<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
【聖書】高ぶることなく・ゼカリヤ書9章

ゼカリヤ書9章・・・・・・主は高ぶることなくろばに乗って来られる。
「…高ぶることなく、ろばに乗って来る。雌ろばの子であるろばに乗って。」9:9

くぅ〜ママのちょっと一言
歴史的に見れば、主の裁きの代理人はアレクサンドロス大王とのことです。アレクサンドロス大王は諸国を滅ぼしますが、エルサレムを破壊することなく通過したとのこと。またイエスキリストのエルサレム入城の様子が預言されています。権威の象徴であり、戦うための馬ではなく貧しい温和なロバにのってやって来られるのです。旧約聖書はイエスキリストが人類を救済されることを預言した書物です。ゼカリヤの預言が新約のイエスキリストにつながり、そして現代の私たちにつながっているというわけです。

聖書要約
グッド諸国民の裁きとイスラエルの救い
このお告げはハドラクとダマスコに関するものです。神はイスラエルだけではなく全世界を見ておられるのです。ダマスコだけではなく、その近隣のハマト、ティルス、シドンにも主の言葉が臨む。「ティルスは自分のために完全武装し、有り余る金銀を集めた。しかし主はそれらの町を完全に滅ぼされる。それを見たアシュケロンやガザ、エクロンは恐怖におびえる。これらの町も完全に滅ぼされる。ペリシテの人々の高ぶりと偶像礼拝を一掃する。残った者は昔のエプス人のようにイスラエルの一族となる。私はわがユダの家のために見張りを置いて守る。もはや敵が襲ってくることはない。娘シオンよ、大いに踊り、歓喜の声をあげよ。あなたがたの王が来られる。神に従い、勝利を与えられた者、高ぶることなくロバに乗って来られる。私は全世界の武装を解除し、平和をもたらす。私はあなた方を救い出す。囚われの身となったあなた方に2倍の報いをしよう。希望を持ちなさい。ユダは私の弓、エフライムは矢だ。」
主は先頭に立って戦われる。敵を打ち負かし、勝どきを上げるでしょう。敵は大打撃を受けて滅びる。主はご自分の民を羊飼いが羊の世話をするように救い出されます。そして王冠に輝く宝石のようにこの地で輝きを放つ者としてくださる。

| comments(0) | - | 06:00 | category: 【聖書】 |
【聖書】祝福となる・ゼカリヤ書8章

ゼカリヤ書8章・・・・・・今や、祝福となる
「あなたたちは、かつて諸国の間で呪いとなったが、今やわたしが救い出すので、あなたたちは祝福となる。」8:13

くぅ〜ママのちょっと一言
過去の裁きと将来の祝福が対照的に書かれています。今までの嘆きは喜びに変るのです。そのためになすべきことは、真実、公平、平和に暮らし、人を傷つけるような事をたくらむなと書かれています。そのように生きている者には主が祝福を与えてくださると書かれているのですから、私たちもそのように生きていこうではありませんか。

聖書要約
再び主の言葉がゼカリヤに臨みました。「私は諸国がイスラエルにしたことに対して憤りを感じている。再び私はエルサレムに住む。そしてエレサレムは真実の町、聖なる山と呼ばれるようになる。エルサレムで老人や子どもたちが平和に暮らすようになる。」とまた万軍の主は言われます。「こんなことはとても信じられないだろう。わずかばかりの生き残りのあなたたちには…。しかしたとえどこに散らされていても私は私の民を救い出し、エルサレムに連れ戻す。そして彼らは私の民となり、私は彼らの神となる。勇気を出しなさい。神殿の基礎工事が始まるまではあなた方は収入もなく、安全も保障されていなかった。だが今は全く違う。あなたたちの間に平和と繁栄の種が蒔かれているから。この地は豊かに祝福される。かつてはユダは呪いの象徴であったが、今では祝福の象徴となった。恐れてはならない。勇気を出すがよい。あなたたちの先祖は私を怒らせたために、私が災いを下す決心をして、その通りになった。いま再びユダとイスラエルに祝福をもたらすと決心したのだから、必ずその通りになる。あなた方のなすべきことは、真実を語り、誰に対しても公平であり、全ての人と仲良くし、平和に暮らせ。互いに人を傷つけることをたくらんではいけない。」と。また次のような言葉が与えられました。「伝統的に守られてきた断食と嘆きの行事ももう終わりだ。これからは喜びの祭りに変る。世界中からエルサレムに巡礼に来るだろう。そしてユダヤ人の上着の裾をしっかりと握り、『主が共におられるあなたと友だちになりたいのです』と頼むようになるでしょう。

