<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
【聖書】歴代誌下25章

歴代誌下25章・・・・・・主の御計らいを忘れたアマツヤ王
「主はそれより多くのものを与えることがおできになります」25:9

くぅ〜ママのちょっと一言
アマツヤは預言者の助言どおり、雇ったイスラエルの兵士を帰還させ、主が共にいてくださることに期待して、勇気を振り絞って戦って勝利しました。まさに主の勝利でした。にもかかわらず、自分の民も救えなかったようなセイルの神をなぜユダに持って来てそれを拝もうとしたのでしょうか。偶像は荘厳に見えたりきらびやかさが如何にもご利益のあるように見えます。そのような目に映るものに惑わされてしまったのでしょうか。喉もと過ぎればと言いますが、本当に人間の知恵の浅はかさを見ます。どうしようもないような難問の前に心細くなったとしても、解決した瞬間、当然の解決のように思えて感謝が少ないということがあります。目には見えませんが、色々な災いや困難から私たちを救い出してくださる主の御計らいを決して忘れないようにしたいです。

聖書要約
ユダの王アマツヤ
ヨアシュの子のアマツヤは25歳で王となり29年間ユダを治めました。母はエルサレム出身でした。アマツヤは主の目に適うことをしましたが、いつも本心からしたとは限りませんでした。
王は地位が安定すると父を殺害した者を処刑しました。しかしその子達はモーセの掟に従って殺しませんでした。次に王は軍隊を再編成しました。ユダの20歳以上の兵士と、イスラエルからも兵士を雇ったのです。しかし預言者が「イスラエルの兵士が共に戦いに出たら、神は我らを助けてくださらないでしょう」と忠告しました。王は雇い入れたお金を惜しがりましたが、「神はそれ以上のものを与えてくださる」という預言者の言葉を聞いてイスラエルの兵士を帰します。強制送還されたイスラエルの兵士はユダの町の幾つかを攻撃して略奪したのです。
 一方アマツヤは勇気を振り絞ってセイルの兵士と戦い勝利します。ところがアマツヤはセイルの神をユダに持ち込みそれにひれ伏して香を焚いたのです。預言者の忠告も聞きません。さらにアマツヤはイスラエルの王に戦いを挑みます。「セイルを撃ったからといって思いあがってはいけない」とイスラエルの王は言いますが、アマツヤは聞き入れず軍を差し向けます。これは神がされたことで、神が彼を敵の手に渡そうとされていたのです。結果はユダの惨敗でした。王は捕らえられ、神殿のすべての物はサマリヤに持ち去られたのです


 

| comments(1) | - | 00:00 | category: 【聖書】 |
【聖書】歴代誌下24章

歴代誌下24章・・・・・・責任の追及
ゼカルヤは死に際して言った。「主がこれをご覧になり、責任を追及してくださいますように」24:22

くぅ〜ママのちょっと一言
若き日のヨアシュは祭司ヨアダの指導の下で、主に喜ばれる王だったのですが、ヨアダの死後、その信仰は崩れ去ります。そのヨアダの子であるゼカルヤの忠告も聞く耳持たず、殺してしまいます
その時のザカルヤの言葉は「彼らの悪に報いてください」という報復の祈りでした。
時は流れ、主はイスラエルの民が罪の悔い改めをするようにと、わが子イエスをイスラエルの民にお遣わしになりました。その時も民は聞く耳持たず、イエスを十字架に架けてしまったのです。しかしその時のイエスの祈りは「父よ彼等をお赦し下さい。彼らは何をしているか、分からないのです」でした。イエスは私たちに報復の生き方から、敵をも愛し、許す生き方を示してくださったのです。主が私たちに与えてくださったこの赦しの恵みを信じるときに、私たちの人生は人を許し、愛する生き方へと変えられるのです。

