<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
【聖書】出エジプト記40章

出エジプト記40章・・・・・主の栄光が満ちた
「…主の栄光が幕屋に満ちた。」40:34

くぅ〜ママのちょっと一言
主がモーセに命じられたとおり」という言葉がこの章でも8回も出てきます。そしてそのとおりすべてのことが主の命令とおり完成したのです。そしてこれからの旅も主が先立って進まれ、民を導かれるのです。聖書には昼は雲の柱、夜は火の柱が彼らを常に導いたと書かれています。荒野には道しるべもなければ、危険地域を知らせる看板もありませんから…それは私たちの人生と同じです。私の人生行路の地図が手渡されていたとしたら、そしてここは注意して!などの記号が入っていたら、安心して人生を送ることができるのですが、そんなものはありません。しかし私たちは聖書の言葉を道しるべにして、神の導きを求めて生きていくことができます。主は必ず私にとっての雲の柱、火の柱で人生を安全に、そして味わい深く導いてくださることでしょう。

聖書要約
幕屋建設の命令
主はモーセに次のことをするようにと仰せになりました。
幕屋を組み立てる。十戒を納めた箱を幕屋に入れ、至聖所に箱を置き、仕切りの垂れ幕で経だれる。6,┐離僖鵑を置き、用具を並べる。燭台にともし火皿を載せる。ト△料阿剖發香の祭壇を置く。λ覯阿瞭り口に垂れ幕を垂らす。入り口の前に焼き尽くすささげものの祭壇を築く。幕屋と祭壇の間に洗盤を置き、水を満たす。
これらの組み立てが終わったら、油を注いで幕屋にあるすべてのものを清めます。次にアロンと息子達を水で清め、油を注いで聖別し、それぞれに祭服を着せ、代々主に仕えるようにしなさい。主のこれらの言葉をモーセはすべてその通りに行いました。
それはエジプトを出てから第2の正月(太陽暦では3月中旬)にすべての事を実行しました。さらに幕屋と祭壇を囲む庭も作り、庭の入り口にも幕を垂らしました。
主の栄光
こうしてついにすべてのことを終えたとき、雲は幕屋を覆い、神の栄光が響き渡りました。あまりの神々しさにモーセは幕屋の中に入ることができませんでした。雲が幕屋から離れて動き出した時イスラエルの民は雲に従って前進し、止まれば留まりました。昼間は雲の柱、夜は火の柱が民を導きました。それは荒野の旅の間絶えることがありませんでした。

| comments(0) | - | 06:00 | category: 【聖書】 |
【聖書】出エジプト記39章

出エジプト記39章・・・・・主が命じられたとおりに
「彼らは主がモーセに命じられたとおり…作った。」39:1

くぅ〜ママのちょっと一言
39章には「主がモーセに命じられたとおり」という言葉が10回出てきます。また内容も主がモーセに命じられたことを、繰り返し書かれています。主の命じられた事は忠実に厳密に守る必要があるということを私たちに教えているように思います。聖書の言葉はすべて神的霊感を受けて書かれたものですから、自分中心の解釈や、過小解釈、過大解釈ではなく、私たちもイスラエルの民がしたように、聖書の言葉をそのままを受け取りたいと思うのです

聖書要約
アロンの祭服
主がモーセに命じられたとおり、彼らは聖所で仕えるための衣服を作りました。
エフォド
エフォドは金、青、紫 緋色の毛糸、亜麻布で作りました。金を伸ばして金箔を作って細い糸にして織り込んで模様を作りました。付け帯も主がモーセに命じられたとおり作られました。エフォドの肩紐も主がモーセに命じられたとおりでした。
胸当て
胸当てには3つずつ4列に宝石を並べました。それらはイスラエルの12部族を表します。胸当ても主がモーセに命じられたとおり、作られました
上着
エフォドと共に着る縁取りした上着を青一色で作りました。上着の裾にはざくろの飾りと純金の鈴を交互に付けました。これは主がモーセに命じられたとおりに仕えるためでした。
その他の衣服
アロンをその子らのために、衣服が作られました。主がモーセに命じられたとおりです。また額にはターバンの正面に純金のプレートをつけました。そのプレートには主がモーセに命じられたとおり「神のために特別に選ばれた者」と言う言葉が刻まれました。
幕屋建設の準備完了
臨在の幕屋の作業はすべて完了しました。人々は主がモーセに命じられたとおり、すべてのことを行いました。そしてモーセの前にそれらの物を運んできました。民は主がモーセに命じられたとおりの作業を行ったのです。モーセは民が主がモーセに命じられたとおりに行ったので、彼らを祝福しました。