| comments(0) | - | 06:00 | category: 【聖書】 |
【聖書】真の信仰・ゼカリヤ書7章

ゼカリヤ書7章・・・・・・真の信仰
「果たして、真にわたしのために断食してきたか。」7:5

くぅ〜ママのちょっと一言
捕囚先から帰ってきた人たちが宗教儀式の事でエルサレムの神殿に尋ねに来たのに対して、主がゼカリヤを通して答えられました。形式ではなく心が伴なっているどうかが大切であると。そして4つの戒めを語られました。私たちもクリスチャンとして、礼拝に出席する時にどれほど喜びを感じているでしょうか。人の痛みを自分の痛みとして感じているでしょうか。心からの祈りを捧げているでしょうか。奉仕をする時に感謝を喜びがあるでしょうか。もし心が伴なっていないのなら、もう一度どれほど主が私を愛されて、良きもので満たしてくださっているかを再確認することから始めたいと思います。

聖書要約
グッド断食と回復の約束
ダレイオスの治世4年目にゼカリヤに臨んだ神の言葉です。それはベテルの町のユダヤ人の使節団がエルサレムに来た時のことです。使節団が次のような質問をしました。「私たちが長年実行してきた5月の断食して嘆くという伝統行事を続けるべきでしょうか」と。主はそれに対して答えられました「捕囚の70年の間、あなた方は断食をして嘆きの時を持ってきた。しかし本当に罪を悲しみ、私の事を考えただろうか。食べ物の事や、仲間の事など自分たちの楽しみのことばかり考えていたのではないか。あなた方の先祖に警告したかったこともそのことだった。」と。つづいてゼカリヤに主は話されました。「彼らに教えてやりなさい。『正しい裁きを行え、互いに誠実を尽く合え、やもめ、みなしご、外国人など弱い立場の者を虐げてはいけない、悪巧みをしてはいけない』と。あなた方の先祖はこれらの事を聞こうとしなかった。だから私の激しい怒りが下ったのだ。私はあなた方を諸国に散らし、あなた方の喜びの国は荒れ果てたのだ」

| comments(0) | - | 06:00 | category: 【聖書】 |
【聖書】神殿を立て直す者・ゼカリヤ書6章

ゼカリヤ書6章・・・・・・神殿を建てなおす者
「彼こそ主の神殿を建て直し、威光をまとい、王座に座して治める。」6:13

くぅ〜ママのちょっと一言
馬の幻はイスラエルと圧迫していた国が滅びることを表しています。また若枝は主イエスキリストを表し、十字架の死とよみがえりにより、キリストの体なる教会を建てあげることを表しています。その冠を作るための材料である金銀は3人の者が捕囚先から携えて帰ってくるというのです。不思議なことですが、主の栄光のために何かをしようとする時、必ず必要なものはすべて与えられるという経験をします。アドナイ イルエ、「主の山に備えあり」私たちは感謝してお受けすればいいのです。

聖書要約
グッド第八の幻
私がまた目を上げると二つの青銅のような山の間から4台の戦車が出てきました。初めの戦車には赤い馬が、2番目のは黒い馬が、3番目のは白い馬が、4番目のはまだらの馬が引いていました。私が「これは何か」と尋ねると、み使いは「全世界を治める神の前に立つ4つの霊だ。天から出て、北へ、南へと駆け巡ろうとしている」と言いました。そして主が「出ていって、地を巡回せよ」と命じると彼らはすぐさま出て行きました。その時「北へ行った者は私の判決を執行して私の怒りを鎮める」とみ使いは叫びました。
グッド戴冠の宣言
主はまた別のお告げを下さいました。「帰還した捕囚の中からヘルダイとトビヤトエダヤはバビロンで捕囚となっているユダヤ人から贈り物として金や銀を持って帰る。彼らをゼパニヤの家で出迎えて贈り物を受け取り、それで冠を作り、大祭司ヨシュアに載せて、宣言しなさい。『万軍の主は言われる。これは後に来る方のしるしである。その方は若枝と言われ、神殿を建てなおし、彼は王として、祭司として世を治める』と。」また「冠は捧げた3人の行為を記念する者として神殿に安置しなさい。後に続く帰還者も神殿建築に携わるように」この事が起こる時、あなた方はこれが神から出たことであると知るでしょう。主に従わないならこのようなことは起こりません。