聖書要約
ユダの王ヨアシュ
ヨアシュは7歳で王位につき、40年間エルサレムを治めました。祭司ヨアダが生きている間、王は主が喜ばれることをしました。妻や子にも恵まれました。ヨアシュは主の神殿の修復に取り掛かろうとします。と言うのは悪王アタルヤが神殿を荒らし、聖なる物をバアルのものとしてしまっていたのです。王はレビ人にモーセが定めた神殿の税を徴収するように命じますが、うまくいかず、王は神殿に箱をおき定めた税を納めるように呼びかけました。高官たちも民達も喜んで治め、毎日献金が集まりました。それを工事担当者に手渡し、神殿の修復をしたのです。残った献金が王と祭司の下に戻されましたので、それで神殿の祭具が作られました。ヨアダは長寿を全うして死に、ダビデの町に諸王と共に葬られました。
 ヨアダの死後、ユダの高官たちはヨアシュ王に近づき、主から離れ、主の神殿を捨てて、アシュラ像に仕えるように仕向けました。預言者が次々と王に遣わされますが、王の耳には入りません。また祭司ヨアダの子ゼカルヤが主から遣わされ、「主の戒めを守らなければあなた方は栄えない」と、民に説いたのですが、なんと王の命令で、ゼカルヤは石で打ち殺されてしました。ゼカルヤは死に際して「主がこれをご覧になり、責任を追及してくださいますように」と祈ります。
その後アラムがヨアシュに向かって攻めてきました。主はアラムの手にユダを渡されました。重症を負ったヨアシュはゼカルヤを殺害したことに心痛める家臣たちによって殺害されるのですが、王の墓には葬られることはありませんでした。


 

| comments(0) | - | 00:00 | category: 【聖書】 |
【聖書】歴代誌下23章

歴代誌下23章・・・・・・律法の書を手にした王
「…そこで彼らは王子を連れて現れ、彼に冠をかぶらせ、掟の書を渡して、彼を王とした」23:11

くぅ〜ママのちょっと一言
アハズヤの子であるヨアシュが数奇な運命を経て即位します。ダビデの家系が途絶えることがこれで阻止されたのです。ヨアシュがアタルヤの手から逃れ、生き延びたのも、クーデターが成功裡に終わったのも主の導きであったことを歴代誌史家は伝えようとしています。即位式の時に律法の書を手渡した所が印象的です。そのことと最後の一行の「町は平穏であった」が繋がって読むことができます。
政治の世界や企業の経営など、そのリーダーが何に手を置くかということが大切だと思うのです。自分自身の力や知恵に手を置くことほど不確かで、恐ろしい事はないのではないかと思います。また道徳や倫理など人が作り出したものに手を置くのも、物の本質が捉え切れなかったり、説得力に欠けると感じることがあります。やはり主が与えてくださった聖書に手を置き、それに心から従うリーダが本当の平和を作り出していくことを期待したと思うのです。

聖書要約
アタルヤ女王の即位7年目に、祭司ヨヤダは軍の指揮官数人と密約を結びました。またユダを巡り歩いてレビ人や氏族長たちをエルサレムに集め、ダビデに連なる者が王位につくことが宣言され、会衆と契約が結ばれたのです。その後、ヨアシュの即位式の準備が着々と進められます。そしてついにその日、王子を連れ出して、律法の書を手渡し、冠をかぶらせました。ヨアダとその息子達が王に油を注ぎ、「王万歳」と叫び、吹奏隊、詠唱者が並び、民は喜び祝って王を称えたのです。
その声を聞いたアタルヤは「謀反、謀反」と叫びましたが、アタルヤは捉えられ神殿の外で殺されます。ヨアダはバアルの神殿を破壊し、主の神殿の監督を祭司とレビ人に委ねました。彼らはダビデの指示に従って献げ物をしました。その後町は平穏になりました

