<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
【聖書】ヨブ記37章

ヨブ記37章・・・・・・神の驚くべきみわざ
「全能者を見出すことはわたしにはできない。神は優れた力をもって治めておられる」37:23

くぅ〜ママのちょっと一言
前章から自然界に繰り広げられる季節ごとの変化から神の偉大さをエリフは示し、人間の如何に小さい存在かを語っています。本当に自然を前に私たちは無力を認めざるを得ませんし、またその自然から多くの恩恵を受けています。科学万能という言葉がもてはやされる時代を生きている私たちですが、科学が万能でないことに気付き始めた昨今ではないかと思います。自然を前に謙虚になり、また自然と調和を持って生きていく心を持ちたいです。そしてその向こうに神のみ手の業を思うものでありたいと思います。

聖書要約
エリフの言葉です。
私の心はおののく。神の声である雷の音を聞け。稲妻と雷鳴が神の威厳を知らせる。神が雪や夕立、豪雨を地上に降らせると人々は仕事の手を休め野獣は洞穴に避難する。神が息を吹きかけられると川が凍り、神が雲に水分を含ませると、雲は稲妻を撒き散らし、地に行きめぐる。これらの変化は神の懲らしめであり、大地のためであり、我々に恵みを与えるためなのだ。ヨブよ、よく聞け。神の驚くべきみ業をよく見て考えてもらいたい。神は自然界をどのように支配されているのか我々は知らないし、我々は神のように行う事はできない。そして我々は神を見ることも近づくこともできない。法廷で神と争うようなことをしてもどうにもならないことなのだ。人間の知恵は神には無価値なものなのだから。

 

| comments(0) | - | 00:00 | category: 【聖書】 |
【聖書】ヨブ記36章

ヨブ記36章・・・・・・神はすばらしい教師
「まことに神は力に秀でている。神のような教師があるだろうか」36:22

くぅ〜ママのちょっと一言
エリフは「苦難は神の道を示すために神が与えてくださったもの」で、神ほど素晴らしい教師はいないと説きます。苦難を単なる辛い経験として捉えるのではなく、神が私に大切なことを示そうとされていると受け止めるというわけです。『苦しみに会ったことは、私にとって幸せでした。私はそれであなたのおきてを学びました』(詩篇119−71)と詩篇の詩人も言っていますが、苦難をもポジティブに受け止めることができるような笑顔の人生を歩みたいです。

聖書要約
エリフがさらに言葉を続けます。
私を造った方の正しさを説明しよう。神の知恵は完璧だ。神は悪者を祝福せず、神に従う者に名誉を与えられる。もし災いに遭い、奴隷の身となったならば、その意味を示し神の戒めに従うようにされる。もし神の戒めに従うなら一生祝福され繁栄する。もし神の言葉に従わないなら死の川を渡り息絶える。
不信人なものは神の怒りを買い早死にする。しかし神は悩んでいる者を救い出される。そのことによって人は神の言葉を聞くようになる。神はあなたを危険から救い出し、居心地のよいところに連れて行き、繁栄を与えようとされている。ところがあなたは他の人への怒りが高まり、ついには神を愚弄し、あなたを救うことが出来る唯一の方の感情も害してしまっている。苦難の中でも悪に顔を向けないこと、苦難は神の掟を学び、悪の生活からあなたを守る為のものなのだから。神のように素晴らしい教師はいない。神を悪く言うことをせず、心から褒め称えよ。神は偉大なお方で、私たちには神の成されることを知る事はできないが、神は自然界の雨、雲、雷、雷鳴、稲妻などを通して語りかけ、人を罰したり、また祝される。

| comments(0) | - | 00:00 | category: 【聖書】 |
【聖書】ヨブ記35章

ヨブ記35章・・・・・・神を待つ
「あなたは神を待つべきなのだ」35:14

くぅ〜ママのちょっと一言
主は私の全てをご存知であると思うと勇気が沸いてきます。毎日が笑顔で暮らせるとばかりは限りません。涙の日、怒りの日もあります。しかし全てがみ手の中の出来事だと思うと、耐え忍ぶことができます。私たちは明日がどんな日かわかりません。しかし主の手に委ねることによって、明日に希望がわいてきます。今日も上を見上げて主に信頼して一日を終えたいと思います。

聖書要約
エリフはさらに言います。
神の目から見て「私は正しい者としてくださるはずだ」と言うヨブは「たとえ私が過ちを犯したとしても神にとって何の関わりがあるだろうか」とも言った。これは正しいことだろうか。ここにいる皆さんにも言いたい。高い天を見上げてみよ。あなたがたがどんなに罪を犯したとしても神に圧力をかけることはできないし、どんなに正しいことをしたとしても、神に恩を着せることはできない、それは人間同士に関わることにすぎない。虐待される者は悲鳴を上げ、権力者に屈してうめく。しかし神に助けを求めることをしない。確かに神に問いかけた所ですぐに応えてくださるとは限らない。かといって私たちの祈りをお聞きくださっていないと思うのは間違いだ。ましてや神がそのことをご存じないと思うのは大間違いだ。大切な事は神が応えてくださるのを待ち望むことなのだ。

