マナ's Blog

<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

【聖書】この方こそ・イザヤ書25章

イザヤ書25章・・・・・・この方こそ
「わたしたちは待ち望んでいた、この方がわたしたちを救ってくださる。」25:9

くぅ〜ママのちょっと一言
25章は3つ7区切られます。1つ目は神の恵みに対する感謝。2つ目は世界を解放される神の勝利を祝う祭典の告知。3つ目は救い出された民の喜びです。そして最後にモアブの滅びについて言及しています。
神は神を認めず、自分中心に生きている者を裁かれます。しかし神の民を主は忘れれることはありません。神の民に与えられる喜びの宴を信じて歩むことをイザヤは預言しています。この預言された時代背景はアッシリアの勢力がイスラエルにも迫りつつありました。その中で神の民として生きることが唯一助かる道であることを民に告げています。イザヤの預言は現代の私たちにも通じることです。神の民として生きることはこの世の中ではバカげたことと見る人がいるかもしれません。だからこそイザヤの言葉は私たちへの言葉として聞きたいと思います。

聖書要約
グッド神の驚くべき審判
主よ、私はあなたを崇め、御名を称えます。あなたは私の神であられ、こんなに素晴らしことをなさるからです。強い国、難攻不落の要塞廃墟とされます。強い民、冷酷な国でもあなたを畏れ、服従します。
しかしあなたは弱い者にとっては、隠れ家、木陰、避け所です。あなたは暴虐な者たちがわがもの顔にふるまうのを赦されません。
万軍の主はエルサレムのシオンの山で世界の人々のために大宴会を催されます。とっておきの上等の食卓を用意し、神を信じる人々を招き、涙をぬぐい、屈辱を永遠に取り去ってくださいます。これが神が語られたことです。
その日には人々は「この方こそ私たちが待ち続けた神。私たちの救い主。さあ、喜び踊ろう」と言うでしょう。神の恵みのみ手はエルサレムにとどまります
グッドモアブの滅亡
しかし、モアブはみ足の下で踏みにじられます。泳いでいる人が水をかくようにモアブは必至で手を伸ばしますが、主は抑えつけ、彼らの思い上がりと、悪にとどめを刺されます。モアブの高い城壁は崩れ落ちます。

 

【聖書】 | comments(0) | -

【聖書】月や太陽に勝る栄光・イザヤ書24章

イザヤ書24章・・・・・・月や太陽にまさる主の栄光
「月は辱められ、太陽は恥じる」24:23

くぅ〜ママのちょっと一言
24章から35章までは3つのメッセージから成っています。最初のメッセージが24章です。神が地を裁かれることが書かれています。神の厳しさは、神の聖さの表れであり、人間の罪の大きさなのです。激しく地は裁かれるとイザヤは預言します。
そして「その日」には永遠の滅びの時、そして万軍の主が世界を治められる時であるとイザヤは預言します。主は世界を滅ぼすことを望んでおられるわけではありません。そのためにイザヤに預言を与えられたのですし、後に一人子イエスキリストをこの世にお遣わしになられたのです。私たちの罪を贖うために(私たちが受ける罰をイエス様が身代わりになられたこと)キリストが十字架に架かられたことを信じることで、神の呪いではなく、裁きではなく、神の祝福の中に入れていただくことができるのです。イザヤの預言を私たちのこととして聞きたいと思います。

聖書要約
グッド神の世界の審判
見よ。神は世界をくつがえされ、荒れ地にしよとしておられます。全国民を地上のあちらこちら追い散らされます。神の裁きは公平で、社会の階級や、職業や肩書、によって差別されることはありません。一切のものが略奪されます。主がこのように語られたのです。
地には雨が降らず、すべてが弱り果てます。民が律法を犯し、永遠の神との契約(律法を守れば祝福される)を捨てたからです。そのため神の呪いが下ったのです。地に住む者は焼き尽くされます。生き残る者はわずかしかいません。
ぶどうのつるは枯れ、新し酒はありません。陽気だった人も顔を曇らせ、竪琴の音も歌も絶えました。町は混乱に陥り、荒れ放題、無法地帯同然となります。
しかし神を信じて生きる者は喜びに満ちた生活が可能です。世界のあちらこちら、地の果てからも神をほめたたえる歌が聞こえます。
しかし私の心は憂いのために沈んでいます。悪がはびこり、あなた方は恐怖の地獄へ引かれていく運命だからです。逃げようとしても捕えられます。地は揺れ動き何もかも原型をとどめません。
その日が来れば、天上では堕落した天使が裁かれ、地では高慢な支配者に罰が与えられ、獄に捕えられます。そして罰せられる日がくるのです。
万軍の主がエルサレムを中心に世界を治められるなら、その栄光は太陽の輝きや月のうるわしさもいろあせてしまうほどです。

【聖書】 | comments(0) | -

【diary】受胎告知 (フラアンジェリコ)

-今日の誕生日inマナ… 、まみこちゃん16歳、ちひろちゃん16歳、そらくん7歳、しょうどくん5歳、まさひろくん3歳、ひゆうちゃん1歳、るりちゃん1歳、神さまの祝福がありますように!                            

