<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
【聖書】士師記4章

 士師記4章・・・・・・女預言者デボラ
「ラビドトの妻、女預言者デボラが、士師としてイスラエルを裁くようになったのはそのころである」4:4

くぅ〜ママのちょっと一言
聖書の中で女性の職業と名前が書かれているのは珍しいことです。出エジプトの助産婦シフラとプア、紫布商人のルディア、そしてこの女預言デボラとわずかです。そもそも聖書では人数を数える時には女性は含まれません。数にも入れないとは聖書は女性蔑視の考え方なのかと思いますが、本質的にはそうではないのです。創世記に女性と男性は向かい合う存在として対等な関係である事が明記されています。そしてしばしば女性は歴史を作るキーパーソンなのです。この章にも二人の女性が重要な役割を果たしています。女性は産む可能性のある性(多様な生き方は認められるにしても)ですから、戦ったり、肉体労働には不向きですので、男性に守られることは必要なことです。しかし決して男性に追従するのではなく、自らの判断と決断ができなければならないと思います。男性も決して女性は男性に劣るとか、女性を従わせようなどと思わないことです。夫婦で手を取り合い、助け合いながらこの時代に社会の最小単位の家庭を壊すことなく築き上げたいものです。

聖書要約
デボラとバラク

エフドの死後イスラエルの民はまたもや主の目に悪とされることを行いました。そこで主はカナン人の王ヤビンの手に彼らを渡され、20年の間その支配下に置かれたのです。イスラエルの民は主に苦痛の叫びを訴えました。主はそれに応えて女預言者デボラを士師として立ててくださいました。デボラはエフライムの山地のなつめやしの木の下で、裁きを求めてくる人々のため座していました。
さてデボラはナフタリからバラクを呼び寄せて、主がヤビンと戦うようにと言われていることを伝えました。バラクは「あなたが一緒に行ってくださるなら」とデボラの同行を求めました。そして主の言葉どおりナフタリとゼブルンの2部族による兵を編成し、900もの戦車を有するヤビン軍の長シセラと戦う為にケデシュに集結したのです。主はシセラの軍をバラクの前で混乱させられたので、バラク軍はシセラ軍を一人残らず討ち取ることができました。軍の長シセラは協定を結んでいたカナン人のへベルの妻ヤエルのテントに逃げ込み、匿ってもらおうとしましたが、ヤエルの手にかかって命を落とします。そのようなことがありイスラエルの民を支配していたヤビンを、逆にイスラエルの民が圧迫するようになり、ついにはヤビンを滅ぼすに至ったのでした。


 

| comments(1) | - | 06:00 | category: 【聖書】 |
【聖書】士師記3章

士師記3章・・・・・・主に助けを求めて叫んだので
「イスラエルの人々が主に助けを求めて叫んだので、主はイスラエルの人々のために一人の救助者を立て、彼らを救われた」3:9

くぅ〜ママのちょっと一言
左利きのエフドがどのように王を殺したのかが聖書に詳しく書かれています。左利きと両刃の剣とわざわざ書かれているのは暗殺の方法をより具体的にしたのでしょうか。または左利きの直訳は右手が不自由ということで、敵を油断させて暗殺したことを伝えているのでしょうか。聖書は何気ないところにリアルさがあり、驚かされたり、納得させられたりします。
さて、民は敵に支配されて苦しみにあったときに、主に助けを求めています。バアルなどの異教の偶像に助けを求めていないのです。これは主の恵の御業が親から子へ、子から孫へと語り告がれてきた証拠です。しかし悲しいことに、苦しみから解放されて時間が経つとまた主に従うことを忘れて、主から離れて悪を行う生活になってしまうのです。主の恵は知っていても、知っているだけではいけないのです。日々主の聖書の言葉に触れ、祈り、従い続けて、主から離れないようにしなければならないのです。
カナン征服の戦いを知らない世代の人たちは主がどのようにイスラエルを導いき、恵みをお与えになったかを知らない世代の者達を試みる為に、主はペリシテ人の5つの町、カナン人、シドン人、ヒビ人を滅ぼされずに残されました。しかしイスラエルの民は主の試みには合格しませんでした。これらの異教の民と婚姻関係を結び、彼らの神である偶像を礼拝するようになったのです。