 

| comments(0) | - | 06:00 | category: 【聖書】 |
【聖書】出エジプト記38章

出エジプト記37章・・・・・最上のものを備えてくださる主
「聖なる聖別の油と、香料師の混ぜ合わせ方に従って純粋な香草の香を作った。」37:29

くぅ〜ママのちょっと一言
イスラエルの民が力を結集して幕屋建設に当たったことが読み取れます。女性は鏡を寄付して、それで洗盤がつくられました。また銀については一人当たりが提出した量が書かれていますが、半シュケルと言うのはどのくらいかと言いますと、旧約聖書に出てくるダビデは麦打ち場と牛を銀50シュケルで買っていますので、ある程度まとまった価値あるものだと思います。また人口調査の人数が書かれていますが、60万と言うのは神戸の人口の2.5分の1の人数に当たります。これらの人々が心を一つにして幕屋建設に当たったのです。一人ひとりは小さな働きですが、私たちが心を一つにして、主の前に差し出すときに、神はそれを大きく用いてくださることを思うのです。

聖書要約
掟の箱
出エジプト記38章・・・・・力を合わせて主の御前に差し出す時に
「…それは臨在の幕屋の入り口で務めをする婦人たちの青銅で作った。」38:8
祭壇

ベツァルエルはさらに祭壇や祭壇で使われる道具を作りました。青銅の洗盤と台は臨在の幕屋の入り口で奉仕する女性たちの寄付でした。
幕屋を囲む庭
次に庭とその周りに張り巡らせる幕を作りました。庭の入り口に垂らす幕は上質のリンネルで作り美しい刺繍をほどこしました。
幕屋の建設材料の記録
これが掟の箱を納める天幕の建設工事の諸工程です。モーセの命令により祭司アロンの子イタマルが監督しました。人々がささげた金の重さは1400Kg、銀は4250Kg、青銅は3365Kgでした。銀は人口調査の際に登録した20歳以上の者の総数が60万3550人でしたので、一人当たり1ベカささげたことになります。これは半シュケルに相当します。これらのもので幕屋は建設されたのです。

| comments(0) | - | 06:00 | category: 【聖書】 |
【聖書】出エジプト記37章

出エジプト記37章・・・・・最上のものを備えてくださる主
「聖なる聖別の油と、香料師の混ぜ合わせ方に従って純粋な香草の香を作った。」37:29

くぅ〜ママのちょっと一言
主がモーセにお命じになられたとおりのものが作られました。25章30章に書かれたとおりのことがこの章にも書かれています。
細工の難しそうなこれらのものをベツァルエルは作ったのです。香の調合も高度な技術が必要だそうで、その技術者も与えられました。主は主の働きをするためには必要な物資、人材を必ず備えていてくださいます。それはマザーテレサが歩んだ足跡に触れても至るところで不思議な主のみ業を見ることが出来ますし、私のような小さな者にも主が備えてくださった恵に感謝せざるを得ないような大きな経験、小さな経験をどれほどさせていただいたことでしょう。

聖書要約
掟の箱
ベツァルエルは主が命じられたようにまず掟の箱を作りました。
贖いの座
これは掟の箱の蓋になる部分です。一対のケルビム(天使の像)が向かいあい、顔を贖いの座に向け、伸ばした翼で贖いの座を覆いかぶさってそれを見下ろす形にしました。

も主が命じられたように作りました。机の上に置く純金の鉢や水差し、皿、小瓶を作り机の上に置きました。
燭台
純金で燭台を作りました。両側から3本の枝がでるようにして7つのともし火皿を作りました。それに芯きりばさみや火皿を純金で作りました。
香をたく祭壇
香の祭壇も命じられたように作り、香の調合も同じく命じられたようにし調合したのです。

| comments(0) | - | 06:00 | category: 【聖書】 |
【聖書】出エジプト記35章

出エジプト記35章・・・・・心動かされて献げる
「心動かされ、進んで心からする者は皆、…主への献納物を携えて来た。」35:20

くぅ〜ママのちょっと一言
幕屋建設の計画を聞いた民は資材を携え、また奉仕をしました。聖書には「心動かされて」「進んで心からする者」「心に知恵を持つ女」とが繰り返し出てきます。幕屋建設のささげものと奉仕は強制されたものでもなく、義務感からでもなく、民が心を動かされたことが献身の力となっているのです。私たち、クリスチャンのささげものや奉仕も、主から賜った大きな恵への応答の気持ち、教会員の皆さんと信仰生活を共にできる喜び、教会を愛する気持ちが動機になっています。そのあり方は個人個人自由ですが…しかしこのささげ物に関して驚くべきことですが、マラキ書の3章10節のみ言葉が真実であることを経験します。すなわち「十分の一の献げ物をすべて倉に運び わたしの家に食物があるようにせよ。これによって、わたしを試してみよと 万軍の主は言われる。必ず、わたしはあなたたちのために天の窓を開き祝福を限りなく注ぐであろう。」と。

