マナ's Blog

<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

【聖書】神への祈り・ダニエル書2章

ダニエル書2章・・・・・・神に憐みを願い祈ったダニエル
「…天の神に憐みを願い、その夢の秘密を求めて祈った。」2:18

くぅ〜ママのちょっと一言
王は一つの夢で大変不安になりました。国中の知者を皆殺しにしようと思うほどの不安に陥ったのです。王の心を騒がせた夢は歴史の終わり、神の国の到来を表すものでした。
ダニエルは王の夢を解き明かすために友と共に祈ります。そしてその祈りが応えられるのですが、それを王に伝える時に「偉大な神が示してくださった」と王に真の神を紹介しています。王がダニエルにひれ伏し、多くの贈り物をしたのはダニエルが信じている神を敬う行為であったと言えます。難題を前に友と祈ること、また祈りの結果に対して、その栄光を神に帰すことを学びたいと思います。

聖書要約
グッド巨大な像の夢
ネブカドネツァル王の治世2年のこと。王は何度か悪夢を見て不安になり、国中の知者を呼び集めて自分の夢の解釈を求めました。しかし集められた人たちは、「どんな夢か話してくださらなければ解きあかしは出来ない」と言います。王は夢を言い当てないと処刑すると言います。しかし集められた人々は夢を言い当てることはできませんでした。怒りに燃えた王は国中の知者たちを処刑するようにと命じたのです。ダニエルと3人の友人も処刑される運命にありました。しかしダニエルは処刑の責任者にことの次第を聞き、「私が夢の解釈するのでしばらくの時を与えてほしい」と願い出ます。
ダニエルは家に帰り3人の友人と、天の神に憐れみを願い、その夢の秘密を求めて祈りました。すると夜、幻によって秘密が明かされたのです。ダニエルは神を称えて、感謝の祈りを捧げました。ダニエルは王にそのことを伝えるために王の元に行きました。解釈を求める王に対して、ダニエルは「王が求めておられる夢の解釈の秘密を明かしてくださるのは天の神様です。神が王に将来起こることを知らせようとされたのです。王は夢の中で巨大な像をご覧になりました。頭が純金、胴と腕が銀、腹とももが青銅、すねが鉄、足の一部が鉄で、一部が粘土でできていました。王がその像を見ていると巨大な岩が転がってきて像を粉々にしてしまいました。像を打ち砕いた岩は大きな山となって全地を覆いました。その夢の解釈はこうです。金の頭はあなたの国すなわちバビロン帝国、銀の胴と腕はあなたの後に起こる国(ペルシャ帝国)ですが、あなたに劣ります。青銅は次に起こる大三の国で全治を支配する国(ギリシャ帝国)です。鉄と粘土はこのように分裂する国(ローマ帝国)を表しています。人の力ではない岩はこれらの国を粉々に滅ぼし、この世界を支配する、決して滅ぼされることのない国となります。偉大な神がこれから世界に起こることを王にお知らせになったのです。」これを聞いた王はダニエルにひれ伏して言いました「ダニエルよ、この秘密を明らかにされたおまえの神は王の王だ」と言い、ダニエル高い位につけ、多くの贈り物をしました。3人の友人たちも行政官に任命してもらいました。

【聖書】 | comments(3) | -

【聖書】主に従ったダニエル・ダニエル書1章

ダニエル書1章・・・・・・主に従うことを守ったダニエル
「彼らは常に国中のどの占い師、祈祷師よりも十倍優れていた。」1:20

くぅ〜ママのちょっと一言
ダニエルは「神裁きたもう」という意味があります。他の3人の友人もそれぞれ意味ある名前でしたが、捕囚となり名前を変えられます。それは偶像に関連する名前でした。これほど屈辱があるでしょうか。食べ物も偶像にささげられた食物を食べさせられることになったのですが、ダニエルはそれを食べずにすむ方法を模索し阻止しました。主に従うことを決心する者に主は知恵を授け、守ってくださるのです。ダニエル書は全ての主権は神にあること。また異文化においてもなお、信仰と服従と献身の生活を送ることの意味と、それによる救い主イエスキリストの救いを指し示しています。

