<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
【聖書】歴代誌下4章

歴代誌下4章・・・・・・最上の祭具
「ソロモンは神殿に置くためのあらゆる祭具を作った」4:19

くぅ〜ママのちょっと一言
祭壇はモーセのときのものより遙かに大きいものだそうです。洗盤については列王記と飾りや大きさの表現に違いがあります。また用途もいけにえの道具を洗い清めるというモーセの規定に対して、祭司が身を清めると違ったことが書かれています。どちらにしてもこれらの物はエルサレム陥落の時に破壊され、バビロンに持ち去られてしまうことになるのです。ここに書かれている神殿は見ることが出来ないのです。さどかし素晴らしい神殿だったことでしょう。しかし新約聖書には神殿について次のように表現している箇所があります。「あなたがたの体は、神からいただいた聖霊が宿ってくださる神殿であり、あなたはもはや自分自身のものではないのです。…だから、自分の体で神の栄光を現しなさい」と。
ソロモンの神殿より、もっと素晴らしい神殿として自分自身が輝くことができたらどんなに素晴らしいでしょう。心に宿ってくださる聖霊の力によってそれが可能なのです。

聖書要約
ソロモンは青銅製の祭壇を造りました。長さ幅が10m、高さが5mあります。また鋳物で「海」を作りました。海は12頭の鋳造の牛の上に据えられていました。その他、清めのための10の洗盤、10の金の燭台、10の聖卓、100の金の水盤、を作りました。そして熟練者のフラムに以下のものを作らせました。2本の柱の上にある柱頭、柱頭につけられた2組の鎖、鎖から垂れ下がる400個のざくろ洗盤の台と洗盤の本体大洗盤とそれを載せる12の鉢、十能、肉刺し。それらに用いられた青銅はあまりにも大量で量る事はできませんでした。
神殿の中のものは金が使われました。供えのパンを載せる机、燭台、ともしび皿、火箸、芯切りはさみなど純金で造られたのです。神殿のも金で作られました。

| comments(0) | - | 00:00 | category: 【聖書】 |
【聖書】歴代誌下3章

歴代誌下3章・・・・・・最高をささげる
「彼は純金で内部を覆った。」3:4

くぅ〜ママのちょっと一言
神殿が着手されました。5章までその仕事について書かれています。まず大きさが記されていますが、天井の高い神殿ということが分かります。その内部を上等の金で覆い、彫刻が施されました。ソロモンはどんなにきれいな細工を施し、豪華に作っても、まだ足りないという思いだったのではないでしょうか。ソロモンは持てる力を出し切って、精一杯の神殿を献げたのです。信仰の世界は計算が成り立ちません。普通なら後のことを考えたり、手加減したりして使える範囲を考えますが、信仰の世界は思い存分、精一杯の世界です。その心を主はご存じなのだと思います。

聖書要約
ソロモンは治世4年に、モリヤの山で神殿建築を始めました。そこは主がダビデに出会われた、エブス人オルナンの麦打ち場があったところです。
神殿の土台は長さ30m、幅10m、屋根の高さは60mでした。神殿の主要な部分は糸杉で覆い純金を張りつめ、なつめやしと鎖の彫刻が施され、壁の内側はさらに美しさを増すため、宝石で飾られました。金も最高のものが使われ、壁にはケルビム(天使を象徴する像)が彫られました。神殿の奥に至聖所が作られました。そこには金のケルビムの像が2つ据えられました。ケルビムは床にたち顔を部屋の外に向け翼を部屋いっぱいに広げていました。至聖所の入り口にはケルビムの模様が施された青と紅の幕をかけました。神殿の前には2本の柱を立て、それぞれヤキンとボアズと名付けられました。