聖書要約
安息日の厳守
モーセはイスラエルの民を集めて言いました。「主が命じられた言葉です。安息日を守らなければ死刑に処せられます。6日間は仕事をすることができますが、7日目は聖なる日であり、安息日です。住まいのどこでも火をたいてもいけません。
幕屋建設の準備
モーセはさらに民に告げました。「主が命じられた言葉です。幕屋建設に必要なささげものを神様の下に持ってきなさいと」。命じられました。すなわち、5種類の繊維、3種類の金属、2種類の河、1種類の材木、多くの宝石を心から進んで持ってくるように言われたのです。金属た特別な才能や熟練した技術者は集まって神さまがお命じになったものを作りなさいと呼びかけられました。
人々は心を動かされて、自分の幕屋からそれらのものを献納物として携えてやってきました。また心動かされて、知恵ある者は糸や羊の毛を紡ぎました。このようにして幕屋建設のために必要なものが整えられたのです。モーセは民にウリの子ベツァルエルとアヒサマクの子オホリアブに神は霊を満たされて、知恵と英知と知識をもって工芸に任命されたことを告げました。

| comments(0) | - | 06:00 | category: 【聖書】 |
【聖書】出エジプト記34章

出エジプト記34章・・・・・主の栄光に照らされて輝いて生きる
「…なんと彼の顔の肌は光を放っていた。」34:30

くぅ〜ママのちょっと一言
主から賜った十戒が書かれた石の板は、民が子牛の像を作ったのを見たモーセの怒りによって砕かれてしまったのですが、再度十戒が与えられます。34章で書かれている契約の内容は32章で書かれていることと同じです。モーセの顔の光ですが、神の栄光を反映して輝いていたのです。「あなた方は世の光です」とみ言葉にありますが、クリスチャンはこの世で輝いて生きる存在です。しかし本当の意味で人間は自ら輝く事はできないのだと思います。なぜならどんなに華々しく活躍しても、この世のものはすべて時が過ぎれば色あせてきますから。ただ死をも打ち勝つことが出来る永遠の命、そして主からの祝福を頂いて生きる時に、主の栄光に照らされて輝くことが出来るということではないでしょうか。

聖書要約
戒めの再授与
主はモーセに言われました。「前と同じ石の板を2枚持って山に一人で登るように、もう一度前に書いた言葉をその板に記そう。明日の朝モーセが山に登る時、山のどこにも人の姿があってはならず、ふもとでも家畜さえも姿を見せてはいけない。」と。そこで主は民が守るべきことを再度主はモーセに語られました。それは〔鸞の地に着いたら、そこの住民と妥協して偶像礼拝をはじめ悪習にそまらないように。神への忠誠と献身を第一として、その地の住民と契約を結んではいけない除酵祭を守ること安息日を守りなさい七週祭(刈りいれの祭り)を守ること取り入れの祭りを守ること男子は年に3度主のみ前に出なければならない┐い韻砲┐血を酵母を入れたパンと一緒にささげてはいけない過ぎ越しのいけにえは翌朝まで残しておいてはいけない土地の最上の初穂を主の宮に携えて来なければならない小山羊をその母の乳で煮てはならない。そして主はモーセに契約を結ぶと言われたのです。モーセは40日40夜、何も飲食せずに山に留まりました。
モーセの顔の光
モーセが2枚の板を持って山を下った時、神の栄光の光の反映によって光り輝いていたのです。民はモーセに近づくことが出来ませんでした。モーセは主が語られたことを民に告げた後、顔に覆いをかけました。主のみ前に出る時意外は、モーセは顔に覆いを掛けました。

| comments(0) | - | 06:00 | category: 【聖書】 |
【聖書】出エジプト記33章

出エジプト記33章・・・・・恵もうとする者に恵みを与えられる主
「わたしが恵もうとする者を恵み、憐れもうとする者を憐れむ」33:19

くぅ〜ママのちょっと一言
私たちクリスチャンは主の守りと導きを感謝しながら日々生活します。それが神さまと無関係で生きていく人生との違いだと思います。主が共にいて下さるということは、モーセが懇願したとおり、クリスチャンにとって欠くことが出来ないことなのです。詩篇23編には「死の陰の谷を行く時も わたしは災いを恐れない。あなたがわたしと共にいてくださる。」とありますが、死の陰の谷を行くような、窮地の時にも「主が共にいてくださる」のでただただ感謝!喜びの時にはさらに主に感謝!なのです。

