<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
【ママの声】3人目にして初めての自然妊娠

F.K様 

20181125() AM7:05生まれ

 

 3人目にして初めての自然妊娠、私の年齢は40歳。

 妊娠中、貧血以外は何もなく経過し、1番体が楽な妊娠中でした。出産後も1番楽な体の状態で、40歳なのにすごいなあ〜と感じました。予定日は1210日、母、祖母と同じ誕生日なので、縁がある日なんだと思っていました。

 10月の初めの頃、夢で「25という数字がしつこくしつこく出てきたため、カレンダーでチェック、1025日は満月・・・でも37週未満だし、1125日にもしかして生まれてくれるのかな・・・と思っていました。1123日の夜より、お腹の張りが度々あり、24日の健診時にもお腹の張りがたびたびあるも、帰宅して様子を見てみることになる。

 24日の23:00頃、目が覚めてトイレへ行くと破水、家族を起こしマナ助産院へ。255:00頃より陣痛強くなり、7:05に出産となりました。6年ぶりの出産、やはりとても痛かったです。でも出産後の幸福感はすごくて赤ちゃんも愛おしすぎて女性に産まれてきて出産を経験できてよかったなあ〜と思いました。 

 産後もしっかり体を休めることができ、美味しいご飯をいただけて嬉しかったです。スタッフの方々の愛に感謝です。ありがとうございました。

| - | - | 12:21 | category: 【ママの声】 |
【ママの声】マナ助産院の皆さま

Y.T様 

20181117() AM7:47生まれ

 

 マナ助産院の皆さま、学生さん、本当にありがとうございました。

 陣痛が来て、5時間程のスピード出産、痛かったけど、できるだけ赤ちゃんも私もつらくないように夫も一緒に助産師さんが手伝ってくれました。

 生まれてからはおっぱいが上手くいかなかったり、体重がけっこう減ったり、黄疸が強めに出たり、心配したり、つだかったけど、赤ちゃんと私の授乳の練習を一生懸命教えてくれ励ましていただきました。黄疸も引いてきて、体重も増えてきて、今日退院します。

 たくさんのサポートに感謝の気持ちでいっぱいです。またBabyちゃんと一緒に受診や教室に来たいと思います。本当にありがとうございました♡♡

 ご飯とってもおいしかったです(*^_^*)

| - | - | 11:43 | category: 【ママの声】 |
【ママの声】母の勧めや、叔母や従姉妹もマナさんで出産し

Y.M様 

2018823() PM1:52生まれ

 

 母の勧めや、叔母や従姉妹もマナさんで出産し、病院との違いにひかれてマナさんで出産すると決めました!

 妊娠初期では、つわりなどはなくパートで働く日々でした。立ち仕事ということもあり、お腹が張っていたのか・・・絨毛膜下血腫になってしまいました。マナさんに行きたいのに病院通い。中期に入り、安定期といわれる時期も安定とはいえず、約2カ月自宅安静でした。心の支えとなるのは赤ちゃんの心音が聞けたときだけで、毎日とても不安でした。そんな中、祖父がなくなり、突然のことでしたし、赤ちゃんが好きだった祖父にひ孫を抱いてもらうことがとても楽しみだった私は泣く毎日でした。でも、気づいたのです。祖父が亡くなった日から出血していないということを。祖父が守ってくれたのだと感じました。それからは不思議と「もう大丈夫」という自信になり、次の病院の診察で完治の結果を受けました!

 マナさんでの診察は毎回とても楽しみで、心配なこと不安に思うことをすぐに解決して下さいます。気がつけば予定日を過ぎ、毎日早く会いたいと願い続け・・・陣痛が来た!10分間隔!からがとても長く・・・痛みだけが強くなり間隔は狭まらず1日半痛みに耐えました。終わりの見えない陣痛に心が折れそうになりましたが、主人がずっとそばにいてくれ、励ましてくれたおかげで乗り越え、お産の時も立ち会ってくれ心強かったです。Sちゃんが生まれた瞬間は本当に幸せな気持ちで、陣痛の疲れも吹っ飛ぶくらい感動しました。可愛くてしょうがありません。

 産前産後、ずっと寄り添ってサポートして下さったマナ助産院の皆さん、たくさんのことを教わり、たくさんの愛情を感じ、本当に感謝しています。居心地が良いマナ助産院が大好きです!ありがとうございました。

| - | - | 11:31 | category: 【ママの声】 |
【ママの声】私がマナさんを知ったのは親友

Z.M様 

2018年8月16日(木) PM0:27生まれ

 

 私がマナさんを知ったのは親友の出産がきっかけでした。親友のお産の場に私もいて、こんなアットホームで落ち着いて出産できるんだ!とびっくりしました。出産は怖いイメージだったのですが、すごくポジティブなイメージに変わりました。

 そして数年後、妊娠発覚!1番にマナさんに電話しました。そこから、妊娠中の小さな心配事や、分からないこと、すべてにとても親切に教えていただいたり、エコー見て「かわいい〜♡♡」と一緒に喜んで下さったり、初めての妊娠で不安がいっぱいの私を安心させて下さりました。だんだん大きくなるお腹を見て、「早く会いたいー♡」と思い始め、不安な気持ちはほとんどなくなっていきました。