 

| comments(0) | - | 00:00 | category: 【聖書】 |
【聖書】ヨブ記34章

ヨブ記34章・・・・・・一歩一歩を見ておられる神
「神は人の歩む道に目を注ぎ、その一歩一歩を見ておられる」34:21

くぅ〜ママのちょっと一言
3人に話しかけていたエリフですが、次第にヨブへの攻撃を強めていきます。エリフはヨブに罪を認めて神に懺悔することを勧めていますが、それはヨブに限らず自分自身も然りであり、私たちも同じなのです。私たちは「私の知らない所でもし罪を犯していたなら、主よ、どうぞお赦し下さい。」「私が気付かない所で人を傷つけていたとしたらどうぞ、お赦しください」と祈ります。そのような罪も含めて、罪を犯さない人は一人もいないのです。だからこそキリストイエスの十字架の贖いの死を信じることによってそれらの罪が赦されている事が如何に幸いなことかと思います。

聖書要約
エリフが続けて語ります。
「知恵ある人は私の言葉を聞いていただきたい。私たちは何が正しいことなのか判断しなければならない。ヨブは「自分は潔白なのに神から罰を受けている」と言い、また神に逆らう者と親しくして、「神に喜ばれることをしても何の利益もない」と言っている。さて皆さん全能の神に過ちなどあるだろうか。神はおのおのの歩みに従って報いをお与えになる。神が罪を犯す事は決してない。ただ神だけが地上を支配する権威を持ち、正義を持って全世界を治める。神が正義を憎んだら支配者としての資格があるだろうか。神はどんな人も公平に見られる。神が人をお造りになったからだ。人はあっという間に死ぬ。身分の高い人も低い人も…神は何もかもご存知で、国を滅亡から救うことも、また滅亡させることもおできになる。
そのような偉大な神に人はなぜ「私は罪を犯しました。もういたしません」「私がどんな悪いことをしたのかわからないので教えてください。悔い改めますから」と言わないのだろう。ヨブの言葉は思慮にかけている。それに神を悪く言ったのだからそれだけでも厳罰を受けて当然だ。

| comments(0) | - | 00:00 | category: 【聖書】 |
【聖書】ヨブ記33章

ヨブ記33章・・・・・・魂を救ってくださる主
「しかし神はわたしの魂を滅亡から救い出された。わたしは命を得て光を仰ぐ」33:28

くぅ〜ママのちょっと一言
これまでの3人の友人の言葉はヨブが罪を犯したから神に罰せられているという因果応報の考えから発したものでした。ヨブ自身の言葉も自分は悪いことをしていないのに罰せられることへの苦痛であり、因果応報の考え方と同列といってもいいと思います。しかしエルフは神の絶対的な主権に対して、人間は謙り悔い改めて神のみ前に立つ存在である事を説いています。
クリスチャンになったら悪い事は何も起らなくなって順風満帆の人生であるというならば、それは人の関心を買おうとする新興宗教と変わらなくなってしまいます。クリスチャンであっても人生の中で良いこともあれば、あってほしくないことも経験します。しかしクリスチャンは主のみ前に謙ることによって、主が共におられると信じことによる強さと、この世で命が終われば天国にいくという永遠の命に対する希望を持つことができるという点で人生を何倍も充実して生きることが出来るのではないかと思うのです。

聖書要約
エリフが続けて語ります。
ヨブよ、私の話を聞いてほしい。全能者なる神が私をお造りになったのだから、私は心の底から本当のことを語る。私はあなたと同じ人間だから、あなたを脅かすようなことはしない。
あなたが「私は潔白なのに、神は私を敵視される」と言うこと自体、罪なのだ。神は人より偉大な方だから、いちいち私たちに説明がないからと言って反抗してはいけないのだ。とは言え、神は色々な方法で私に語られる。一つは夢を通して知恵と訓戒を授けられる。また病気と痛み、はたまた生きる楽しみどころか食欲も奪われるような時に、み使いの執り成しによって再び元気を取り戻させてくださることで「私は罪を犯したけど、そんな私を神は滅びから救ってくださった」と、御心に近づくことができる。それは何度でも経験させてくださる。そのことによって魂を滅びから救ってくださる。
もしそちらに言い分があるなら語ってほしい。そしてもう少し私の話を聞いてほしいのだ。

| comments(0) | - | 00:00 | category: 【聖書】 |
【聖書】ヨブ記32章

ヨブ記32章・・・・・・悟りを与るのは神
「しかし、人の中には霊があり、悟りを与えるのは全能者の息吹なのだ。」32:8

くぅ〜ママのちょっと一言
年若いエリフが口を開きます。ほかの3人はイスラエルからすると外国人ですが、エリフはアブラハムの兄弟ナホルの2番目の子ブズの子孫に当たり、よりイスラエルの神学に近い理論を示すことが出来る人物と言えます。しかし怒りから発せられる言葉はたとえそれが真理であったとしても相手を傷つけ、関係を壊すだけです。真理を語る時には特別相手を心から思いやる愛が必要なのです。