| comments(0) | - | 00:00 | category: 【聖書】 |
【聖書】歴代誌下22章

歴代誌下22章・・・・・・神殿匿われて成長したヨアシュ
「…ヨアシュは彼らと共に神殿の中に隠れていた。」22:12

くぅ〜ママのちょっと一言
アハズヤの年齢は42歳となっていますが、おそらく父の年などから考えても22歳という説の方が有力とのことです。若い王でしたので、父なきあと、母方の実家が後見人として口を挟むことになりました。母方はオムリ王朝の流れを汲み、ちょうど北ではアハズの治世でした。どのような考えを聞きながら成長するかはとても大切なことだと思います。オムリ王朝は主の目に悪とされる王でしたので、アハズヤはその影響を受けてしまいました。私たちもだれの影響を受けるかで人生の組み立て方が違ってきます。私たちは主の目に良いとされることに影響を受けながら、主の価値基準を私の人生の土台に据えて人生を積み重ねていきたいものです
ユダの王家の者が皆殺しに遭うというような中でもアハズヤの子であるヨアシュは神殿の中で匿われて成長します。ダビデの子孫を絶やすことなく、神のご計画が着実に遂行していることにも心を留めたいと思います。

聖書要約
ユダの王アハズヤ
ユダではヨラムの死後、その子アハズヤが王となりました。アハズヤは22歳(42歳は間違いである可能性が高いので)の若さで王となったため、母方のアハブ家の助言を受けて国を治めようとしました。その結果、アハズヤはアハブの影響を受けて主の目に悪とされることを行ったのです。アハズヤはアハブの勧めで、アハブの子ヨラムと同盟を結びアラムのハエザルを攻めました。しかしヨラムはこの戦いで負傷してしまいます。イズレエルで病床にあるヨラムをアハズヤは見舞いに行くのですが、ここでアハズ王と出会い、彼と手を組んでニムシの子イエフを討つ事にしたのです。しかしイエフはアハブの家を裁くために主から遣わされた者でした。アハズヤはイエフに殺されてしまいます。
祭司ヨヤダとアタルヤ
アハズヤの母アタルヤは息子の死後ユダの王族を皆殺しにして政権を握ってしまいました。しかしアハズヤの子であるヨアシュは助けられ、神殿で匿われて成長します。アタルヤが政権を握ったのは6年間でした。

 

| comments(0) | - | 00:00 | category: 【聖書】 |
【聖書】歴代誌下21章

歴代誌下21章・・・・・・惜しまれることなく世を去ったヨラム王
「彼は32歳で王となり、8年間エルサレムで王位であったが、惜しまれることなく、世を去った」21:20

くぅ〜ママのちょっと一言
この世を去るとき、人々がどのように見送ってくれるかは、どのような人生を歩んだかを表していると思います。ヨラム王は惜しまれることなくこの世を去ったとありますが、自分の地位を獲得する為に兄弟たちを殺害し、民を主への信仰を揺るがせ偶像礼拝の罪に陥らせるなど、決して穏やかとは言えない人生でした。エリヤの預言通りです。北王国での預言者エリヤとアハズ王との対決は列王記上に書かれているとおりですが、エリヤは南王国のヨラムにも預言をしたのです。
人の一生は長いようで短いものです。家族や周りの人たちに喜んでもらえるような一日一日を積み上げていくことによって、この世での別れの時には少しは惜しまれて去っていきたいなあと思います。

聖書要約
ヨシャファトは先祖と共に眠りその子ヨラムが王となりました
ユダのヨラム
ヨラムには6人の兄弟がありましたが、父ヨシャファトは長子のヨラムに王位を与え、他の兄弟にはユダの砦の町や財産を与えました。しかし王になったヨラムは彼の兄弟たちや高官たちを殺害してしまいました。またヨラムはイスラエルのアハブ王の娘を妻とし、アハブが行ったように主の目に悪をされることを行いました。しかし主はダビデと結んだ契約のゆえにダビデの家を滅ぼされる事はありませんでした。
その頃エドムとリブナが反旗を翻してユダの支配から脱していきました。それはヨラムがユダのあちこちに偶像の宮を建てて、国民に偶像礼拝を強いたからです。
預言者エリヤからの手紙がヨラム王に届きます。それはヨラムが偶像礼拝を国民に強要したことと、兄弟を皆殺しにしたことのゆえに、ユダを大災害で滅ぼすことと、妻子や財産が奪われること、王自身も重い腸の病気で死ぬことが預言されていました。その通りユダはペリシテとアラムに攻撃されて、後にのこったのはヨラムの年少の子ヨアハズだけでした。
その後王は腸の病気になり苦しみながら、民には惜しまれることなくこの世を去ります。遺体は王の墓には納められることはありませんでした。