| comments(0) | - | 06:00 | category: 【聖書】 |
【聖書】罪が一掃される・ゼカリヤ書5章

ゼカリヤ書5章・・・・・・すべての罪が一掃される
「すべての盗人はその一方の面に記されている呪いに従って一掃される。」5:3

くぅ〜ママのちょっと一言
巻物の幻はイスラエルから盗みや嘘の悪が取り除かれることを、エファ升の幻は罪を女性として現わしており、それを偶像礼拝の地バビロンに置かれることによって、エルサレムが聖なる地になることを表しているとのことです。神殿を建ててもそこから悪が取り除かれ、聖なる地にならなければなりません。私たちもクリスチャンとして生きていく時に罪が取り除かれなければなりません。すなわち全ての罪を背負って十字架に架かってくださったイエスキリストを信じることによって罪赦されることが必要なのです。

聖書要約
グッド第六の幻
私が目を上げると巻物が飛んでいるのが見えました。み使いが「何が見えるか」と尋ねましたので、私は「長さが10メートル、幅が5メートルほどの巻物が見える」と答えました。巻物には全地の盗みとうその罪が徹底的に裁かれることが書かれているのだと万軍の主は言われました。
グッド第七の幻
み使いが再び現れて聞きました。「上を見なさい。何かが漂っている」と。私が「何か」と聞くと「エファ升だ。全地の悪が入っている」と答えられました。その時、升の重い鉛の蓋が開きました。するとそこに女性が座っているではありませんか。み使いは罪を犯した女だと言って蓋を閉めました。翼をつけた二人の女性がやってきて、その升をはこび去ろうとしました。「どこに連れて行くのか」と尋ねると、み使いはこう答えました。女の古巣のバビロンに連れていき、そこで留まる」と。

| comments(0) | - | 06:00 | category: 【聖書】 |
【聖書】わが霊によって・ゼカリヤ書4章

ゼカリヤ書4章・・・・・・ただわが霊によって
「武力によらず、権力によらず、ただわが霊によって、と万軍の主は言われる。」4:6

くぅ〜ママのちょっと一言
幾多の困難を乗り越えて神殿が完成するのは自分たちの力ではなく、主の力で成し遂げられたことを絶えず証するように大祭司ゼルバベルとヨシュア王に言われます。この大祭司と王の組み合わせはキリストイエスを表しているとのこと。ゼカリヤ書は旧約聖書の中でも最もメシア的であり、黙示的であり、終末論的なのです。
乗り越えれそうにもない困難を前に涙の祈りをささげたにもかかわらず、事がうまく運ぶとそれが当然のように思ってしまうことを経験します。本当に愚かだと思います。いつも主から頂いた恵みに感謝しながら生きて生きたいです。「有難い」とは本来ならそのことが「ない」ということですから。

聖書要約
グッド第5の幻
私に語りかけたみ使いが、眠っている人を起こすかのように私に語りかけてきました。「何が見えるか」と。私は「金でできた燭台が見える。てっぺんにオリーブの壺があり、7つの管で7つのそれぞれのさらに油が注がれている壺の両サイドにオリーブの木が1本ずつ彫られている。しかし私にはその意味が分からない」と答えました。するとみ使いは「主は大祭司ゼルバベルに言われる。『あなた方は数も少ないし、財力もないが神殿建設はあなた方の能力や権力によって成し遂げるのではなく、主の霊がそれをさせてくださるのだ』と。どんなに困難なことがあなたの前に立ちはだかってもそれは解決する。だからあなたは主に感謝の叫び声をあげながら神殿を建てあげ、力強く主の恵みに寄ることを宣言するように」と言いました。このみ使いのお告げを軽んじてはいけません7つのともしびは世界を見渡す主の目を表しています。両サイドのオリーブの木は全世界を治める神を助けるために選ばれた二人を表しているのです。