聖書要約
3人の友はヨブに答えるのを止めました。自分が潔白だと言い張るからです。このやり取りを聞いていたラム族のエリフは怒りました。ヨブが自分は正しいと主張することと、3人の友人がヨブに罪ある事を認めさせることが出来なかったからです。また彼が一番年が若かったので、しゃべるのを控えていたのですが、たまりかねて口を開きました。
「私は年若く、皆さんは大先輩なので、意見を言うのを控えていた。しかし人に知恵を与えるのは神なので、私の話も聞いてほしい。「人に罪を認めさせるのは神だけだ」などと言い訳をしないでほしい。3人は気がくじかれて口をつぐんでしまった今、私は言わせてほしい。言いたい事は沢山ある。密封した酒樽のように張り裂けそうだ。遠慮なく言わせてもらいたい。それが神に罰せられないことだから。


 

| comments(0) | - | 00:00 | category: 【聖書】 |
【聖書】ヨブ記30章

ヨブ記30章・・・・・・主よ、お答えください。
「神よ、わたしはあなたに向かって叫んでいるのに、あなたはお答えにならない」30:20

くぅ〜ママのちょっと一言
ヨブは自分をあざ笑う人の卑しさを述べて自分の惨めさを強調しています。
そして幸いを求めて神に忠実に生きてきたのに災いがやってきたと嘆くのでした。ヨブは肉体の苦しさと共に人々に理解されずあざけりの的となっている精神的苦痛のつらさを訴えていますが、ヨブの最大の苦痛は何よりも神が答えてくださらないことにあります。
私たちも思い通りにならないことが続いたり、苦痛を取り去ってくださるように祈っても改善されないとき、また人生の危機に直面した時にこのヨブと同じ気持ちになるのではないかと思うのです。しかし覚えておきたい事は私の流した涙を主はご存知だということです。私が流した涙のすべてを主は皮袋に入れておられるということです。そして私と同じように主も痛んでくださっていることを信じたいと思います。

聖書要約
今は私より若いものが私を馬鹿にする。その若者たちの父親は群れの番犬にも劣るような卑しい者で世間からつまはじきにされていたような者たちなのだ。ところが今は彼らの下品な歌の種にされ、笑い種にされている。彼らは私を忌み嫌うばかりか、私に唾をかけ、したい放題にして私に恥をかかせる。あれほどの繁栄も強風に吹き払われる雲のように消え去ったのだ。私は苦しみ痛みにさいなまれ、皮膚は変わり果て、私は塵芥と同じようになってしまった。
神よ。私がどんなに叫んでもお応えになりません。あなたは冷酷に怒りを向けられます。私はこの苦難から助けてくださるようにあなたにお願いしました。私は困っている人に為に涙を流し、貧しい人に心を痛めた。だから当然幸いが与えられるだろうと思っていたのに、災いが与えられた。光を求めたのに闇が来た。私の心は騒ぎ、休みなくいらだつ。私は大勢の人に助けを求めるがだれも相手にしてくれない。私は山犬やだちょうと同じように思われている。皮膚は黒ずみ、骨は焼けるように痛む。喜びと楽しみの歌は嘆きの声となった。

| comments(0) | - | 00:00 | category: 【聖書】 |
【聖書】ヨブ記29章

ヨブ記29章・・・・・・ヨブの回顧
「神との親しい交わりがわたしの家にあり、わたしは繁栄の日々を送っていた」29:4

くぅ〜ママのちょっと一言
ヨブと友人の議論は決着のつかないまま終わり、またヨブは独白を始めます。因果応報だけでは説明のつかない現実をヨブはとつとつと語るのでした。ヨブは過去を振り返ります。その豊かさや名声、どれほど指導的な立場であったか、また優しさと思いやりと正義の人であり、それは自他共に疑うことのない事実だったのです。
ヨブと同じような心境はもしかすると誰もが老いと共に味わうかもしれないことかもしれないと思うのです。私は精力的に働く年代を終えて老境を迎えたときに、思い出しても、思い出しても尽きない主に感謝すべき思い出を沢山蓄えたいと思うと共に、健康が失われ、社会的な地位も第一線から退き、一つ一つ残念していかなければならないちょっと寂しさを感じる私の側にイエス様がいてくださることを忘れないでいたいと思うのです。ヨブも繁栄を極めた昔と変らず主の手が伸べられていることに気付きますように。