| comments(0) | - | 00:00 | category: 【聖書】 |
【聖書】歴代誌下20章

歴代誌下20章・・・・・・神の戦いである
「これはあなたたちの戦いではなく、神の戦いである」20:15

くぅ〜ママのちょっと一言
「神の戦い」という言葉が出てきますが、主が戦ってくださると言うのはなんと心強いことかを思います。モーセの出エジプに際しても主が戦ってくださいました。「恐れてはいけない。しっかり立って、きょう、あなたがたのために行なわれる主の救いを見なさい。あなたがたは、きょう見るエジプト人をもはや永久に見ることはできない。 主があなたがたのために戦われる。あなたがたは黙っていなければならない。」出エジプト14:13、14
ヨシュアのカナン征服の戦いも全て主の戦いでした。ヨシュアは晩年23章で「あなたたちの神、主が約束されたとおり御自らあなたたちのために戦ってくださるからである」と言っています。
そしてイエスキリストの十字架こそ最大の「主の戦い」ではないでしょうか。私たちを神の支配におくため(約束の地に招き入れられるため)に主が戦ってくださったのです。

聖書要約
ヨシャファトの勝利
モアブ人とアンモン人とメウニム人の大軍がユダを攻めてきた時のことです。ヨシャファト王に大軍が近づいてきているという知らせが入った時、ヨシュファトはユダの人々に断食を呼びかけました。王を始め、人々はエルサレムの神殿に集まり、主に求めたのです。王は会衆の前に立ち、主に祈りました。「私たちの先祖の神、全地を支配しておられる神、神の計り知れない力に誰も立ち向かう者はいません。主は私たちが苦悩の中で祈り求める時、必ず助けてくださると私たちは信じています。今モアブ人、アンモン人、メウニム人が攻めてきています。我々が約束の地に入る時にこれらの国に入ることを主はお許しにならなかったので、彼等を滅ぼさなかったのですが、今彼らは我々を追い出そうと攻めてきています。あのような大軍を迎え撃つ力は我々にはありません。ただあなたをあおぐしかないのです」と。その祈りに対して、主の言葉がレビ人ヤハジエルに臨んだのです。「恐れるな。おじけるな。これはあなたがたの戦いではなく。神の戦いである」と。その言葉を聞いたヨシュファト王は地にひれ伏し、主を礼拝し、讃美したのです。翌朝、ヨシャファトは民に「主に信頼せよ、またその預言者に信頼せよ。そうすれば必ず勝利を得ることができる」と言い出陣しました。軍の先頭は聖歌隊です。聖なる衣服をまとい「主に感謝せよ。その慈しみはとこしえに」と讃美して進んだのです。彼らが讃美し始めた時、主は敵陣に同士討ちを起こさせられました。ヨシャファトが大軍に近づいたときには、生き残った者は一人もいませんでした。ユダは戦利品を3日かけて奪い去り、4日目にはベラカの谷で主を称え、そしてエルサレムに凱旋したのです。
ヨシュアファトは35歳で王となり25年間エルサレムで王位にありました。主の目に適う正しいことをしたのですが、丘の上にある偶像の宮を取り除くことはしませんでした。また晩年ヨシュアファト王はイスラエルのアハズヤ王と協定を結び船団を作りました。「主がヨシャファトの事業を打ち破られる」というエリエゼルの預言どおり、タルシシュ行きの船は難破しました。

| comments(0) | - | 00:00 | category: 【聖書】 |
【聖書】悔い改め・歴代誌下19章

歴代誌下19章・・・・・・ヨシャファトの悔い改めの実
「主が善を行う者と共にいてくださるように]19:11

くぅ〜ママのちょっと一言
ヨシャファトは預言者イエフに忠告を受けます。主は義なる方ですから罪を見過ごす事はできません。怒りがあなたに下ると宣言されます。しかし王が悔い改めて生きたことを主はちゃんとご存知なのです。
主の怒りを招くことの多い日々であっても、そのたびに悔い改めの祈りを主にお捧げしたいと思います。また私たちにはイエスキリストの十字架の贖いによって赦しの道が与えられています。主はキリストの十字架を信じる者を罪に処することはなさらないのです。悔い改めによって完全に罪が赦されるという恵みを心から感謝してお受け取りしたいと思うのです。

