。穴の底に達する前に獅子は彼らに飛びついて骨までかみ砕いたのです。ダレイオス王は全地に手紙をおくりました。「この王国全域に置いてダニエルの神を畏れかしこまなければならない。この神は救い主、助け主、ダニエルを獅子の穴から救われた」と。こうしてダニエルはダレイオスとペルシャのキュロスの治世を通して活躍しました。

【聖書】 | comments(0) | -

【diary】いつでも夢を

今日の誕生日inマナ… かづきくん21歳、こういちくん20歳、神様の祝福がありますように!
                                                * * * * *

第3金曜日は特別養護老人ホーム「愛の園」にフラのボランティアにいきます。「真珠貝の歌(わたしはクリスチャンバージョン)」や「花も」「いつくしみ深き」などの賛美をフラで踊りました。途中のトークタイムでは「いつでも夢を」を歌いました。皆さん歌詞カードなくても覚えておられて一緒に歌ってくださいます。ちょうど私の母くらいの年代の方々ですが、私は小さな時に父の持っていた古いレコードよく聞いていたので、1世代上の歌、案外大丈夫なんです。楽しく時間を過ごしました。

【diary】 | comments(0) | -

【聖書】すべてを握っておられる主・ダニエル書5章

ダニエル書5章・・・・・・命と行動のすべてを握っておられる神
「だが、あなたの命と行動の一切を手中に握っておられる神を畏れ敬おうとはなさらない」5:23

くぅ〜ママのちょっと一言
神はバビロンを用いて、イスラエルや諸国を裁かれました。しかしバビロンは神を畏れず、傲慢な振る舞いをしたので、神はバビロンを打たれたのです。ベルシャツァル王は父が神にどう取り扱われたかを見たのですから、それに習わなければならなかったのです。
人間とはなんと罪深い存在かと思います。ちょっとうまくいくと自分が何者かでもあるように大きな心になってしまいます。うまく事が運んだのには神のご配慮があったことにいつも心を向けて感謝したいと思うのです。

聖書要約
グッド壁に字を書く指の幻
ベルシャツァル王は千人の貴族を招いて宴会を催しました。王は父ネブカドネツァルがエルサレムの神殿から奪ってきた金銀の祭具を取り出して、それで酒を酌み交わしながら、偶像の神々を褒め称えたのです。すると突然、人の手の指が現れて、燭台に照らされている白塗りの壁に文字を書いたのです。王は恐ろしさのあまり蒼白になり、腰が抜け、膝が震えました。王は叫んでその文字を解き明かすことのできる者を呼ぶように命じました。文字の意味を解き明かすことが出来たら、王室の栄誉を表す紫の衣を着せ、金の鎖を首にかけ、国の第3の支配者にしようと言いました。しかし誰一人として文字の意味が分かる者はいません。王は益々恐怖に怯えましたが、王の母が駆けつけてきて、父王の時に素晴らしい働きをした、神の霊が宿っている者がいることを教えました。そこでダニエルが呼ばれたのです。ダニエル王に言いました。「王からの褒美は不要です。誰かほかの者に与えてください。しかし王のために解き明かしましょう。神はあなたの父に王国と威光をお与えになりましたが、傲慢になった父王様を神さまは罰せられました。父王様がいと高き神こそが人間の王国を支配し、御胸のままに王を立てられることを悟った時に王座が再び与えられました。あなたはそのことをご存じであるにも関わらず、偶像を称え、あなたの命と行動の一切を手中に握っておられる神を畏れ敬おうとはなされない。だから神は文字を書かれたのです。文字の意味を教えましょう。メネは神はあなたの治世を数えられ、それが終わったということ。そしてテケルあなたは神の秤にかけられてその審査に落ちたと言うこと。またバルシンはメディアとペルシャに国が分割されると言う意味です。それを聞いた王はダニエルに紫の衣を与え、国の第3の支配者としたのですが、その夜王は殺されたのです。

【聖書】 | comments(0) | -