聖書要約
オトニエル
そこで主はメソポタミアの王クシャン・リシュアタイムの手に民を渡され、8年間イスラエルは支配されました。イスラエルの民が主に助けを求めたので、主はカレブの甥のオトニエルを救助者として立てて民を救われたのです。イスラエルの民は40年間平穏に過ごすことが出来ました。
エフド
オトニエルの死後、また民は主の目に悪とされることを行いました。主はモアブの王エグロンを強め、イスラエルの民をその支配下に置かられました。イスラエルの民は主に助けを求めたので、主はベニアミン族のゲラの子で、左利きのエフドを救助者として立たせられました。エフドは王を両刃の剣で刺してその支配から民を解放したのです。80年間に渡ってイスラエルの民は平穏でした。エフドの次に主はアナトの子シャムガルを救助者としてイスラエルを救ことにされたのです


 

| comments(0) | - | 06:00 | category: 【聖書】 |
【聖書】士師記2章

士師記2章・・・・・・主の恵みを知らない世代
「その後に、主を知らず、主がイスラエルに行われた御業も知らない別の世代が興った」」2:10

くぅ〜ママのちょっと一言
モーセやヨシュアは、主がイスラエルの民をエジプトから導き出して下さり、40年の荒野で養って下さり、カナン征服して約束の地を与えて下さったことを子々孫々に語り伝えなさいと民に命じました。ですから親達は子どもにそれらのことを語って聞かせたとことでしょう。しかしその子どもや孫達は追い出せなかった先住民の習慣に染まっていきました。確かに遊牧の民が農耕をはじめたわけですから、先住民から農耕を学んで行かなければなりませんでした。そのような中で、雨を司り、豊穣の神とされるバアルやアシュトレトを拝むことに抵抗がなくなっていったのでしょう。そして主が長い歴史の中でイスラエルの民を恵まれてきたことを忘れてしまったのです。
「主の良くして下さったことを何一つ忘れるな」とみ言葉にありますが、大切な事は主が先祖に対して下さった良いことを、今日の自分とつなげることではないでしょうか。先祖に良いことをしてくださった、その同じ主が今日私と共にいてくださるのだという信じることだと思うのです。

聖書要約
主の御使いがイスラエルの民に次のように告げました。「あなた方をエジプトから導き出し、約束の地に入らせた主が、この地の住民と契約を結んではならない教の神を拝してはいけない言われたのに、あなた方は聞き従わなかったので、あなた方と共に入る先住民があなたがたを苦しめても私は彼らを追い払う事はしない。」と。
主に背く世代が興る
ヨシュア率いるイスラエルの民がカナンを征服し、イスラエルの民がカナンに定住し始めた頃、民は主に仕えて暮らしていました。ヨシュアやヨシュアと共に主の御業を見た長老たちが生きている間は、民は主に仕えていました。しかしその世代が死に絶えた後、次の世代の人々は主に仕えることをせず、主の目に悪とされることを行いました。主を離れ、異教のバアルやアシュトレトを拝するようになったのです。そのようなイスラエルの民ですから、戦場に出るとき、もはや主が共におられることはありません。逆に災いを下されたので、イスラエルの民は苦境に立たされました。そのような民を主は憐れまれ、士師を民の指導者として与えてくださったのですが、士師が亡くなると、民はさらに堕落して主から離れていきました。主は彼らをご覧になって、「ヨシュアが征服できなかった民をこれ以上追い出すのはやめよう。むしろ彼らを用いてイスラエルが主に従う民であるかどうか試すことにしよう」と思われたのです。