聖書要約
エルサレムにおけるヨシャファト
無事にエルサレムに帰ってきたユダの王ヨシャファトは預言者イエフから「神を憎む者と友となり、助けるとは何事ですか。主の怒りがあなたに下ります。しかしあなたは、この地から偶像を取り除くという良いことをしたことも主はご存知です」と忠告を受けます。ヨシャファトは二度とイスラエルを訪問する事はなくエルサレムに留まりました。
そしてベエル・シェバからエフライムの山地まで巡り、主に立ち返るように民に説いたのです。また主要な町には裁判官を置きました。そして「主から任命を受けたのだから主のみ心に反するような判決を下すことがないように。そして不正や不公平、賄賂などの不始末がないように」と訓示しました。王はエルサレムにも裁判所を設けました。そして「裁判官は主を畏れ、誠意をこめて行動するように。また各地の裁判所から訴訟が持ち込まれたら、事実を確かめて、彼らが正しい判断が下さるように助けてあげなさい。彼らに主の怒りが下ることがないようにしてやりなさい」と教えました。
また王は、不敬罪は祭司のアマルヤ、民事訴訟はゼバドヤが最高責任者として、そしてレビ人を書記に任命しました。「主が善を行う者と共にいてくださいますように」と王は言いました。

| comments(0) | - | 00:00 | category: 【聖書】 |
【聖書】歴代誌下18章

歴代誌下18章・・・・・・アハブ王と歩調を合わせた合わせたヨシャファト王
「…ラモド・ギレアドを攻め上ろうと誘った」18:2

くぅ〜ママのちょっと一言
列王記上22章に並行記事が書かれています。天ではアハブが敵の手で殺されることが分かっていました。預言者もうその預言をするように主の霊が働いていたのです。しかしヨシャファトはそのようなアハブと婚姻関係を結び、また一緒に戦おうとしたのです
あなたがたはこの世に倣ってはいけません」(ローマ12:2)と新約聖書が教えています。ヨシャファトは主を信じていないアハブと婚姻関係と結んだり、一緒に戦うことに同意したり、主の預言者が牢に入れられるのを止めようとしなかったりして、この世に倣い、この世と歩調を合わしてしまったのです。ヨシャファトはその戦いで殺されそうになります。私たちはどんな時でもまず主の御心を求め、しっかり主の側に立ち、行動を考えていきたいと思います。

聖書要約
預言者ミカヤとアハブ王の死
ヨシャファト王は財産が増え、国も栄えました。彼はイスラエルのアハブ王の娘を息子の嫁にし婚姻関係を結びました。ある時ヨシャファトがアハブを訪ねたときのことです。アハブ王がラモト・ギレアドを一緒に攻めようと言います。ヨシャフトは「私はあなたと一体です」と、共に戦うことに同意しました。戦う前に、ヨシャファトはアハブ王に主の言葉を求めるように言います。そこでイスラエルの預言者が呼び集められました。預言者たちは口を揃えて王の勝利を預言しました。ヨシャファトは他の預言者はいないのかと尋ねると、王はミカヤという預言者がいることを告げます。しかし王はミカヤを嫌っていました。王に災いが下ることばかり預言するからです。ヨシャファトが尋ねたので、王はミカヤを呼びました。ミカヤは本当のことを言うように王から言われ、この戦いで王は死ぬことを預言します。そして天ではアハブ王お抱えの全ての預言者が偽りの預言をするようにとり計られたと話しました。それを聞いた王は怒り、ミカヤを牢に入れ、わずかな食料で王が帰ってくるまで生き延びさせておくように言います。
いよいよ出陣です。アハブ王は「自分は王の格好でなく、変装します。あなたは王の服装で戦いに出てください」と言ったのです。戦いに出てみると敵軍はヨシャファトをアハブ王と思い、包囲しますが、ヨシャファトが主を呼び求めると、主はヨシャファトを敵をから守られました。一方一人の兵士が何気なく引いた矢でアハブ王は痛手を負って息絶えてしまったのでした。