 予定日2日前の夜中に10分間隔の痛みが!!わくわくしながら主人を起こしてトイレに行くと破水!!準備してマナさんに行くも、そこから進むどころか遠のいてしまい、お昼は散歩したり、のんびり過ごして陣痛を待ちました。予定日当日の夜中から陣痛が始まり、お昼に誕生!!出産は、想像をはるかに超えるものでした。今までにない感動と喜びと最高に幸せな時間でした。立ち会いしてくれた主人に、本当に感謝です。

 出産を終えて、赤ちゃんとの生活がスタート。すべてが初めてのことで、上手にお世話ができないけど、助産師さん達が、とてもあたたかくサポートして下さっているおかげで、少しずつ慣れてきました。

妊娠から産後の生活まで、とっっってもお世話になりました。マナさんでの出産、最高に幸せな時間でした。本当に感謝しています。ありがとうございました♡

 

| - | - | 11:13 | category: 【ママの声】 |
【ママの声】マナさんとの出会いは、十数年前に

HNさん

201851日(火) AM200生まれ

 

 マナさんとの出会いは、十数年前に次男をマナさんで出産した会社の先輩からすすめられました。上2人は須磨区内にある有名な産院で出産しました。長男の時は初めての出産ということもあり、何もわからない不安の中で、陣痛中も様子をみにくる位で、1人痛みに耐え、Nsからは「先生が来る時は痛いとか、そんな顔しないで」と・・。

 3人目妊娠が分かった時にどこで出産するかなやんでいた時にドアをノックしました。永原さんや渡辺さんに「かわいいー!ありがとう!」と自分以上に喜んでくれたことを今でもよく覚えています。「この方達に支援してもらいたい」と強く思い、マナさんでの出産を決めました。上2人の産院と違って、別の病院へ検査にいく手間はありましたが(笑)

出産予定日が5月13日だったため5月からは産休だったため、4月末日までは仕事をしていました。と言っても、42930日は公休だったのでお休みで、家の掃除や、babyを迎える準備をしていました。430日朝から子どもたちをしあわせの村で遊ばせ、昼食後は買い物や片付け、掃除をしていました。夕方あたりから下腹部が痛いような重いような・・。休み休み作業しつつ、でも「何かあやしい」と思い、子どもたちを21時頃にねかせ、私も休もうとするも、陣痛のような不規則な痛みが出現。様子をみながら2330から1h程度、5分間隔の痛みがあり永原さんへTEL。「今からおいでー」とやさしい一言。

 51100頃マナさんへ到着と同時に渡辺さんも到着。すぐに診てもらいすでに子宮口8僉そこから一気に1時間で出産しました。3人目なのに「痛いー」を連発し、その度にいきみのがしや力の抜き方をアドバイスしてもらい、今までで一番楽に産むことができました。

Babyがでてきて、羊水が肺に入ったらしく、お二人の的確な判断で神大へいき入院となり、別々で数日を過ごしましたが、一時外出を許可下さり面会にも行け、おっぱいマッサージに搾乳の手伝い等、1人で過ごしていても不安なくサポートしてもらいました。

2人の時の産院とはまったく違う場所での出産でしたが、結果的に上2人の時もマナさんでお世話になっていたら良かったなーと思いました。私やbabyを家族のような接し方でいつも温かい。そんな場所で出産できたこと、とてもうれしく思います。

この先もずっとずっとマナさんがたくさんの妊婦さんやママ、ベビーを支えてもらえたらと心から願ってます。

Bebyはまだ入院中ですが、元気になったら家族できます。

永原さん、渡辺さん、スタッフの皆さん、本当にありがとうございました。

 

| - | - | 10:52 | category: - |
【ママの声】二人目をこちらで出産させて頂いて

AY様

2018425日(水) AM535生まれ

 

 二人目をこちらで出産させて頂いて3人目が出来たらまたここで!と思っていました。妊娠かな・・・と思っても、なかなか受診できる日がなく、電話をかけてみると「今から来る?」とおっしゃっていただき、エコーで胎のうあり。それから、マナさんで通院が始まりました。仕事でバタバタの日々、健診日も急遽「今からでも大丈夫ですか?」と仕事終わりにtelすると、快くひきうけて下さり本当に助かりました。

 産休に入り、突然逆子になってしまい「帝王切開かも・・」と連携の病院で言われましたが、なんとか戻ってくれて、その後もエコーでドキドキしながら「もう逆子になってませんよーに」と思いが届いて頭位のままお産をむかえることができました。

上の2人とも雨の日に産まれたので、今回も‘雨の日かな‘と言っていたのが当たり、雨の日の朝方陣痛が!!10分間隔と思いマナさんにtelすると「短くなってきてから、また連絡してねー」と。(まだ朝の3時頃で上の二人も睡眠中だったので)それから、間隔があいてしまい30分あくことも・・・。

上の2人は、パパが保育園へ連れていき、日中いつでも送ってもらえるように、パパも待機してくれるも、陣痛が遠のいていく・・。結局上2人を保育園へ迎えに行き、でも夜中に短くなるとまた大変なので、とりあえず入院させてもらうことに。