 

| comments(0) | - | 06:00 | category: 【聖書】 |
【聖書】士師記1章

士師記1章・追い出すことができなかった
「だが、平野の住民は鉄の戦車を持っていたので、これを追い出すことはできなかった。」」1:19

くぅ〜ママのちょっと一言
士師記にはカナン征服後、預言者サムエルが登場するまでの数百年のことが記されています。
士師とは「治める」とか「裁く」という意味の言葉から来ています。この時代は律法に不従順であったイスラエルの民が周辺の他の民の圧迫を受けて苦しみ、主に悔い改めて神に訴えると、神が救済者を送ってイスラエルを解放するということが、幾たびとなく繰り返されます。救済者として主に用いられる英雄が士師と呼ばれる人々です。1章の内容はヨシュア記にも出てきます。この記述がヨシュア存命中のことであったか、死後の出来事なのかが分からないのですが、心に留めておかなければならないのは、カナン征服が完全なものではなかったということです。このことから私たちの心の中にも主の祝福を受けながら、かつての罪の心を混在させていることをふと思うのです。このような心をどのようにすればよいのかを士師記で学びたいと思います。

聖書要約
カナン征服
ヨシュアの死後、まず出陣する部族について主に指示を仰いだ結果、まずユダが出陣することになりました。ユダはシメオンの協力の下にカナン人とペリシテ人を打ち破り、アドニ・ベゼク王を捕らえました。アドにベゼク王はこれまで自らがやってきた残虐なことのつけが回ってきたと言いました。さらにエルサレム、低地に住むカナン人や山地やネゲムのカナン人、ヘブロンにいるカナン人、またデビルの町などを攻撃しました。中でもデビルの町を攻撃して占領した者には娘アクサを嫁にすると宣言したのです。そしてカレブの弟の息子オトニエルがその権利を得ました。父は嫁ぐアクサの要求通り、上と下のため池を与えました。ユダがアラドに出陣する時にはモーセの舅の子孫ケニの人々が同行しました。ユダは次々と領土を占領しましたが、平野に住む者たちは戦車を持っていたので追い出すことができませんでした。ヘブロンはカレブに与えられました。エルサレムに住むエブス人は追い出すことができませんでした。ヨセフ族はベテルの町を占領しましたが、占領に協力した家族を逃がしてやりました。マナセもエフライムは先住民を追い出すことが出来ませんでした。ゼブルン部族もダン部族、ナフタリ部族も同様に先住民を追い出すことは出来なかったのです。


 

| comments(0) | - | 06:00 | category: 【聖書】 |
【聖書】ヨシュア記24章

ヨシュア記24章・わたしとわたしの家は主に仕える
「ただし、わたしとわたしの家は主に仕えます。」24:15

くぅ〜ママのちょっと一言
24章でヨシュア記は終わります。ヨシュアが主のみ業の回顧と民に信仰の告白を迫ったこれらの言葉はヨシュアの告別説教です。ヨシュアは渾身の思いを込めて「わたしとわたしの家は主に仕えます」と言いました。主がおられる事を体験したものの力強い言葉であり、そのことを証しようとした言葉ではないかと思います。我が家の居間にもこのみ言葉を掲げています。だれが何と言おうと私と私の家は主に仕えるのだという宣言です。私がこの世を去った後も何世代にもわたってこのみ言葉が引き継がれるようにと願います。