聖書要約
民の嘆き
神はモーセに言われましたあなたは民を率いて約束の地に行きなさいと。しかしわたしは同行しない。民が自分中心で強情なので、怒りで滅ぼしてしまうといけないから」と。そして宝石や装飾品を身から外すようにと言われたので、民はそれから一人も飾りを身につけませんでした。
臨在の幕屋
モーセは宿営の外遠くに臨在の幕屋を張りました。主にお伺いをたてる時はだれでもそこに行くことができます。モーセが幕屋に行った時は雲の柱が幕屋の入り口に立ちました。そこでモーセは神と出会うのです。民達はそれぞれの天幕の入り口でモーセを見送り。雲の柱を見て深くお辞儀をして礼拝を奉げました。主はモーセに友のように語られたのです。モーセが幕屋を去っても、ヌンの子ヨシュアは常に幕屋を守る為に離れることはありませんでした。
民と共に行かれる主
モーセはこの旅に神が同行してくださることを強く求めました。そのことによってのみ、この民は地上にある他の民とは異なる神の特別な民である事になり得るとモーセは神に願います。「あなたが一緒に行ってくださらないのであれば、ここから上らせないで下さい」とまで言いました。主はモーセの願いを聞いてくださいました。
主の栄光
モーセは「主の栄光を見せてください」と再び願います。主の答えは、あなたにあらゆる善き物を見せようと。そして主の名によってはっきり宣言して下さいました。「私は、自分がそうしようと思った者に心から同情し、恵を与える」と。そして神の顔を見たものは命が絶たれるのですが、主はモーセの前を通り過ぎて、主の背中を見ることをお許しになりました。

| comments(0) | - | 06:00 | category: 【聖書】 |
【聖書】出エジプト記32章

出エジプト記32章・・・・・刻んだ像を造ってはならない
「さぁ、我々に先立って進む神々を造ってください」32:1

くぅ〜ママのちょっと一言
モーセが山に登ったままの40日40夜は、民にとっては長く、不安だったのでしょう。
心の拠り所として、目に見える何かに手を合わせたいと思ったのでしよう。しかし十戒で、刻んだ像を作ってはならないと神は私たちに命じられています。では私たちクリスチャンはどこに向かって祈ったらいいのでしょうか。私たちはそれぞれの心の中におられる神に対して祈ります。また宇宙を創られた主に対して天に向かって祈ります。また風のように、空気のように私たちのすぐそばにいてくださる神の存在を感じて祈ります。いずれも場所を問いません。倒れたら起き上がらせたり、盗まれたら探しだし、磨きをかけないといけないような神々にどうも違和感があります。どこにいても、たとえ刻んだ像の前に立つことがあったとしても、心は主に向かっているのです。そのことを聖書は私たちに教えてくれます。

聖書要約
金の子牛
指導者であるモーセがシナイ山に登ったまま、降りてこないので、民はアロンに「我々に先立って進む神を作ってください」と求めた為、アロンは民全員に身につけている金の耳輪を外して持ってこさせ、火で溶かし、子牛の像を造り、翌日盛大な祝いをしたのです。神はそれをご覧になって、怒りに燃え民を滅ぼそうといわれます。モーセは神に執り成します。「アブラハム、イサク、ヤコブに約束してくださったことを思い出してください。」と。神はモーセの言葉によって民に下す災いを思いなおされました。
モーセは神から賜った十戒の書かれた2枚の板を持ってふもとに下りてきて見たものは、なんと民の乱交振りでした。モーセは怒りのあまり、十戒の板を地面に投げつけ、子牛の像を火に入れて溶かしました。アロンを叱責しますが、アロンは言い訳するばかりです。モーセは「誰でも主につく者は集まれ」と言うと、レビの子らが全員モーセの下に来ました。そして主の命を受けてレビの手によって、3000人の民が打たれたのです。
その後、モーセはこの民の罪の赦しを請う為に再び山に登りました。そして、自分の名をあなたが書き記された書から消しさてくださってもいいですから、民の罪をお赦し下さいと主に願いました。主は「今は民を約束の地に導く使命を全うするように」と言われます。しかし人々の罪を見過ごすわけにはいきません。人々の罪は罰せられると主は言われたのです。

| comments(0) | - | 06:00 | category: 【聖書】 |
【聖書】出エジプト記31章

出エジプト記31章・・・・・名指しで呼び使命を与えられる主
「見よ、わたしはユダ族のフルの孫、ウリの子ベツァルエルを名指しで呼び、彼に神の霊を満たし、どのような工芸にも知恵英知と知識をもたせ…」31:2