聖書要約
ヨブの嘆き

神が目をかけてくださった昔が懐かしい。神が私の歩く道を照らしてくださったので暗闇を歩いても私は無事だった。神が私と共にいてくださり、豊かな日々を送っていた。岩でさえ私の為にオリーブ油を注ぎだすほどだった。私が町の広場に出ると若者は私を見て静まり、老人達も私に敬意を払う。みなが私の言葉に注意深く聞き入った。私は身寄りのない者や貧しいものを助け気の毒な未亡人が喜びの歌が歌えるように支えてやった。私のする事はうそ偽りがなく、正義こそ私の衣であり、不正をにくんだ。私は思ったものだ。私はきっと幸せいっぱいの生涯を送り、家族に囲まれて惜しまれてこの世を去る。私のする事はみな栄えるし、名誉と人望と期待の的となる。失意の人にも私が笑顔を向けるだけで元気になる。そのような指導的なものとして生きていく私だったのだ。

 

| comments(0) | - | 00:00 | category: 【聖書】 |
【聖書】ヨブ記28章

ヨブ記28章・・・・・・知恵と分別
「主を畏れ敬うこと、それが知恵。悪を遠ざけること、それが分別」28:28

くぅ〜ママのちょっと一言
知恵を見出すための美しい讃美です。神の知恵を求めるということは人間の知恵の限界を知っているということに他なりません。そしてその答えは「知恵とは主を畏れること。分別とは悪を遠ざけること」なのです。科学万能といわれる現代ですが、確かに私たちはどれほどのことを知っているのかと疑問に思うことがあります。例えば人間の遺伝子の配列が壮大なプロジェクトチームにより解明されましたが、その意味するところはほとんど分からないとか。
私たちはほとんどのことを知らずに生きているということを自覚することが大切なのことだと思うのです。なんでも知っているという思いを捨てて、神の前に謙ることが知恵ある者の生き方と言えるのではない。

聖書要約
神の知恵の讃美

人は銀や金、鉄、銅、サファイアなどの宝石のありかを知っており、道具を使って地の底まで探しにいきます。鳥や野獣も行ったことのないような所でも人はそれらを求めます。しかしこんなに巧みに宝石を見つける人間であるにもかかわらず、どこで知恵と悟りを見つけたらよいか知りません。大洋は「ここにはない」と言い、海も「ここにもない」と言います。金や銀で買い取ることもできません。しかし知恵は高価な宝石よりも価値あるものなのです。知恵はどこにいけば見つかるのでしょうか。目の鋭い鳥でさえ、見つける事はできません。しかし滅びと死は「知恵のことなら少しは知っている」と言います。神はもちろんご存知です。神は風を吹かせ、海の境を決め、雨の法則を作り、稲光の道を決められる神。そして神は知恵のありかを尋ねる者に伝授されるのです。「主を畏れ敬うこと、それが智恵。悪を遠ざけること、それが分別」と。

| comments(0) | - | 00:00 | category: 【聖書】 |
【聖書】ヨブ記27章

ヨブ記27章・・・・・・潔白を主張するヨブ
「災いが彼に臨むとき、その叫びを神は聞いてくださるだろうか」27:9

くぅ〜ママのちょっと一言
ヨブは渾身の力をこめて友と対決します。友が正しければヨブが罪に定められるし、ヨブが正しければ友が罪に定められるのです。ヨブは一歩も譲りません。ヨブにとっては最後の砦は神さまなのです。ヨブのすさまじいまでの信仰を見ることができます。ヨブほど神に忠実に生きていると言い切れる人はどれほどいるでしょうか。私たちには十字架の贖いを頂いているとはいえ、あまりにも簡単にわたしは「聖書の教えを実行することはできない」とギブアップしてしまっているのではないかと反省させられます。しかしヨブにも言いたい。「主の潔さの前には私たちは皆罪人なのです。それを認めて肩の力を抜いて主に赦しを頂いて生きていけばいいんですよ」と。

聖書要約
ヨブの最後の弁明です。
私の権利を奪った神、私の魂を苦しめられる神にかけて私は誓う。私は生きている限り、悪を語らず、うそを言わない。あなたたちは間違っている。私は潔白だ。私は一日たりとも恥じる事はない。私に敵対するあなたたちこそ罪に定められる。私に逆らう者は神に魂を取り去られるのだから。
神さまについて隠さず語ろう。悪者が神から受ける運命は決まっている。沢山子どもがいても戦争や飢饉や病気で死んでしまう。財を蓄えても正しい人に手に渡ってしまう。破滅が襲ってきて、この世から運びさられるのだ。

 

| comments(0) | - | 00:00 | category: 【聖書】 |
Profile
Mobile
qrcode
Others
Search this site
Sponsored Links