聖書要約
シケムの契約
ヨシュアはイスラエルの全部族をシケムに呼び集めました。彼らが神の前に進み出ると、ヨシュアは主に導かれたイスラエルの歴史を回顧し、もう一度主に従うことを民に勧めるために語り始めました。「あなたたちの先祖のアブラハムの父であるテラは異教の地で暮らしていました。しかし主はアブラハムを異教の地から連れ出してくださり、イサクを与えてくださいました。イサクはエソウとヤコブが与えられ、ヤコブはその子ヨセフの招きによって親族一同エジプトに移り住みました。歳月は流れ、主はイスラエルの民をエジプトから導き出してくださいました。主は紅海を二つに分け、エジプトの戦車から守ってくださいました。40年の荒野での生活の末、ようやく主が約束された地カナンに到着しましたが、主が戦ってくださったので、自分達で労せずに土地を得、町を与えられ、食べ物も労せずに与えられるに至ったのです。あなたがたは、この主に従うのか他の神々に従うのか選びなさい。ただし、わたしとわたしの家は主に仕えます」と語りました。それに続いて民も自分達を導いてくださった主こそ神であると告白しました。ヨシュアはさらに言葉を続けます。「もし他の神々を拝するようなことがあれば、熱情の神はあなた達を赦す事は出来ない、与えた幸せを一転させて災いを下し滅ぼされるのだ」と。民は「わたしたちは主を礼拝します」と答えました。そこでヨシュアは民が神を欺くことがないようにと大きな石を取ってシケムでの民の告白の証拠としました。
ヨシュアの死
この後ヨシュアは110歳で生涯を閉じました。ヨシュア存命中はもちろん、ヨシュアと共に主のみ業を体験した長老たちが存命中、イスラエルは主に仕えました。
ヨセフの埋骨、エルアザルの死
エジプトから携えてきたヨセフの骨は約束どおりシケムの一角に埋葬されました。祭司エルアザルも死に葬られました。


 

| comments(0) | - | 06:00 | category: 【聖書】 |
【聖書】ヨシュア記23章

ヨシュア記23章・右にも左にもそれることなく忠実であれ
「だから、右にも左にもそれることなく、モーセの教えの書に書かれていることをことごとく忠実に守りなさい」23:6

くぅ〜ママのちょっと一言
事がうまく運ぶと自分に力があるかのように思いがちですが、「一人で千人を追い払うことが出来たのは主があなた方のために戦ってくださったから」という言葉に心をとめたいと思います。よきものはことごとく神さまから頂いたものです。だから自分の功績と満足するのではなく、「主に感謝!」なのです。そのように主からよきものを頂いたことを自覚するなら、主に従うのは当然です。そうすればまた主は恵を与えてくださるでしょう。この循環が信仰生活だと思うのですが、主に従うのは、恵みを頂く為ではなく、既に頂いた恵への応答なのだと考える方が、私は信仰生活に安定感を感じます。今日も主から頂いた小さな恵、大きな恵をいっぱい数えて感謝して生きたいと思います。

聖書要約
ヨシュアの告別の言葉
カナンに定着してから歳月が流れました。老人となったヨシュアは長老や裁判人、役人を集めて次のように言いました。「主があなた達のためにどれほどの事をして下さったかをつぶさに見てきたとおりです。ヨルダン川から地中海に至る全地域はあなたがたの土地となりました。だから右にも左にもそれることなくモーセの教えの書に書かれていることをことごとく守りなさい。そしてこの地に残っている異教の民との交流を禁じ、他の神々の名を口にすることがないように。」と、ただ主を固く信じるように勧めました。
また「あなた達の行く手に立ちはだかる者はおらず、あなた達が一人で千人を追い払うことができるのは、主があなた方のために戦ってくださるからです。主が約束された事はすべての良い事はすべて実現しました。しかしもしあなたがたが主の命じられたことを守らずに他の神々に仕えるようなことがあれば、あらゆる災いをあなたがたに下し、あなたがたに与えたよい地からあなた方を滅ぼされるでしょう。」とヨシュアはイスラエルの人々に語りました。


 