聖書要約
グッドバビロンの宮廷でのダニエル
ユダの王、ヨヤキムの治世3年のことです。バビロンの王がエルサレムを攻めてきて、神殿の祭具の一部を持ちだして、自分の宝物庫に収めました。また王は侍従長に命じて捕囚として連れてきたユダヤ人の中から若者から、王族、貴族の出身で、丈夫な体、美しい容姿、才能と知恵があり、知恵と理解があり、宮廷につかえる能力のある者を選びださせました。その少年たちにカルディアの言葉と文学を学ばせました。このように選ばれた若者の中にダニエル、ハナンヤ、ミシャエル、アザルヤの4人がいました。侍従長は4人の名前をペルテシャツァル、シャドラク、メシャク、アベド・ネゴと変えて呼びました。その教育機関の3年間、王の調理場から最上の食物とぶどう酒が支給されましたが、この4人は王の食事で自分たちを汚すことがないようにと決心して、侍従長に願い出ました。侍従長は「王が決められた食事を食べないために、他の若者よりあなた方が青白い顔になり、痩せてしまったら私が首を切られるかもしれない」と言いましたが、ダニエルは10日間野菜と水だけの食事をした後、他の若者と比べてほしいと頼んだのです。10日が過ぎましたが、ダニエルと3人の友達は他のどの若者より健康状態が良かったのです。ダニエルたちは肉と酒を除いた食事を食べることを許されました。この4人の才能は優れており、特にダニエルは夢を解くことが出来ました。教育期間が終わった後、王は彼らと語りあいましたが、この4人に並ぶ者はいませんでした。王は知恵と理解力が求められることがあれば彼らに意見を求めました。彼らは国中のどの占い師、祈祷師よりも10倍優れていました。
ダニエルはキュロス王の元年まで王に仕えました。

【聖書】 | comments(1) | -

【聖書】主がそこにおられる・エゼキエル書48章

エゼキエル書48章・・・・・・主がそこにおられると呼ばれる。
「この都の名は、その日から「主がそこにおられる」と呼ばれる」48:35

くぅ〜ママのちょっと一言
エゼキエル書の最後の幻は土地の分配です。ヤコブの正妻、レアとラケルの子どもが神殿の近くに、側妻のビルハとジルパの子どもは遠くの土地が与えられます。しかし「神殿から遠くなるほど川の水量は増す」と前章で書かれていたように、神の恵みは隅々まで行き渡たります。この町の名は「神の都」と呼ばれます。神が共にいてくださるというエルサレムの回復の幻は捕囚の民の何よりもの希望になったことと思います。
どんなときにも神が共にいてくださることを確信することこそがクリスチャンの生きる希望なのです。

聖書要約
イスラエルの各部族に割り当てられた土地のリストは次の通りです。北の端からダン族、アシェル族、ナフタリ族、マナセ族、エフライム族、ルベン族、ユダ族、ユダ族に境界線にそって献納地があり、その中心に神殿があります。この地域は祭司の土地です。そこに隣接してレビ人の土地があります。その献納地の南側は一般用の土地で、農園や牧場があり、誰でもこの農園で働くことが出来ます。残りの部族である、ベニヤミン族、シメオン族、イサカル族、ゼブルン族、ガド族が南の境界線までの土地が割り当てられます。町の門にも各部族の名前が付けれらます。都の周囲は9キロあり、町の名は「神の都」すなわち「神がそこにおられる」と呼ばれます

【聖書】 | comments(0) | -

【聖書】源泉・エゼキエル書47章

エゼキエル書47章・・・・・・命を生かす水の源泉は
「この川の流れる所ではすべてのものが生き返る」47:9

くぅ〜ママのちょっと一言
神殿から流れ出る水は死海にまで達しました。本流だけで支流から合流する水がないのに、どんどん水かさが増していくのです。そしてこの命の水は生き物を生き生きとさせ、木々をおおい茂らせてくれるのです。この流れは主から流れ出る恵み、祝福です。私たちはこの流れのほとりにいることで生き生きと生きることができます。その源泉である神に感謝しながら、神の恵みの中で生きて行くことが幸せな人生なのだと思います。