 子供たち、パパが帰ってから陣痛はどんどん短くなっていき、AM230頃には、腰もどーんと重く、ずーっと痛い感じが続いたので「動けなくなくなる前にお部屋に移ろっか」と渡辺さんに声をかけてもらい移動。まだ5僂らいしか開いてなかったけど、大きな波がくる度に開いてくれて、どんどん痛みが強くなり、力を抜けないといけない事を頭ではわかっているけど、痛みでなかなか抜けず・・

 普段あまり思いを声に出すことがないけど、マナさんでは「うけいれてくれる」方ばかりで安心して気持ちをはきだせるので、あまりの痛みに「どうしていいかわからない」「いたいー」と言ってしまっても「こっちにおしりつきだそっか」「ちょっといきんでもいいから、次力抜いてー」と言葉がけをして下さって、なんとか子宮口全開!「もう次はいきんでもいいよ」と声をもらった時には「やったー!」と嬉しくなり、そこからは痛いけど、いきめるので、力を抜くよりも楽でした。何度も足がつり、その度にマッサージしてくださり、鼻水もでてくるので、ペパーミントのアロマも準備していただき、なんとか赤ちゃんがでてきてくれました。思っていたより大きくて「これが初産だったら、もっと時間かかってたね」と言われたので、3人目で良かったーと後々安心。

 産後のケアもおっぱいマッサージやアロママッサージなど、ゆっくりみていただける環境がとてもありがたかったです。病院だと、どうしても聞きずらかったり、ゆっくりみてもらえない感がしてしまうので、助産院で出産できて本当に幸せです。助産院で産みたいのに、産めない方も周りにいたので、特にこの体に感謝です。上2人が面会に来た時も、ごはんを食べさせてもらう環境を作っていただき、遊び相手にもなっていただいたり、にぎやかにしていても許容していただいて、本当にありがとうございました。

| - | - | 10:41 | category: 【ママの声】 |
【diary】北浜

今日の誕生日inマナ… ぴかぴか 、いぶきくん15歳、かおるちゃん9歳、あやのちゃん8歳、ももちゃん4歳、神様の祝福がありますように!
                                                * * * 

3回シリーズでお招き頂いているカフェ&トーク。明日で最終回です。大阪の北浜まで行ってきます。すぐに迷ってしまうので苦手意識の大阪ですが、だいぶん通いなれた道になってきました。まだ少し体調が思わしくなく大阪駅からはタクシーですが…

| - | - | 06:00 | category: 【diary】 |
【聖書】1テサロニケ2章

テサロニケの信徒への手紙2章・・・・・・神の言葉を受け入れた時に
「あなたがたは、それを人の言葉としてではなく神の言葉として受け入れたからです」2:13

くぅ〜ママのちょっと一言
パウロは激しい迫害の中でテサロニケに行きました。神様から勇気を与えられて福音を宣べ伝えたのでした。テサロニケの信徒達は福音を神の言葉として受け取りました。信じたので「神の言葉があなた方の内で生きて働いた」と書かれています。色々な聞き方があると思います。頭上を飛んでいくような聞き方、頭で理解する聞き方、心に受け止める聞き方、心が揺さぶられ何かせずにはおれなくなるような聞き方…神の言葉を心から受け入れ、内から変えられるように願いながら、神の言葉を聴きたいと思います。

聖書要約
テサロニケでのパウロの宣教
愛する皆さん、わたしがあなた方のところに行ったことは無駄ではありませんでした。わたしはそちらに行く前に、フィリピで散々な目に遭いました。しかしわたしは神に勇気づけられて、激しい苦闘の中であなた方に語ったのです。わたしは神に認められ、福音を委ねられているからこそ語ったのです。聞くものの好みに合わせて語るような事はなく、神さまの真理を話しました。人に喜ばれるためではなく、わたしたちの心を吟味される神に喜んでいただくためです。使徒とし賞賛されることも求めませんでした。それどころかわたしはテサロニケの人々を母親が子を思うように愛おしく、命をも差し出しても良いというほど愛し、負担をかけないように昼夜働きながら、福音を宣べ伝えたのです。また父親のように一人ひとりに呼びかけ、励ましました。そのようにして宣べ伝えた福音を信徒達は神の言葉として受け入れました。その神の言葉によって信徒達は変えられのです。同胞人から苦しめられると言う事はイエスに結びついている教会に倣うようになったのです。ユダヤ人はイエスを十字架につけたばかりでなく、キリスト者を迫害し、異邦人伝道を妨害し、罪を重ねているのです。神の怒りは爆発するでしょう。
テサロニケ再訪の願い
離れてからかなりになるので、会いたいものですが、いつもサタンによって妨げられました。イエスの再臨の時に私たちに希望と喜びを与え、誇りの冠となってくれるのはまさにあなた方であり、あなたがたはわたしの喜びなのです。

| comments(0) | - | 06:00 | category: 【聖書】 |
Profile
Mobile
qrcode
Others
Search this site
Sponsored Links