| comments(0) | - | 06:00 | category: 【聖書】 |
【聖書】ヨシュア記22章

ヨシュア記22章感謝の極み
「ルベンとガドの人々はこの祭壇を、『わたしたちの間では主が神であることの証人』と名付けた。」22:34

くぅ〜ママのちょっと一言
ルベン、ガド、マナセの半部族は先にヨルダン川の東側に土地を与えられていましたが、カナン征服の際には、そこに妻子を残して、先陣を切って戦いに参加しました。その戦いも終わり、ヨシュアに祝福を祈られて、戦利品をも分け与えられて、妻子が待つ地に帰っていきました。ところが彼らはヨルダン川を渡る前のゲリロトの地に記念碑を建てたのです。思い返さばイスラエルの民は主に導かれた40年間の荒野においても、カナン征服の恵の中にいる時にも背信行為をして神からの裁きを幾度となく受けてきました。
しかしカナン征服直後のイスラエルの民は背信行為をするどころか、大いに信仰に燃えていたことが分かります。記念碑を建てようとしたのもその表れですし、背信行為ならばすぐに止めさせようとした行動もその現われでしょう。私たちにも思い当たることがあります。主への思いが高まれば、何かをせずにはおれなくなります。また、み心でないことを見抜く心も研ぎ澄まされてきますし、単純に争うのではなく、平和な解決を見出すことが出来ます。健全な信仰とはそのようなものではないでしょうか

聖書要約
ヨルダン川東岸諸部族の帰還
ヨシュアはルベン、ガド、マナセの半部族を呼び寄せて祝福し、戦利品を分け与えて、妻子が待つ地に帰えるように促しました。ただ主の戒めと教えを忠実に守り、主にかたく信頼し、心を尽くし、魂を尽くして主に仕えなさいと言って送りだしました。ところが帰路に就いた彼らはヨルダン川を渡る前のゲリロトの地に、だれの目にもとまるほどの祭壇をかたどった記念碑を建てたのです。それを聞いた西側に住むイスラエルの人々はシロに集まってその記念碑を建てたことは神への背信行為ではないかと、軍を差し向けようとしたのです。その前に祭司と部族の代表がルベン、ガド、マナセの半部族の元に行って忠告することになりました。「このようにした事は神への背信行為であり、それによってイスラエル全体に神のみ怒りが下るでしょう」と。しかしルベンとガド、マナセの半部族の人々は「この記念碑は主に逆らうために建てたのではなく、将来自分達の子ども達が「あなた方は神とは何の関係もない」と言われることがないように。またあなた達の子どもが私たちの子どもに神を畏れる事を止めさせることがないように記念碑を建てたのです。」と言いました。祭壇は献げ物のためではなく、あなた方と私たちの間柄を示す証拠となるためのものですと説明したのです。それを聞いた祭司と部族の代表は神への背信行為でないことを認め、帰っていってその報告をしたのです。そしてルベン、ガド、マナセの半部族を攻め上る事はありませんでした。そしてこの祭壇を「私たちの間では主が神である事の証人」と名付けられました。


 

| comments(0) | - | 06:00 | category: 【聖書】 |
【聖書】ヨシュア記21章

ヨシュア記21章・何一つたがわず実現した
「主がイスラエルの家に告げられた恵みの約束は何一つたがわず、すべて実現した。」21:45

くぅ〜ママのちょっと一言
アブラハムに、イサクに、ヤコブ、そしてモーセに主が約束された乳と蜜の流れる地にようやく入ることが出来ました。21章の最後には「主が約束された事はすべて実現した」と書かれています。アブラハムやモーセは乳と蜜の流れる地を見ることが出来ませんでしたが、主の言葉をただ信じて従った結果なのです。ヘブル書に「信仰は望んでいる事がらを保証し、目に見えないものを確信させるもの」と書かれていますが、信じることによって得られる祝福を私たちも手にしたいと思います。

 

聖書要約
レビ族の町
レビ族の家長たちはヨシュアと祭司エルアザルに土地の割り当てを申し出ました。これは主がモーセに約束されたことでした。
ますアロンの子孫のケハト氏族にはユダ族、ベニアミン部族などから13の町が与えられました。但しその中のヘブロンはカレブのものです。ケハトの他の氏族にはエフライムやダン、マナセの半部族から10の町が与えられました
レビの一族のゲルション氏族にはマナセの半部族やイッサカル、アシュル、ナフタリ部族から13の町が与えられました。
レビ族のもう一つの氏族であるメラリ氏族にはゼブルン、ガド部族から12の町が与えられました。
レビ族に与えられた町は全部合わせて48になります。
主は約束された地をすべてイスラエルにお与えになったのです。このようにして主の約束はすべて実現したのです。


