<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
【聖書】歴代誌上4章

歴代誌上4章・・・・・・苦しみによって生み出された者
「母は「わたしは苦しんで産んだから」と言って、彼の名をヤベツと呼んだ」4:9

くぅ〜ママのちょっと一言
4章は大きく分けると1節から23節までがユダの子孫について。そして24節から最後までがシメオンの子孫について書かれています。
2章でも同じ名前と系図が出てきました。9節のヤベツも2章55節では土地の名前として出てきますが、おそらくその町に創立者のヤベツの名前がつけられたとのことです。ヤベツは兄弟から尊敬されていました。お母さんが産む時に大変苦しみを味わったことからヤベツ(苦しみ)と名付けられます。ヤベツは主に次のように祈りました。「どうか私を祝福して、私の領土を広げ、御手が私と共にあって災いから私を守り、苦しみを遠ざけてください。」と。主はその祈りに答えられたと書いてあります。
クリスチャンもイエスキリストの十字架の苦しみによって生み出された者であることを思うときに、その命に感謝し、そして主に祈る者でありたいと思います。その結果、尊敬に値するような者でありたいと思いますし、主に祝福され主が共にいてくださることによって、領土が広がり、災いから守られ、苦しみを遠ざけられていただけることを信じて、心から喜びたいと思います。

聖書要約
ユダの子孫−もう一つのリスト
ユダの子ショバルの系図として、レアヤ、ヤハト、アフマイ、ラハトと続きます。彼らがツォルアの氏族です。またエタムの子孫、フルの子孫、アシュフルの子孫がいました。ヤベツは兄弟の中でも尊敬されていました。ヤベツは主に「祝福して領土を広げてください。御手がわたしと共にあって、災いと苦しみから守ってください」と祈り、主は聞き入れられました。シェハの兄弟、ケルブの子孫はレカの人々。ケナズの子孫は職人でした。…ユダの子シェラの子孫は亜麻布の仕事をする家の氏族でした。ヨアシュとサラフは焼き物師でした。
シメオンには5人の子がおり、末子のシャウル(サウル)の系図をたどるとシムイにいたります。彼らの居留地はダビデが王となるまで彼らの町でした。彼らの家系は非常に大きく、牧草地を求めて拡散していきました。シメオンの子孫の内500人はセイルの山に向かい、アマレクを倒してそこに住みました。

| comments(0) | - | 00:00 | category: 【聖書】 |
【聖書】ダビデの系図・歴代誌上2章

歴代誌上2章・・・・・・ユダ、ベレツ、ラム…そしてダビデ
「ユダの嫁タマルはユダの子べレツとゼラを産んだ」2:4

くぅ〜ママのちょっと一言
 沢山の名前が出てきて混乱を起こしそうですが、2章の中心人物はイスラエルの12人の子供の中のユダ。そしてそのユダとタマルの間に生まれたラムの系図です。ラムの子孫としてダビデが生まれ、またその子孫としてイエスキリストが誕生します。18章以下はラムの兄弟のカルバイ(カレブ)とエラフメルの傍系(主流ではない)の系図と言うことになります。
 創世記から出エジプト、レビ記、民数記、申命記、ヨシュア記、士師記、ルツ記、サムエル記、列王記とイスラエルの歴史を見てきましたが、歴代誌に書かれている系図の中の名前から、歴史上繰り広げられてきた出来事を思い出すことができます。歴史の流れは大河のように過去から未来へと続きますが、その大河を作り出しているのは私たち一人ひとりなのです。そしてオナンの出来事やユダとタマルのこと、アカル(アカン)の出来事などの記事を思い出すにつけ、歴史の中に主が介入されていることを知ることができます。