| comments(0) | - | 06:00 | category: 【聖書】 |
【聖書】新しい衣を着る・ゼカリヤ書3章

ゼカリヤ書3章・・・・・・古い衣を脱ぎ、新しい衣を着る
「彼の汚れた衣を脱がせてやりなさい。…わたしはお前の罪を取り去った。」3:4

くぅ〜ママのちょっと一言
第4の幻は天の法廷の情景です。サタンが大祭司ヨシュアを何かの理由で主に訴えたのです。しかし主はそれを退けられます。ヨシュアの罪を取り除かれ、神殿に自由に出入りすることが出来るようになります。汚れた服を脱ぎ、み使いが用意した新しい服を着ることで罪が取り除かれたのです。古い罪の自分を脱ぎ捨て、主と共に新しい人生を歩むことがクリスチャンの生き方です。新しい服は主が用意してくださるのです。古い汚れた服を脱ぎ、主が用意してくださる新しい服を着るだけでいいのです。それは「一日の内に罪を取り除かれる」お方、イエスキリストを信じると言うことに他ありません。

聖書要約
グッド第4の幻
主はみ使いの前に立つ大祭司ヨシュアとその右に立って彼を訴えようとしているサタンを私に示された。み使いはサタンに「お前の訴えは退けられた。主は燃えさしであるヨシュアとその民を助けることにされた」と言った。ヨシュアの服はひどく汚れていたので、それを脱がせて、立派な新しい服ときれいなターバンがきせられました。み使いはヨシュアに「あなたの罪は取り去られました」と言いました。そしてみ使いは主の言葉をヨシュアに伝えました「あなたが私の用意した道を歩み、その務めを果たすなら私はあなたに私の家を治めさせよう。清く保ちなさい。そうすればあなたもみ使いと同じように神殿に出入りすることができる」と。また主は言われました。「あなたたちはこれから起こる良いことのしるしとなる。私は若枝であるわが僕を遣わします。そして『1日の内にこの地の罪を取り去る』という文字を石に7回堀刻むと主は宣言されます。あなた方は平和に満たされて暮らすことが出来るようになるのです。」と。

| comments(0) | - | 06:00 | category: 【聖書】 |
【聖書】主に適すること・ゼカリヤ書2章

ゼカリヤ書2章・・・・・・主の民に敵するのは主に敵すること
「あなたたちに触れる者は、わたしの目の瞳に触れる者だ」2:12

くぅ〜ママのちょっと一言
4つの国とはエジプト、アッシリア、バビロニア、ペルシャを指します。主の民を敵に回すと言うことは神を敵に回すようなものだと書かれています。最初は優勢に見えても結局勝ち目はありません。神さまと戦うようなことをしてはいけません。神さまはすべての人を愛しておられます。誰一人滅びることを願っておられないのです。ということは私が苦手な人、快く思っていない人も主は愛しておられるわけです。もし苦手な人を私が排除するなら、主から私が排除されるでしょう。主の愛と心をあわせて生きて生きたいと思います。

聖書要約
グッド第2の幻
それから私は4本の角を見ました。「あれは何か」とみ使いに尋ねると、「ユダとイスラエルを追い散らした4つの国である」と答えた。それから4人の鍛冶屋はその角を打ち砕き彫り出すために来たと教えてくれた。
グッド第3の幻
私があたりを見渡すと、測り縄を持っている一人の人がいました。エルサレムを測って、全住人が入れるかどうか調べるためだと言いました。もう一人のみ使いが来て、そのみ使いに言いました。「この若者に、『いつの日かエルサレムにあふれるほどの人がやってくる。しかし心配することはない。主がエルサレムを囲む火の城壁となってくださり、その中にあって栄光となってくださるから』と言ってやりなさい」と。「さあ、バビロンから逃げよ。エルサレムに帰ってきなさい。あなた方を害すると言うことは主に逆らうのも同然です。私は彼らにこぶしを挙げます。エルサレムよ、喜びなさい。あなた方は聖なる相続人となります。主のみ前で静まりなさい。主が私たちの所に来られるからです。

| comments(0) | - | 06:00 | category: 【聖書】 |
【聖書】主に立ち帰れ・ゼカリヤ書1章

ゼカリヤ書1章・・・・・・主に立ち帰れ
「わたしに立ち帰れ、と万軍の主は言われる」1:3

くぅ〜ママのちょっと一言
ゼカリヤはハガイの2カ月後から預言を始めたとのこと。捕囚から帰ってきた人々に主に従って生きることや、神殿の再建について主が幻で示されたことを伝え、民を励まします。主が愛されたイスラエルを食い物にした諸国が裁かれる番です。その前にまず主が語られたことは「主に立ち帰れ」ということでした。それは自己中心な生き方ではなく、主に従う生き方をしなさいということでしょう。主が喜ばれる生き方がどのようなものであるかまず聖書から学ぶ必要があるのです。