くぅ〜ママのちょっと一言
幕屋にしろ、そこで使われる祭具にしろ、それらを製作するのは並大抵ではないことがわかります。エジプトで奴隷の身で働いていたイスラエルの民にその技術や才能があるのか、その資材があるのか、とても気になります。しかし「神には何でもできないことはない」のです。それを成すために人を選ばれ、名指しで呼んで任命されたと書かれています。そしてその才能や技術までお与えになりました。
私たちクリスチャンもフルの孫、ウリの子ベツァルエル同様、みんな神から名を呼ばれて集められた者です。そしてこの世で果たす特別の役割を頂いて生きています。ですから主のみ心に焦点を合わせて、その役割を果たす使命に生きていかなければならないと思うのです。

聖書要約
技術者の任命
主はすべての聖なる祭具、設備を製作する技術者としてユダ族のフルの孫、ウリの子ベツァルエルを名指しで呼び任命されました。彼に神の霊を満たし、それらのものを作る知恵と才能と技術をお与えになりました。かれは金銀青銅の細工を美しくデザインしたり、宝石の細工、木の彫刻に熟練した技術が与えられました。
その助手として主はまた、ダン族のアヒサマクの子、オホリアブの名前を呼んでその任を与えられました。
安息日を厳守せよ
主がモーセにシナイ山で言われました。それは「あなたたちは安息日を厳守しなければならない」ということでした。聖なる安息日を汚す者は民の中から絶たれます。これは神とイスラエルとの永遠の契約です。神が6日間で天地を創造されて、7日目に活動をやめて憩われたからです。
この後。主はモーセに、神の指で書かれた十戒が記された2枚の板をお授けになりました。

| comments(0) | - | 06:00 | category: 【聖書】 |
【聖書】出エジプト記30章

出エジプト記30章・・・・・身を清めて主の御前に進む
「すなわち臨在の幕屋に入る際に、水で洗い清める」30:20

くぅ〜ママのちょっと一言
日本でも神社では参拝するまえに手と口を水で清めたり、仏壇に線香をたきますが、過ぎ越しの祭りが鳥居を思わせるのと同様、神がイスラエルの民に命じられたこれらのことが発端かもしれません。しかし今や神との新しい約束に生きる私たちは、香を炊いたり、日々水で清めたりすることは求められていません。いつでもどこでも祈ることができます。でもやはり失礼のないような態度で祈りたいと思います。手を組んで、姿勢を正して、または病床でそれができない時でも、心を正して主にいい香りのする祈り、神に喜ばれる祈りを献げたいと思うのです。

聖書要約
香をたく祭壇
香をたく祭壇をアカシア材で作る様に主が命じられました。50cm四方、高さ1mの大きさで4隅に角を彫る、そしてそれらを金で覆います。その祭壇は掟の箱の垂れ幕の前におき、箱の上の贖いの座で主がモーセと会われる時に、アロンは祭壇で香を炊くようにします。毎朝夕に香りの献げものを絶やさないようにしなさい。また年に1度、四隅の角に贖罪の献げものの血を塗り、罪の贖いの儀式を行います。この祭壇は主にとって神聖なものです。
命の代償
神の下で生かされている神の民、イスラエルの数を数えなさい。登録するときに20歳以上の男子は銀半シケルを支払いなさい。それらのものは臨在の幕屋のために用いられます。それはイスラエルの民が主に覚えられるため、あなたの命を贖うためです。
手足を清める
手足を水で清めるための青銅の洗盤を作りなさい。これは臨在の幕屋と祭壇の間に置き、幕屋に入る際に身を清めるために使われます
聖別の油
上質の香料で聖別するための油を作ります。その香油を塗ることによって諸々の祭具や洗盤とその台が聖別されます。またアロンとその子どもらを聖別するためにも用いられます。これを一般の人が塗ったときはその人は民から断たれます。
香料
純粋で聖なる香料を作るように主は命じられます。これは掟の箱の前でたかれます。この香料を他のために使ったり、類似のものを作ることは禁じられています。

| comments(0) | - | 06:00 | category: 【聖書】 |
Profile
Mobile
qrcode
Others
Search this site
Sponsored Links