                      * * * * 

今日の教会学校のお話はマリアの受胎告知のところでした。天使ガブリエルがマリアに「おめでとう、恵まれた方。主があなたと共におられる。」と告げます。マリアは何の挨拶かしらと思いめぐらしていると、「あなたは神さまの子どもを産む」と知らされます。「どうしてそんなことが…」と言うマリアに天使は「神にできないことは何一つない」と告げます。そこでマリアは「わたしは主のはしためです。お言葉どおり、この身に成りますように」と答えます。有名な絵画を思い出すワンシーンです。私はマリアほど純粋な信仰を持っているわけではありませんが、でも毎朝祈ります。「私は主に従う者です。神さまのご愛のために私をお使いください」と。教会学校の後の礼拝では奏楽をさせていただきました。先週は仕事の合間に、3か所遠方での講演があり、原稿提出もあり、疲労困憊でようやくオルガンの前にたどり着いた…といった思いでしたので、ここまで守られたことに感謝でいっぱいの気持ちで弾かせていただきました。また今週も多忙な毎日ですが、きっと神さまが歩みを整えてくださるでしょう。

私の一番好きなフラアンジェリコの受胎告知

【diary】 | comments(0) | -

【diary】第19回日本子ども健康科学学会学術大会

-今日の誕生日inマナ… 、たかのりくん23歳、みひろちゃん18歳、かんじくん4歳、神さまの祝福がありますように!                             * * * * *

今日は午後から「第19回日本子ども健康科学学会学術大会in奈良の市民公開講座」にお招きをいただいてお話をしてきました。奈良で思いがけず妊娠した女性と胎児を守る働きをされている「NPOみぎわ」、そして奈良キリスト教会の牧師先生の松原宏樹先生とご一緒に講演をさせていただきました。座長を務められた先生は京都大学大学院医学研究科特任教授の高橋裕子先生でした。先生は25年前から禁煙外来をはじめられたこの道のパイオニア。当時は喫煙はかっこよさの象徴であり、今のような禁煙の社会になるなんて考えられなかったとおっしゃいました。そのご体験から、結婚に至らない妊娠は人工妊娠中絶が当然の日本の社会から、宿ったいのちを大切にする社会の実現を確信して閉会してくださいました。とても力強かったです。

【diary】 | comments(0) | -

【聖書】顧みられる主・イザヤ書23章

イザヤ書23章・・・・・・顧みられる主
「七十年が終わると、主はティルスを顧みられる」23:17

くぅ〜ママのちょっと一言
ティルスとシドンの滅亡の様子と70年後の回復の預言です。この二つの町は地中海沿岸の海洋貿易の主要都市で繁栄を極めていました。その時にイザヤは神の裁きが下り、壊滅的に滅亡することを預言したのです。
人間と言うのは富や名誉や繁栄を求めます。それ自体は素晴らしいものです。しかしそれらの中には自分が何者かのように思う自己中心の罪が口をあけて待っているような気がします。富や名誉や繁栄を得た時には思い存分主に感謝を捧げ、共に生きる人と共に喜べる生き方に目を向けていくことが罪の罠に陥らない秘訣です。

聖書要約
グッドティルスの審判
ティルスにつていの神の言葉。
遠くタルシシュから来る船よ、あの繁栄していたティルスの港がなくなったことを嘆きなさい。海辺の住人も、シドンの貿易商たちも国々の行きかう要所がなくなってうろたえる。シドンの苦しみの声を聞いたエジプトは驚きます。ティルスの滅亡の知らせを聞いた時のように。
泣きながらタルシシュに逃げなさい。陽気に栄え、植民地を増やしていたあの繁栄を思い出しながら。
ティルスをこのようにしたのは万軍の主です。ティルスの思い上がりを砕かれたのです。
タルシシュの船よ。港がなくなっても航海を続けなさい。神はみ手を海に伸べて、国々を震撼させます。カナンに命じて破壊させられる。繁栄はもはやない。キティムに逃れても休む場所はない。バビロンもアッシリアに滅ぼされて野獣の住処となっています。
ティルスは70年間神に忘れられたようになりますが、その後復興する。しかし、町は再び悪事を働き、結局町が蓄えた物は神のために使われるようになるのです。

 

【聖書】 | comments(0) | -

【diary】デリバリー授業

-今日の誕生日inマナ… 、あかとくん15歳、まことくん15歳、すずねちゃん13歳、ちはるくん11歳、まひろちゃん2歳、神さまの祝福がありますように!                             * * * * *

今日は北区の中学校にデリバリー授業に行ってきました。神戸市から神戸市助産師会に委託された性教育講演です。少人数の学校で和やかな雰囲気で聞いてくれました。「愛」の話の時に先生が涙を流されているのを生徒が見つけた時のやり取りがとっても温かく、先生方が丁寧に生徒たちに接しておられるんだろうなあと感じました。山越えの道を紅葉が舞い散る中、車を走らせて帰ってきました。もうすっかり冬です。