| comments(0) | - | 00:00 | category: 【聖書】 |
【聖書】歴代誌下16章

歴代誌下16章・・・・・・善王アサの失敗
「あなたはアラム王を頼みとし、あなたの神、主を頼みとしなかった」16:7

くぅ〜ママのちょっと一言
主の言葉に心を動かされ、主に従ったアサ王でしたが、イスラエルが攻めてきたときはアラムの王に頼ります。そしてそれを指摘された時に、悔い改めなかったことがはっきりと記されています。また自分が病に陥った時も主を求めなかったのです。聖書には「主に癒しを求めず、医者に頼った」とありますが、この医者とは異教の呪術的な偶像信仰とのこと。
私たちは失敗することがあります。また信仰が弱ることもあります。でも悔い改めるチャンスが用意されているのです。いつも主に従う人生でありたいと思いますが、もし不信仰に陥ったり、言動において主を悲しませるようにことがあったなら、心から悔い改めることです。ダビデもバテシバとのことを忠告された時に、心から悔い改めました。順調な時より、失敗した時にどうするかで人生が決まるのだと思うのです。

聖書要約
アサの治世36年にイスラエルのバシャ王がユダに攻め上ってきました。アサは父の時代から同盟を結んでいたアラムのベンハダドに宝物庫から金銀を取り出し贈り物として差し出して、バシャが攻めてこないようにしてほしいと頼みました。ベンハダドは承知して、イスラエルの補給基地を攻略したため、バシャはユダを攻めるのを止めました。
その時先見者ハナニはアサ王の元に来て、「あなたはアラムの王を頼みとして、神を頼みとしなかったので、今後この国は戦争が続く」と主の言葉を伝えたのです。アサは怒りを発し、彼を獄に投じました。
治世39年に、王は重い足の病にかかったのですが、主を求めることはありませんでした。治世41年、アサの生涯は終わります。

 

| comments(0) | - | 06:00 | category: 【聖書】 |
【聖書】歴代誌下15章

歴代誌下15章・・・・・・必ず主の報いがある
「しかし、あなたたちは勇気を出しなさい。落胆してはならない。あなたたちの行いには必ず報いがある」15:7

くぅ〜ママのちょっと一言
アサはアザルヤから主の言葉を聞き、心を燃やされて宗教改革に着手し、主に従うと民と共に契約を結びました。アサはそれまでも主に従ってきた王でしたが、幼くして王になったということもあったのか、このとき再度主に従う決心をしたのでしょう。
クリスチャンとして信仰の生涯を送ろうとしている私たちですが、アサ王がしたように、いつも主の言葉に触れて新たな思いで、主に従うことを決心し続けたいと思うのです。

聖書要約
オデドの子のアザルヤがアサに神の言葉を告げました。「あなたがたが主と共にいるなら、主もあなたたちと共にいてくださる。もしあなたがたが主を求めるなら、主はあなたたちに御自身を示してくださる。しかし、もし主を捨てるなら、主もあなたたちを捨て去られる。主に背いた時は平和がなく、外敵との戦い、内戦、犯罪など苦しみと災いに悩まされるが、勇気をもって落胆せずに主を求めたなら、主はそれに報いてくださいます。」と。アサはそれを聞いて忌むべき像を除き、主の祭壇を新しくしました。そしてユダとベニヤミン、そしてイスラエル側のエフライムやマナセ、シメオンから投降してきた者たちを集めて、主を求めない者は死刑に処せられるという契約を結んだのです。主は周囲から彼らを守られたので、彼らは安らぎを得ました。アサ王の母マアカがアシュラ像を築いた時には、王は母親を太閤から退けました。アサは生涯主に従いました。アサの治世35年まで戦争は起こらなかったのです。

| comments(0) | - | 00:00 | category: 【聖書】 |
Profile
Mobile
qrcode
Others
Search this site
Sponsored Links