聖書要約
ダレイオス王の治世2年に祭司のイドの孫である預言者ゼカリヤに主の言葉が臨みました。万軍の主は「私に立ち帰れ。あなた方の先祖は私の言葉に聞き従わなかった。あなたがたは悪を離れて主に立ち帰りなさい。先祖も預言者もとうの昔に死んだが、主の言葉は永遠に続く。主の言葉通り彼らは罰せられた。
グッド第1の幻
それから2カ月後に再び主から幻がゼカリヤに示されました。「私は川岸のミルトスの林の中で一人の人が赤い馬に乗っているのを見た。その後ろに赤、栗毛色、白い馬が続き、それぞれに人が乗っていた。一人のみ使いが立っていたので、私は「これは何か」と尋ねた。するとその人は「話してあげよう」と言った。「これらは主が世界を巡回するように遣わしたものだ」彼らはみ使いに言った。「世界中巡回したところどこもかしこも、繁栄と平和を楽しんでいます」と。これを聞いてみ使いは祈りました。「万軍の主よ、あなたの怒りは70年もの間ユダとイスラエルの上に続いています。どうか憐れみを施してください」と主はみ使いに答えられた。「ユダとイスラエルについて私は無関心でいるはずがない。私はほんの少し怒っただけなのに、諸国はそれに乗じて災いをもたらした。それに対して私は激しく怒っている。私は憐れみを持ってエルサレムに帰り、彼らを憐れみで満たそう。イスラエルは再び繁栄する。

 

| comments(0) | - | 06:00 | category: 【聖書】 |
【聖書】銀は我が物、金も我が物・ハガイ書2章

ハガイ書2章・・・・・・銀は我が物、金も我が物
「銀はわたしのもの、金もわたしのものと、万軍の主は言われる」2:8

くぅ〜ママのちょっと一言
栄華を極めたソロモンの王が建てた神殿が破壊されたのがBC586年、ハガイの預言はその66年後のBC520年だったと言うことですので、幼心に前の神殿を覚えている者があったことでしょう。それに比べて捕囚から戻ってきた彼らにはそれほど立派な神殿を建てる力はありませんでした。しかし主は後の神殿の方が栄光に輝くと言われます。それは主キリストの栄光を言っているのです。また続いて聖なるものと汚れたものの例が書かれています。どちらにしても私たちが学ぶべきことは、形式ではなく、その中に秘められた信仰を主は見られると言うことではないかと思います。

聖書要約
グッド新しい神殿の栄光と祝福
工事開始の1カ月後に再び主の言葉がハガイに臨み、総督と大祭司と残りの者に告げるように言われました。「あなた方の中でソロンモンが建てた神殿を覚えている者があるだろう。それに比べると今はまるで無に等しいと思うかもしれないが、勇気を出して働きなさい。私があなた方と共にいますエジプトを脱出した時に私の霊はあなたたちに留まると約束した通りだ。だから恐れるな」と。また主はこう言われます「しばらくして私は大地を揺り動かします。全ての国が待ち望んでいるメシアがこの神殿を栄光で満たされる日が来る。その輝きは先の神殿に勝る。それに必要な金と銀は私が山ほど持っている。私はこの場所を平和で満たす」と。
ダレイオスの治世2年目にハガイに「祭司たちに次の事を尋ねよ」と主の言葉が臨みました。「神聖な者を運んでいる者の着物に触れた者は清くなるか」と。祭司は「否」と答えました。「死体に触れた者が何かに触れたらそれは汚れたものになるか」と。祭司は「汚れる」と答えました。ハガイは言いました。「あなた方の捧げものは皆汚れていた。主に立ち返ろうとしない状態で捧げてもそれは聖なるものとして受け入れられることはない。しかし神殿を立て始めた今は違う。主は多くの収穫を得る前から、収穫を約束し、祝福することを約束される」と。
グッド主の僕ゼルバベル
同じ日に別のお告げがありました。「総督ゼルバベルに伝えよ。『私は全地を揺り動かし、諸国を滅ぼす。その後お前を登用しよう。私が特別に選んだからだ』と。」

| comments(0) | - | 06:00 | category: 【聖書】 |
Profile
Mobile
qrcode
Others
Search this site
Sponsored Links