聖書要約
イスラエルの子ら

イスラエルの子ら12名
ユダの子孫
イスラエルの12人の子供の中のユダですが、ユダは5人の子をもうけます。内2人は息子の死後未亡人となったタマルとの子。その一人がヘツロン。そのヘツロンの子がエラフメル、ラム、ケルバイ(カレブ)です。
ラムの子孫
ラム、アミナダブ、ナフション(ユダの族長)サルマ、ボアズ、オベド、エッサイ、ダビデと繋がります。16節はダビデの姉妹の系図です。
カレブの子孫
ラムの嫡流の系図に対して、カレブの子孫が傍流の系図として書かれています。
エラフメルの子孫
同じくラムの兄弟であるエラフメルの子孫が傍流の系図として書かれています。
カレブのほかの子孫
カレブの孫のヘブロンの子孫にあたる諸氏族の系図が書かれています。

| comments(0) | - | 00:00 | category: 【聖書】 |
【聖書】歴代誌上1章

歴代誌上1章・・・・・・世界で最も壮大な系図
「彼らの系図は次のとおりである」1:29

くぅ〜ママのちょっと一言
 歴代誌は「日々の出来事」という意味を持ちます。内容はアダムからペルシャ帝国成立までを扱っています。列王記が預言者からの視点で書かれているのに対して、歴代誌は祭司の視点で書かれており、ダビデ王家の歴史と祭司を務めるレビの子孫の記録です。系図が続きますが、間が何世代も抜けているところもあり、大変選択的な系図の書き方がされていることと、傍系を先に書いて、嫡流(跡継ぎの系図)を後に書くという特徴があります。
 系図は9章まで続きます。それを3つに区切るとしたら、1つ目は1章のアダムからイスラエル(ヤコブ)2つ目は2章から8章の捕囚前までのイスラエルの諸部族について、そして3つ目が9章の捕囚の後にエルサレムに住んだ者たちについて書かれています。ここには出来るかぎり多くのイスラエルの諸部族が記載されているのだそうです。通常なら歴史を考える時に直系だけを追いたくなりますが、ここでは傍系の方をむしろを詳しく、しかも直系より先に書いているのです。神にとって不必要な人など誰一人いないということでしょうか。それは全ての人が歴史を作る主の大切な一人ひとりだというメッセージにも思えます。

聖書要約
アダムからアブラハムまでの系図
アダムから(カイン、アベル以下レメクの子)まで削除されてセツまで飛びます。アダムから7代目のエノク(死を見ずに天にあげられた)そして4節のノアに続きます。ノアの子供はセム、ハム、ヤフェトですが、5節からヤファトの系図、8節からハムの系図。ハムの子供のクシュの子のニムロドは地上で最初の勇士となったことが書かれています。11節にはペリシテ人に至るエジプトの氏族の系図。13節にはアモリ人、ヒビ人などのカナンの系図
そして17節でノアの長男のセムの系図となり、24章からようやくセムの嫡流であるセム、アルバクシャド、シェラ、エベル、ベレグ、レウ、セルグ、ナホル、テラ、アブラム(アブラハム)の系図が記されています。
アブラハムの子孫
まず傍系のイシュマエルの系図、34節からがアブラハムの嫡子であるイサクの系図が書かれていますが、まずイサクの子のエサウの系図が1章の最後まで書かれており、直系となったイスラエル(ヤコブ)については2章に入ってからの記述となります。
エドムの王
エソウはセイルの山地に住みエドム人となったのですが、その王の名が記されています。

| comments(0) | - | 00:00 | category: 【聖書】 |
【聖書】列王記下25章

列王記下25章・・・・・・エルサレムの陥落
「こうしてユダは自分の土地を追われて捕囚となった。」25:21

くぅ〜ママのちょっと一言
ついにエルサレムが陥落し、捕囚の民となりバビロンに連行されます。早い時期に連れて行かれたヨヤキン王はバビロン王の即位の際の恩赦として出獄を許されます。そして捕囚となった諸国の王の中でも異例の待遇を受けます。バビロンでユダの捕囚の民が居住した所からヤクキヌ(ヨヤキン)とその5人の王子が厚遇を受けたことを示す楔形文字文が発見されているそうです。主はダビデの末裔をこのようにして守られたのです。同じく主のご配慮により時を経てエルサレム帰還が成し遂げられることになるのです。
ダビデの死から始まった列王記上下はイスラエルに続きユダの陥落で終わります。預言者の戦いも空しくほとんどの為政者は主の言葉に耳を傾けることはありませんでした。今の時代も同じ轍を踏まないようにと願います