聖書要約
グッド命の水
彼は私(エゼキエル)を神殿の入り口に連れ戻しました。見ると、神殿の下から東に向かって水が流れていたのです。水は祭壇の南側を通り、東の門から南側を通って、東の方に流れていました。流れに従って500m進むごとに、水かさを測ると、くるぶしから膝、腰、そして立てないほど深さになっていました。川岸を連れ帰られる時に川岸を見ると、沢山の木が茂っていました。その人は言いました。「この水は死海に注いでいるが、死海の水を浄化して魚が住めるようになる。神殿から流れ出る川のほとりの果樹の葉は枯れず、毎月ごとに新しい実がなる。その実は食用に、葉は薬用になる」と。
グッド嗣業の割り当て
主なる神はお語りになりました。「あなたたち12部族は平等に1区画ずつの土地を分配する。但しヨセフは2倍の土地を与える。」と。そして東西南北の土地の境界線を示された。さらに主は、イスラエルの民と一緒に住んで子をもうけるほど定着している外国人にも土地を与えるように言われました。

【聖書】 | comments(0) | -

【聖書】毎朝ごとに・エゼキエル書46章

エゼキエル書46章・・・・・・献げ物を朝毎に
「あなたは、朝毎に無傷の一歳の仔羊一匹を、日ごとの焼き尽くす献げ物として、主にささげなければならない。」46:13

くぅ〜ママのちょっと一言
安息日、新月祭や日ごとの礼拝の仕方や、献げ物の規定、また土地を譲渡してはならないと言う規定、そして祭司とレビ人の調理場について書かれています。
君主は民を代表して朝ごとに献げものをします。
現代のクリスチャンも朝ごとに祈りを献げます。私の朝の祈りは、新しい朝を与えられたことの感謝と今日一日が主に守られ導かれますようにということ。また自分だけではなく、心に思う人々についても執り成しの祈りを献げます。最後に今日も私の命を主の栄光のために用いてくださいということを、私たちのために十字架にお架かりになったイエス様の御名前を通して主に祈るのです。

聖書要約
神はこうお語りになりました。内庭の東向きの門は労働をする6日間は閉めておき、安息と新月歳のときだけに開けるように。君主は外側の門から入り内側の門柱の外側まで進み出て、祭司が焼き尽くす献げ物と和解の献げ物をささげている間、立ってなれればなりません。そして門の手前で礼拝した後出て行きます。門は夕方まで開けておいて、民が門の入り口のところで主に向かって礼拝できるようにしておきます。君主が民を代表して、安息日、新月祭に献げる物、進んで献げる物、毎朝ごとに献げるものについては、それぞれ雄牛、雄羊や小麦、油の種類や量などの規定があります。
また土地は相続という形以外の譲渡は禁止します。もし君主が土地の一部を家臣にゆずってもヨベルの年(解放の年)には王に返さなければなりません。また君主とは言え、民の土地を奪ってはいけません。
またエゼキエルは北に面した祭司の部屋に連れて行かれました。その内庭には祭司が献げ物を煮たり、穀物を焼いたりする場所が、また外庭にはレビ人が神殿に仕える者たちのため献げられた物を煮る場所がありました。

【聖書】 | comments(0) | -

【聖書】聖なる献げもの・エゼキエル書45章

エゼキエル書45章・・・・・・聖なる献げもの
「あなたたちが、国を嗣業として割り当てるときは、土地の一部を聖なる献げ物として主にささげなければならない。」45:1

くぅ〜ママのちょっと一言
ヨシュアが約束の地に入った時にも土地の分配がありましたが、また民に土地が分け与えられます。それに先だって聖域とする土地を主に捧げます。聖域の中心は聖所、その周りに祭司、そしてレビ人の土地、その両側に君主の土地が割り当てられます。国の中心は聖所であって、君主ではないのです。もともとイスラエルには王がなく、神が国の中心でした。私たちも自分自身の中心に、金銭欲や自分自身を置くのではなく、神さまをお迎えしたいと思います。それがキリストを信じてクリスチャンとなった者の生きた方です。