 

| comments(0) | - | 06:00 | category: 【聖書】 |
【聖書】ヨシュア記20章

ヨシュア記20章・赦しの道
「…あるいはその時の大祭司が死ぬまで、町にとどまらねばならない。」20:6
くぅ〜ママのちょっと一言
旧約の律法では人を殺害した者は自分の命を持ってつぐなうことが定められていましたが、細則として、過って人を殺したものが助かる道が示されました。
私たちが生きる新約の時代ではどうでしょう。すべての罪は主のみ前で告白し、私の罪のためにイエスキリストが十字架に架かられたと信じるときに、その罪は赦され、人は新しく生きることができるようになると聖書には書かれています。イスラエルの民は大祭司が死ぬことによって罪が赦され、家に帰ることができましたが、キリストは私達のためにすでに死んで赦しの道を与えてくださっているのです。もちろん自分が所属する社会のルールに違反した時は所属する社会の法律にのっとって償わなければなりません。しかし永遠の命を握っておられる神さまに赦してもらうことが何よりも大切なことなのです。

 

聖書要約

逃れの町
主はモーセに言われた逃れの町についてヨシュアにも命じられました。そこは意図的ではなく過って人を殺害した者が報復をする者から逃れることができる所です。その人は裁きを受けるまで、またその時の大祭司が死ぬまで、そこで留まらなくてはなりませんでした。ケデシュ、シケム、ヘブロン、ベツェル、ラモト、ゴランがその町と定められました。

| comments(0) | - | 06:00 | category: 【聖書】 |
【聖書】ヨシュア記19章

ヨシュア記19章・御心にあわせる
「境界線を定めて、土地の嗣業の分配が終わると、イスラエルの人々は自分たちの土地の中からヌンの子ヨシュアに嗣業の土地を贈った」19:49

くぅ〜ママのちょっと一言
すべての民の領地が決まったあと、最後にヨシュアは土地を求めたと書かれています。
この戦いの一番の功労者で、最初に土地を選び取るべき立場でしたが、ヨシュアはそれをしませんでした。ヨシュアの選んだ土地は太陽礼拝をする偶像礼拝の盛んなところだったそうです。その町を攻め取り、再建して住んだのです。人間的に見るとヨシュアの功績に対して適切な評価がなされていないように思いますが、ヨシュアはそれをよしとしています。そう出来たのはカナンの地にイスラエルの民が定住するという主の御心に、自分の心を合わすことができたからでしょう。
損をすることは誰しも望まないことと思いますが、それが主のみ栄になることなら(主が喜ばれることなら)喜んでそれを受け入れることができる者になりたいと思います。主が「あなたのこの世での役割は終わったのだ。もどっておいで」と天国に招き入れられるその日まで残された機能をフルに活用して主のみ栄えのために働く者でありたいです。

 

聖書要約
シメオン族
シメオン族に割り当てられた土地はユダの領地の中にありました。ユダ族の領地が広すぎた為です。その中の17の町とそれに属する村がシメオンの領地となりました。
ゼブルン族
ナザレの南東8Kmに位置するサリドを中心とした所で12の町と村を領地としました。
イサカル族
イズレエル平野の東から北にかけての領地16の町と村を領地としました。
アシュル族
地中海に面した町を含め22の町とそれに属する村を領地としました
ナフタリ族
19の町と村々を領地としました
ダン族
エルサレムの北西のアヤロンの谷からパレスチナのテルアビブヤフォの南部に渡って占領しようとしましたが、領地を奪われ、北上した所を攻め取って領地としました。
相続地の配分が終わる
イスラエルの民の領地の配分が終わると、民はヨシュアに土地を贈りました。主がヨシュアに望みの土地を与えようと言われていたからです。ヨシュアの求めた土地はエフライム山地のティムナトセラでした


 

| comments(0) | - | 06:00 | category: 【聖書】 |