聖書要約
エルサレムの陥落
ゼデキヤ王の治世9年にバビロンはエルサレムを包囲し、その3年後、エルサレムでは食料が尽き、王と家臣たちが城壁に穴を開けて逃げようとした時に、王は捕らえられます。目の前で王子たちが殺ろされ、その後王は目をつぶされて足かせをはめられてバビロンに連れて行かれました。
その後、バビロンの家臣や親衛隊がエルサレムにやってきて、神殿、王宮、家屋を焼き払いました。城壁も壊され、貧民街に住む者だけが残され、後の者はバビロンに連れて行かれたのです。また神殿の青銅や金銀の祭具や調度品や柱に至るまでバビロンに持ち去られました。隠れていた祭司長やユダ軍の司令官、農民たち60名の者は殺されました。
ユダの統治者ゲダルヤ
ユダの地の総督としてバビロンの王はゲダルヤを立てました。イスラエルのゲリラ部隊の指導者達は皆ゲダルヤの下に集まってきました。ゲダルヤはバビロンに仕えるなら、あなた方はこの地平和に暮らせると言ったのですが、集まってきた中の一人であるイシュマエルがゲダルヤをはじめ総督の下にいた者たちを殺してしまったのです。バビロンの報復を恐れて、人々はゲリラ部隊の指導者達とエジプトに逃げていきました。
ユヤキンの解放
ユダの王ヨヤキンが捕囚となって37年目にバビロンの王エビル・メロダク即位の時にヨヤキンは出獄を許され、毎日欠かさずバビロンの王と食事を共にすることが出来ました。

| comments(0) | - | 00:00 | category: 【聖書】 |
【聖書】列王記下24章

列王記下24章・・・・・・ユダの滅亡
「その名をゼデキヤと改めさせた。」24:17

くぅ〜ママのちょっと一言
いよいよユダの滅亡のときがやってきました。ゼデキヤがユダ王国の最後の王となります。王とは言え、バビロンの圧力で立たされた王で、改名までさせられています。自分の名前を変えられるという事は人格を否定することであり、これほどの屈辱はないでしょう。しかしこのことから主の怒りの如何に大きかったかを知ることができるのではないでしょうか。
そのように思いながらわが身を振り返る時、私たちもユダと同様、罪のために断罪を免れない者である事を思います。その罪が赦されているのはひとえにイエスキリストが私の罪のために十字架に架かってくださったからなのです。十字架の上で負われた痛みや屈辱は本来私たちが追うべきことだったのです。

聖書要約
ヨヤキムが王であった時、バビロンのネブカドネツァルが攻めてきました。ヨヤキムは3年間服従しましたが、再び反逆しました。しかし主がユダを滅ぼすために、カルデア人、アルム人などの部隊を差し向けられました。それは主がマナセ王の罪をお赦しにならなかったからです。ヨヤキムの死んだ後、その子ヨヤキンが王となりました。その頃バビロンの勢力が拡大し、エジプトの全領土を占領しました。
ユダの王ヨヤキン
ヨヤキンの治世はわずか3ヶ月でした。主のみ前に悪政を行った王です。そのころバビロンの武将たちがエルサレムに攻め上ってきました。またバビロンの王ネブカドネツァル自らもやってきて、ユダの王を始め王の母や家臣、高官、また鍛冶職人など全ての職人、勇士を捕囚の民としてバビロンに連行してしまったのです。残されたのは貧しい人々だけでした。またバビロンの王は神殿と王宮の宝物庫のものを持ち出し、また金の器などを切り刻んだのでした。バビロンの王はヨヤキン王を連行したので、そのおじのマタンヤをゼデキヤと名前を改めさせ王としました
ユダの王ゼデキヤ
ゼデキヤは11年間王位にありましたが、主の目に悪政を行いました。ゼデキヤはバビロンに反逆を企てます。

| comments(0) | - | 00:00 | category: 【聖書】 |
【聖書】列王記下23章

列王記下23章・・・・・・着々と遂行される主のご計画
「かつて神の人がこのことを告げたが、その神の人の告げた主の言葉のとおりになった。」23:16

くぅ〜ママのちょっと一言
神の人の預言とは列王記上13:2に書かれています。ヤロブアムが祭壇に香をたいている時に神の人は主の言葉を祭壇に向かって預言したのです。「ダビデの家に生まれるヨシアが人骨を祭壇の上でたくと。そのとおりのことが行われたというわけです。悪がはびこり、善良な人が苦しむという、まるで神がそっぽを向いてしまわれたように感じる時、また助けを求める祈りに対して神が沈黙してしまわれたかのように思われるときも、主のご計画は遂行しているということを心に留めたいと思います。祈っていても、祈りが空しく感じてしまうことがあります。祈っている事柄が改善するどころか、どんどん望まない方向に行くこともあります。そんなときでも主の恵のご計画の中にいることを忘れないようにしたいと思います