聖書要約
グッド聖域
イスラエルの12部族に土地が割り当てられるときのことですが、まず土地の一部を聖なる献げものとして主に捧げなければなりません。その土地は長さ12.5Km,幅5Kmが全体の広さで、その中心290m四方が聖所となり、その周囲に29m幅の空き地を作ります。神殿は長さ12.5km,幅5Kmの土地に建てます。この区域は聖なる地で祭司が住みます。隣接するところにレビ人の居住地を作ります。聖なる区域と町の区域の間の特別区は君主の土地となります。残りは民のものです。君主は土地を奪ったりだましたり、家を追い出すようなことをしてはならないと言われます。
グッド祭りと献げもの
正確な天秤やますを用いなさい。またあなた方が捧げる献げものについて、小麦、大麦、油、羊についての規定が示されました。また君主は神と民が和解するために公な場で献げものをしなければなりません。また祭りの時にも献げ物をする義務があります。また毎月一日に傷のない雄牛を献げ、神殿を清めなければならなりません。毎月14日には過ぎ越しの祭りを守らねばなりません。7日間酵母が入っていないパンを食べ、罪の赦しのための雄牛を献げます。また7日間傷のない雄牛7頭と雄羊7頭を焼き尽くす献げ物を捧げます。また雄やぎ1頭も罪が赦されるために献げます。また君主はオリーブ油と穀物の献げ物もします。

【聖書】 | comments(0) | -

【聖書】神の栄光・エゼキエル書43章

エゼキエル書43章・神の栄光

くぅ〜ママのちょっと一言
主の栄光が去っていった東の門の方から、主の栄光が現れ、神殿に入りました。主はイスラエルの神となるために、民が罪に気づき、悔い改めることを求められ、次に祭壇の上で7日間血が流され、肉が裂かれ、焼かれることによって主に近づく者が完全に清められていることが求められています。
神との新しい契約に生きる私たちは、もう祭壇で動物の血を流す必要はありません。イエスキリストが、十字架の上で血を流され、肉が裂かれました。その十字架の死を信じることで、聖い者とされるからです。なんという恵みでしょうか

聖書要約
グッド主の顕現
彼は私を東の門に連れ戻しました。すると突然、イスラエルの神の栄光が東の方に現れました。それはケパル川で、また町を滅ぼすために来られた時に見た幻と同じでした。私はひれ伏しました。主の栄光は東の門から神殿の中に入られたのです。私は内庭に連れて行かれました。そこで神殿の中から語りかける声を聞きました。「人の子よ、ここは私の王座、永遠に私がイスラエルの民の間に住む場所である。彼らは壁一つ隔てた所で偶像を礼拝した。私は怒り、彼らを滅ぼした。それらの物を取り除きなさい。そうすれば私はあなた方と共に住む。人の子よ。彼らに神殿の構造や作り方を示しなさい。彼らが自分たちのしたことを本当に恥じるなら、それらのことを漏らさず話しなさい。そして今から最も大切な神殿の神聖な領域について話す。」と言われ、祭壇の大きさ、土台、溝、炉、これを支える中段、祭壇の階段の向きについて語られたのです。また彼は、「人の子よ、捧げものを捧げる祭壇の掟を話す。祭壇に近付けるのはレビ人だけである。まず雄牛の血によって祭壇を清める。その雄牛は聖所の外の決められた所で焼く。二日目に無傷の雄山羊の血で祭壇を清める。その後、全焼のいけにえとして無傷の若い雄牛と雄羊を捧げ、その上に塩をまく。7日間繰り返し、8日目に民のために全焼のいけにえと和解のいけにえを捧げなければならない。そうすれば私はあなた方を受け入れる。」と主は言われました。

【聖書】 | comments(0) | -

【聖書】聖なるもの・エゼキエル書42章

エゼキエル書42章・・・・・・聖なるものと俗なるもの
「聖なるものを俗なるものから区別するためであった。」42:20

くぅ〜ママのちょっと一言
測量の最後は祭司が使う2つの部屋に案内されます。北と南に同じ大きさで建てられたこの部屋は祭司が聖なる物を食べ、聖なる事のために服を着替えるためのものでした。またこの建物の全体は聖なるものと俗なる物を区別するため外壁で覆われていたと書かれています。クリスチャンは俗なる世界で生きていますが、俗なるものに犯されることがない聖域を持つ必要があると思います。たとえば、祈ることであったり、日曜日の礼拝であったり。ここだけは譲れないのです。

聖書要約
それからその人は私を神殿から連れ出し、内庭の北側の建物に連れて行き、その大きさを測りました。建物の裏には階段式の部屋があり、上に行くほど狭くなり、その分テラスが広く取られていました。
神殿を挟んで南側にも同じ建物がありました。北と南の階段式の部屋は特別清められた部屋であり、聖なる捧げ物が捧げられ、祭司がそれを食べる部屋でした。また祭司が聖所に出入りする時の着替えの場所でもありました。
その人は神殿を測り終えると、今度は神殿の周囲を測り始めました。それは正方形で一辺が500アンマでした。聖なるものと俗なる者を区別するために塀で囲われていました。