| comments(0) | - | 00:00 | category: 【聖書】 |
【聖書】歴代誌下2章

歴代誌下2章・・・・・・いったい何者でしょう
「主のために神殿を建てようとするわたしはいったい何者でしょう」2:5

くぅ〜ママのちょっと一言
ソロモンはダビデの時代から友好関係にあったフラム王に神殿建築の協力を求めます。その親書の中で神殿を建てる意味を説いたのです。そして偉大な主の宮を建てることへの畏れを、「主のために神殿を建てようとするわたしは何者でしょう」と表現しています。父が多くの準備をし、財力や統治力なども整えられていましたが、ソロモンはおごり高ぶることはありませんでした。人生の中で順調な時、思いもよらぬ評価を受けた時、また大きな働きを任されたときなど、自分がまるで大きな者にでもなったかのように思えてしまうのが私たちです。これが人間の弱さなのかもしれません。しかしそのようなときこそ主のみ前に「私はいったい何者でしょう」と謙虚な気持ちで主の導きを願う者でありたいです。

聖書要約
神殿の建築
主のための神殿と、自分のための王宮を建てる時期が来ました。そこでソロモンはティルスの王フラムに使節を遣わして、ダビデが王宮を建てたときのように協力をしてほしいと頼みました。ソロモン王がフラム王に宛てて書いた内容は、神殿で主のみ前に香を焚き、絶えずパンを供え、朝夕とイスラエルの祝祭日に献げ物を献げることで、いつまでも守られるようにしようとしていること。またソロモンは偉大な主のための神殿を建てることへの畏れ感じていること。しかし神殿は大切な礼拝の中心であるので協力して欲しいことなどでした。そして具体的な依頼として、金属、繊維、彫刻の3つの分野の熟練者を送って欲しいことと、レバノンから上等の木材を伐採して運ぶ労働力の提供でした。それに対してソロモンは穀物を送り届けることを約束したのです。フラム王はソロモンの親書に対して、ダビデの後継者に聡明なソロモンが与えられたことを称え、優秀な職人の頭(フラム)を送るなど、ソロモンの依頼を承諾しました。ソロモンは労働力としてイスラエルにいる寄留民の数を調べました。

| comments(0) | - | 00:00 | category: 【聖書】 |
【聖書】歴代誌下1章

歴代誌下1章・・・・・・主の知恵を求めたソロモン
「今このわたしに知恵と識見を授け、この民をよく導くことができるようにしてください」1:10

くぅ〜ママのちょっと一言
ダビデから王位を継いだソロモンはまずギブオンで献げ物をします。父ダビデがしたように千頭の献げ物です。そのソロモンに主は願いをかなえてあげようと言われたのです。ソロモンは知恵と知識を求めます。ソロモンの知恵の書である箴言の1章には「主を畏れる事は知恵の初め」と書かれているように、この知恵は神の智恵であり、神の知識です。ダビデが祈ったように、主に従って生きることをソロモンは求めたのです。
私たちも人間の知恵や知識で生きるのではなく、主の知恵と知識を頂いて生きて生きたいと思います。

聖書要約
ソロモンの知恵と富
主がソロモンを偉大な王として下さったので、王としての地位は堅固なものとなりました。ソロモンは全てのイスラエルの民、軍の指導者や宗教、政治などの有力者をギブオンの聖なる高台に招集しました。そこにはモーセが作った神の臨在の幕屋がありました。そこでソロモンは祭壇に上り、千頭の献げ物を献げたのです。
その夜主はソロモンに現れて、「何事でも願うが良い。あなたに与えよう」と言われました。ソロモンは「この国の民を治めるのに必要な知恵と知識をお授け下さい」と答えました。主は財や名誉、敵への復讐、長寿を求めなかったソロモンに対して、知恵と知識はもちろん、富財宝、名誉も授けると言われたのです。ソロモンの時代は金や銀が路上の石のようにふんだんに使われ、高価なレバノン杉がいつじく桑のように用いられました。またソロモンはエジプトから戦車や馬を輸入し、ヘト人やアラム人などに輸出するなど貿易により富を得ていました。

| comments(0) | - | 00:00 | category: 【聖書】 |
【聖書】歴代誌上29章

歴代誌上29章・・・・・正しいものを喜ばれる主
「わたしの神よ、わたしはあなたが人の心を調べ、、正しいものを喜ばれることを知っています。」29:17

くぅ〜ママのちょっと一言
神殿建築のために資材は整えられましたが、その上に王自ら献げものをしたことが書かれています。また民も自ら喜んで進んで献げ物をしたと書かれています。その後の祈りで、その行為についてダビデは次のように言っているのです。財は全て主からいただいたものですから、その一部を主にお返ししたに過ぎないと。そもそも富みも誉れも主が与えてくださったのですから…また主は献げ物のありかたをとおして試されるのだけど、我々が喜んで献げた心を主はご覧くださるのだと。この祈りは私たちが献げものをする時の姿勢そのものだと思います。
「水を汲んだしもべ」だけが知ることができる恵があるのです。