聖書要約
ヨシア王はユダとエルサレムに住む者を皆神殿に集め、神殿で発見された契約の書を読み聞かせました。そしてそこに命じられている全ての戒めを守ることを神のみ前で誓いました。ヨシア王がしたことはまず、主の神殿にあった異教の神を礼拝する為の祭具類を全部運び出して焼き払ったこと、ユダやエルサレムの周辺でバアルや天の万象に対して香をたく者たちを廃止したこと、アシュラ像を神殿から取り除いたこと、神殿の回りにあった神殿男娼の家を取り壊したこと、エルサレムの北から南の丘の礼拝所を壊したこと、息子娘をモレクにいけにえにすることを禁止し、そのための祭壇を壊したこと、神殿の入り口にあった馬と太陽の戦車の像を焼いたこと、ソロモンが作ったシドンの神アシュトレト、モアブ人の神ケモシュ、アンモン人の神ミルコムのためのエルサレムの東の丘の上の礼拝所を取り壊したこと、ベテルの祭壇を壊し、アシュラ像を焼き捨てたことでした。そして山の上の墓から骨を取りにやり、その祭壇で焼いて祭壇を汚しました。その時、ヨシアは一つの石碑に目を留めますが、それは神の人の墓でした。祭壇で人骨を焼いて汚したことは神の人がかつて預言していたことであると知らされます。またヨシア王はサマリヤにある丘の上の礼拝所を全部取り除きました。そして契約の書に書いてある、過ぎ越しの祭りを行いました。それはイスラエルを士師が治めていた時代以来途絶えていたことでした。また霊媒、口寄せ、その他エルサレムとユダにある偶像を一掃しました。
このように完全に主のおきてを忠実に守った王はヨシアの他にいませんでした。それにも関わらず、主の激しい怒りはおさまらず、「イスラエルを滅ぼしたようにユダも滅ぼす」と、主は言われるのでした。
ヨシア王はアッシリヤを援軍するために攻めてきたエジプトのネコ王に殺されてしまいます。国民はヨシア王の子ヨアズを王としましたが、ヨアズは父とは違い、主の目に悪とされることを行いました。ヨアズはエジプトに連れて行かれそこで死にます。在位3ヶ月でした。エジプト王はユダに重税を課します。ネコはもともとヨアズを王とは認めず、エルヤキムをヨアキムと改名させ王とします。ヨアキムは先祖がしたように主の目に悪を行ったのです。

| comments(0) | - | 00:00 | category: 【聖書】 |
【聖書】列王記下22章

列王記下22章・・・・・・書き留められた主の言葉
「わたしは主に神殿で律法の書を見つけました」22:8

くぅ〜ママのちょっと一言
神殿で見つかった書はモーセの古代律法の大要で、マナセの時代に預言者たちが集成、編集したもので、いつの日か発見されて国家の再建のために使われることを願って神殿の書簡として保存されていたものであるとのこと。マナセは歴代のユダの王の中でも最も主の目に悪とされる王です。そして多くの罪なき人たちが殺害されました。そのような体制に刃向かえない状況の中で、心ある者たちによって一縷の望みをかけてか書かれたのでしょう。
やはり書き留めるということは大切だと思います。話し言葉はいつか忘れられてしまいますが、書かれた物は残ります。もしこの聖書通読も私の子どもたちや孫達、ひ孫たち読んで、生きる参考にしてくれればこれほど嬉しい事はないと思います。またこのように言論の自由の元で生きていることにも感謝したいと思います。
ユダの王ヨシア
ヨシアは8歳で王となり31年間王位にありました。ヨシアは父や祖父とは異なり、ダビデの道をそのまま歩み、善政を行った王です。ヨシア王が書記官をとおして神殿の工事担当者に神殿の破損の部分の修理を命じたのですが、その際、神殿で律法の書が見つかります。それを手にしたヨシア王は衣を裂いて悲しみました。それは先祖が主の言葉に耳を傾けず、主の命令に従わなかった為、主の怒りは我々に対して燃え上がっていることが分かったからです。ヨシア王は女預言者フルダの元に使いをやって、主の言葉を伺うことにしました。主は次のように言われたのです。「この書の言葉通り住民に災いを下すことにする。それは他の神々に香をたき、自らの手で偶像を作ったためである。しかしこのことに心を痛め、主のみ前に謙り、衣を裂いて悲しんだのでヨシアが存命中は災いを下す事はない」と。