【聖書】 | comments(0) | -

【聖書】神殿の規模・エゼキエル書41章

エゼキエル書41章・・・・・・神殿の規模
「回廊となっている神殿の脇間は上にいくほど広くなっており、神殿は各階ごとに回廊がついている」41:7

くぅ〜ママのちょっと一言
門の階段を7段上って外庭に入り、さらに8段上って内庭に入り、さらに10段上って聖所に入り、その奥に至聖所があり、その扉は2枚の折りたたみ式であったということで、主のみ前に出る心構えを求めるような構造になっているとのことです。なつめやしはオアシスを、ケルビムは主の臨在を表します。この幻で示された神殿は栄華を極めたソロモンの神殿と同じ規模とのこと。全てを失った捕囚の民にそんなことが可能でしょうか。
今まで自分を支えていたと思っていた物を全て失った所で主に出会い、主に従う人生を歩み始めた時に、主は不思議な方法で祝福してくださることは多くのクリスチャンが経験していることではないかと思います。捕囚の民のその後も不思議な方法で主の恵みが与えられるのです。

聖書要約
その人は私を神殿の中央の大広間の拝殿に連れて行き、入り口の壁柱や玄関の間口などを測りました。またその人は本堂の奥の部屋に入り、入り口や廊下や部屋の大きさを測り、これが至聖所だと教えてくれました。神殿の外側には脇間が囲うようにあって、3階建てになっていた。脇間は神殿から出た突き出た所で支えられたようになっていた。上に行くほど脇間は広くなり、神殿の壁は狭くなっていた。神殿が高台の上に立てられていた一番下の脇間でも高台にあるのが見えました。
神殿の西側には別殿がありました。神殿の東側には内庭がありました。神殿の拝殿にも至聖所にも玄関にも格子窓が付けられており、壁には二つの顔を持つケルビムとなつめやしの木が交互に彫刻され、神殿の内壁全体を覆っていた。拝殿の入り口の柱は四角で、至聖所の前には木製の祭壇のような物がありました。その人は「これは主の前に置かれた聖卓だ」と教えてくれました。拝殿には2枚の扉があり、聖所にも2つの折りたためる扉があり、拝殿の扉には壁と同様にケルビムとなつめやしが刻まれていました。廊の両側と神殿の脇間の屋根にはなつめやしの模様がほどこされていました。

【聖書】 | comments(1) | -

【聖書】幻・エゼキエル書40章

エゼキエル書40章・・・・・・主の示される幻
「人の子よ、自分の目で見、自分の耳で聞き、わたしがこれから示す、すべてのことを心に留めなさい。」40:4

くぅ〜ママのちょっと一言
イスラエルの民が捕囚となって25年の歳月が流れました。故郷エルサレムは荒れ果てたままでした。そんな時エゼキエルは神から神殿再建の幻が示されたのです。
今がどんな状況であったとしても主が示される希望を信じることが信仰だと思います。幻を信じ切れるかどうかだと思います。エゼキエルは神殿の幻を信じました。私もまだ見えていない主が与えてくださる希望を信じて生きて行きたいと思います。

聖書要約
グッド新しい神殿の幻
捕囚となって25年目、エルサレムが占領されて14年目に神の手が私の上に置かれ、幻の中で主は私をエルサレムに連れて行かれ、高い山に降ろしてくださいました。そこから南側を見降ろすと、都が見え、青銅のように輝く人が神殿の門をそばに巻き尺と物差しをもって立っていました。そして私に言いました。「人の子よ、私が見せる者を心に留めよ。そしてそれをイスラエルの人々に告げよ。そして人は神殿の外側を測り始めました。神殿の東側に正門があり、その両側にはそれぞれ3つの控室がありました。北側の門にも南側の門も同じでした。
内庭にも同じく東と北と南に門があり、外庭より8段高くなっていました。南に向いている部屋は神殿の務めをする祭司の部屋、北に向いている部屋は祭壇の務めをする祭司の部屋になっていました。神殿の前には祭壇がありました。

【聖書】 | comments(0) | -