【diary】 | comments(0) | -

【聖書】目を向けず・イザヤ書22章

イザヤ書22章・・・・・・造られた方に目を向けず
「しかし、お前たちは、都を造られた方に目を向けず…見ようとしなかった。」22:11

くぅ〜ママのちょっと一言
エルサレムは三方谷で囲まれた地形になっています。その谷に敵が陣取り攻撃してくることをイザヤは預言しています。
また「聖なる都は神が守ってくださる」と自分勝手に自負しても、神は喜ばれることはなく、北イスラエルのように主は裁かれることをイザヤは神から告げられたのです。
同じように高官シェブナ、その後の地位をえたエルヤキムもその高慢ゆえに神は裁かれると告げられています。地位や肩書、家柄、過去の実績がどんなに素晴らしくても、主は今日主の前にどのように生きているかを問われるのだと思います。

聖書要約
グッドいやし難いエルサレム
幻の谷(エルサレム)についての神の言葉
誰もかれも屋上に上がって何を見つめているのでしょう。都は攻撃されて、戦うこともなく殺された死体が山のようになっていると言うのに。私は胸が張り裂けそうです。万軍の主がエルサレムに混乱を与えられたのです。
弓の名手であるエラム人、キル人がエルサレムの城壁の周りの谷に陣取ったのです。
その日エルサレムの人々はあわてて武器をとり、城壁の敗れを繕い城壁の間の堀に水を引きました。しかし肝心の我々の都を作られた神の方に目を向けなかったのです。主は言われました。「荒布をまとい嘆きなさい」と。しかしあなた方は「同じ死ぬのなら、大いに飲み食いしよう」と言いました。そんなあなた方をご覧になって神は私に言われたのです。「お前たちが死ぬまでこの罪は決して赦されることがない」と。
グッドシェブナの罷免
万軍の主は私に言われました。あの高官のシェブナに言いなさい。「あなたが何者のつもりだ。高いところに自分の墓を作るとは。神はお前を放り投げ、捕虜とする。名声をほしいままにしたおまえだが、その地位から退ける」と。
また主は言われます「その後でヒルキヤの子であるエルヤキムにその地位が与えられる。エルサレムの住人、ユダの家の父とされ、栄光の座に就く。私は彼を民を支配するための太い釘とする。」しかし、神はやがて、その釘を抜かれ、支えていた物は崩れさるのです。神がそうされたのです。

【聖書】 | comments(1) | -

【聖書】試練の時こそ・イザヤ書21章

イザヤ書21章・・・・・・主が与えられる試練の時こそ
「夜明けは近づいている、しかしまだ夜なのだ。」21:12

くぅ〜ママのちょっと一言
前半のバビロンの陥落はBC689 年のアッシリアによるものと、BC539年のペルシャによるものと諸説あり、どちらか分かりません。
この3つの国が滅亡するという神の預言です。神の裁きはまだまだと思っていても突如やってきて、熱風が吹いた後のような恐ろしさであるとイザヤは預言しています。神の裁きは厳しいのです。しかし本来なら厳しく裁かれるべき罪ある私たちの代わりにイエスキリストが十字架に架かってくださいました。その十字架を信じる信仰によって私たちは罪赦された者とされるのです。なんと感謝なことでしょう。「夜明けはまだですか」暗い試練の時にこそ主に立ち返る好機なのです。

聖書要約
グッドバビロンの陥落
バビロンについての神の言葉です。
ネゲブの地から吹き付ける熱風のようにバビロンを襲います。バビロンの東の民族であるエラム人とメディア人によって滅ぼされます。
私はこの神のご計画を聞いて胃が締めつけられて苦痛で焼けつくようです。心地よい時間であるはずの夜が恐怖に代わりました。
神の言葉はこうでした。彼らが盛大な宴会をしているところに敵が攻めてくるとの知らせがあったのです。神は城から戦いがどうなるか見張っていなさいとイザヤに言われました。イザヤはついにバビロン崩落の知らせを告げる騎兵を見たのです。「バビロンにある偶像は一つ残らず投げ捨てられた」と。これが打たれて踏みにじられたユダの民に神が語られたことでした。
グッドエドムについての預言
ドマ(エドムのこと)についての神の言葉です。
セイル(エドムのこと)から私を呼ぶものがいます。「今は夜の何時ですか。夜明けはまだですか」と。私は答えました。「あなた方が裁かれる日がそこまで来ています。今の内に神に立ち返りなさい。また夜明けがいつか聞きたいならもう一度来なさい」
次はアラビアについての神の言葉です。
デダン(エドムの南側)の隊商よ、砂漠に身を隠しなさい。テマ(アラビアのオアシス)の人々よ、戦争の亡命者を助けてあげなさい。神は断言されます。1年もしたらゲダル(アラビアの遊牧民)は滅び、わずかの者しか残らない。このようにイスラエルの神はお語りになりました。

【聖書】 | comments(0) | -