| comments(0) | - | 00:00 | category: 【聖書】 |
【聖書】列王記21章

列王記下21章・・・・・・マナセの罪
「マナセは主の目に悪とされることをユダに行わせて、罪を犯させた。」21:16

くぅ〜ママのちょっと一言
マナセはユダ王国では最も長い在位期間の王ですが、最も主から離れ、悪政を行った王でした。父ヒゼキヤはそれまでの丘の上での礼拝を止め、エルサレムで主に忠実に仕えた王でしたが、その子マナセは父とは全く違う生き方をしています。勢力を拡大し、ユダに接近してくるアッシリヤの影響があったのかもしれません。どんどん異教の風習を取り入れました。
私たちは結婚して一家を築くにしても、独身で社会を生きていくにしても、社会の最小単位である自分の家庭が健全に機能していくように舵取りをしていくのが大人の責任です。教育にしろ、経済活動にしろ、娯楽にしろ、何に影響を受けるかは大切なことだと思います。世の中に流されず、本当の喜びをもたらし、それぞれの生き方が高められるものを見極めたいと思います。

聖書要約
ユダの王マナセ
ヒゼキヤ王に代わって王となったマナセは55年間王位にありました。彼は父ヒゼキヤが取り除いた丘の礼拝所を再建し、北王国のアハブを真似てバアルの祭壇を築き、アシュラ像を作り、天の万象にひれ伏し、わが子を偶像の祭壇にいけにえとし、魔術や占い、霊媒、口寄せなど主の目に悪とされることをことごとくしました。マナセ王の非道振りがあまりにも酷いので、主は預言者を通して、「ユダに大きな災いを下す。エルサレムはサマリヤと同じ目に遭う」と言われたのです。マナセ王は罪のない人も大勢殺しエルサレムはその犠牲者で埋め尽されるほどでした。
そのマナセも死んで、その子アモンが王となりました。22歳で即位し在位は2年間でした。アモンも父同様に偶像を拝み、主の道を歩みませんでした。彼は家臣の謀反によって殺害されます。アモンに代わってその子ヨシヤが王となりました。

| comments(0) | - | 00:00 | category: 【聖書】 |
【聖書】列王記下20章

列王記下20章・・・・・・涙を見られる神
「わたしはあなたの祈りを聞き、涙を見た」20:5

くぅ〜ママのちょっと一言
実際エルサレムはバビロンによって滅ぼされ、民は捕囚の民となります。ヒゼキヤの何がいけなかったのでしょう。それは病気が癒された時の主の言葉の「私自身の栄光のため」と言う言葉がキーワードだと思います。バビロンの使者に宝物庫などを次々と見せた時の王の心を想像してみると、王は自分に対して高い評価を得ることを期待して自慢げな心で使者に金銀などを見せたことでしょう。本来ヒゼキヤは主から延命していただいた15年間をもっと謙虚に、主の栄光のために使うべきだったのではないかと思います。
そもそも命そのものが自分のものではないと思います。主から与えられた命であり、主から与えられた今日一日です。不平や不満を言わず、また傲慢な気持ちにならず、主に感謝して、主に喜ばれる一日を送りたいです。

聖書要約
ヒゼキヤの病気
ヒゼキヤ王が重い病気を患いました。預言者イザヤは王の元にきて主の言葉を伝えました。それはこの病気は治らないので遺言を書くようにというものでした。王は顔を壁に向けて主に嘆願しました。「私がいつも主にお従いしてきたことを思い出してください」と。するとイザヤが中庭を出ないうちに主の言葉がイザヤに臨みました。「先祖ダビデの神は王の祈りを聞き、涙を見た。3日後に床から起き上がり、寿命を15年延ばす。アッシリヤから王とこの町を救いだす。それは私自身の栄光の為、わたしのしもべダビデのためである」と。イザヤがいちじくを患部につけるとヒゼキヤ王の病気は回復したのです。イザヤはその証拠として日時計を10度後戻りさせたのです。
バビロンからの見舞い客
バビロンの王がヒゼキヤの病気を聞きつけ使者に手紙と贈り物を見舞いとして託しました。ヒゼキヤはその使者を歓迎して、宝物庫や武器庫のすべてを彼らに見せたのです。預言者イザヤが王を訪れ主の言葉を伝えました。「王宮にある先祖が蓄えてきた全ての物がバビロンに運び去れるときがくる。王子の中には宦官にされるものもある」と。ヒゼキヤは「主がお望みならそれもいいでしょう」と答えました。自分が生きている間は安泰であると考えてほっとしたのでした。

| comments(0) | - | 00:00 | category: 【聖書】 |
【聖書】列王記下19章

列王記下19章・・・・・・手紙を手にして神殿に
「ヒゼキヤはこの手紙を使者の手から受け取って読むと、主の神殿に上って行った。ヒゼキヤはそれを主の前に広げ、主の前で祈った。」19:14

くぅ〜ママのちょっと一言
諸国を震撼させ、野獣とも例えられたアッシリヤでしたが、主の民に手を加えようとした時、主の裁きが下ります。主に拠り頼むものを主は守られ、その祈りをお聞きくださいます。ヒゼキヤはアッシリヤの手紙を手にしたときにどれほど動揺したことでしょう。しかしその手紙をもって神殿に行き祈りました。その祈りに対して主は、神のために実を結ぶ大いなる国民にすると言われたのです。アッシリヤを前に風前の灯のような状態とはかけ離れた預言です。しかし万軍の主の熱情がこれを成就されると主は言われるのです。なんという力強い言葉でしょう。み翼の陰に難を逃れる者を主が見捨てられることはないのです。

聖書要約
ヒゼキヤ王はアッシリヤの将軍達の言葉を聞いて大変悲しみ、祈るために神殿に行きました。そして祭司の長老たちを預言者イザヤの元に遣わし、イザヤに「生ける神をそしるアッシリヤを神が罰してくださるように祈って欲しい」と伝えたのです。それに対してイザヤが神から頂いた言葉は「恐れてはいけない。アッシリヤの王は本国から悪い知らせを受け取り、引きあげる。その後本国で殺される。これらはすべて神のご計画なのだ」ということでした。その通り、リブナを攻撃しているアッシリヤの王の元にクシュの王が戦いを挑んでいるという知らせが入ります。その戦いの前にアッシリヤの王はヒゼキヤ王に再び使者に手紙を託しました。「お前が信じている神にだまされ、アッシリヤから助けてもらえるなどと思ってはならない。周辺の諸国が片っ端からアッシリヤによって滅ぼされているではないか」と。この手紙を手にしたヒゼキヤ王は神殿に行き祈りました。「あなただけが真の神、どうかみ顔をこちらに向けて、生ける神に反抗するアッシリヤの王の言葉を聞いてください。アッシリヤの王が滅ぼしたという神々は木や石で作られて神なのだから当然です。主よ、私たちを救い出してください。そうすればあなただけが真の神である事を全世界は知るでしょう」と。主はその祈りを聞かれ、イザヤを通してこう告げられたのです。まず主はアッシリヤの王に、「ユダ(娘シオン、娘エルサレム)はアッシリヤを恐れない。お前がののしったのは聖なる神なのだ。今まで諸国との戦いに勝利してきたのは主が立てたご計画通りのこと。しかしあまりにアッシリヤが傲慢になるので鼻に鉤をひっかけ、口にくつわをはめ、元来た道に引き換えさせよう。」と。そして「私の民ユダは今年は落穂を食べるが、来年は自然に生えたものを食べ、次の年には豊作にわく。敵の難を逃れ、残された者たちが再び大きな国民となり、地中深く根をはり、神のために実を結ぶようになる。万軍の主の熱情がこれを成就される。だからアッシリヤはエルサレムに入ることはできない」と。その夜、主のみ使いがアッシリヤの陣営で18万5千人を撃たれました。アッシリヤの王はそこをたってニネベに行き、自分の神ニスロクを礼拝している時に王子に殺され、次にエサル・ハドンが王となりました。

| comments(0) | - | 00:00 | category: 【聖書】 |
Profile
Mobile
qrcode
Others
Search this site
Sponsored Links