聖書要約
神殿建築のための寄贈
ダビデは続いて全会衆に語りかけました。「神はソロモンをお選びになったが、主のための神殿を建てるという偉業を成し遂げるには、まだ若くて力弱い。私は神殿の建築のために金、銀、青銅、鉄、木材、あらゆる種類の宝石や大理石を整えたが、それに加えて私財を寄贈する。ここに集まった者達も自ら進んで主に差し出すものはいないか」と問いかけたのです。すると家系の長や部族の長、軍隊の長、高官たちはダビデ王の言葉に応えて、金、銀、青銅、鉄、宝石を献げたのです。彼らは全き心をもって主に献げたことを喜びました。ダビデもまた大いに喜びました。
ダビデの祈り
ダビデは祈らざるを得ない気持ちになって、会衆の前で主を称えました。「天と地にあるすべての物は神のものです。人に富と誉れを与えられるのも神さまがなさることです(思いのままに人を強くし力を与えられるのは神である)私たちの財は全てあなたから頂いたものです。私たちが献げたものはあなたから頂いたものをお返ししたに過ぎません。わたしたちは先祖と同様、この地では寄留者に過ぎないのです。神は正しい者を喜ばれます。主は正しいかどうか試される方です。主よ、神殿建築において正しい動機であったこと、また民が喜んで自ら献げたことをご覧になったでしょう。これからも私たちが主に従うようにお導き下さい。ソロモンに正しい心を与え、心を尽くして神殿建築にあたるようにしてください。会衆と共に主をほめたたえます」
ソロモンの即位
翌日彼らは主にいけにえを献げました。雄牛千頭、雄羊千匹、小羊千匹、ぶどう酒を献げ、かれらは主の前で大いに喜び祝って飲んだり食べたりしました。ソロモンはダビデに代わって王の座につきました。そして全イスラエルがソロモンに従ったのです。
ダビデは王となり、ヘブロンで7年間、エルサレムで33年間王位にありました。彼は高齢に達し、富と栄光に恵まれて人生を閉じました。

| comments(0) | - | 00:00 | category: 【聖書】 |
【聖書】歴代誌上28章

歴代誌上28章・・・・・わが子よ。父の神に仕えよ。
「わが子ソロモンよ。この父の神を認め、全き心と喜びの魂をもってその神に仕えよ。」28:9

くぅ〜ママのちょっと一言
ダビデがソロモンに神殿建築を委ねたことは22章にも書かれていましたが、それはソロモンへの個人的な言葉でした。ここでは全イスラエルの前でソロモンがダビデの後継者であり、神殿建築を主から託されていることを宣言したのです。
ダビデはソロモンが神殿を建築できるように資材を整えました。緻密な設計図も手渡しました。協力者も確保しました。ダビデはソロモンのために万全に準備したのです。ダビデはそれだけでは神殿は建たないと分かっていました。だからソロモンにこの場で一番言いたかったことを言ったのだと思います。それは9節10節の「この父の神を認め、全き心と喜びの魂をもってその神に仕えよ。主はすべての心を探り、すべての考えの奥底まで見抜かれるからである…」と。
クリスチャンにとって子供に一番伝えたいことは、このことだと思います。主を認めて、主と共に歩む人生をおくるようにと。しかしそれは親であっても無理にさせることはできません。信仰は自分自身の問題ですから。

聖書要約
ダビデによる神殿建築の宣言
ダビデ王はイスラエルの政治的指導者や師団長、将軍、王の財産の管理者、その他有力者を招集しました。そして王は立ち上がって会衆に向かって言いました。ダビデは主の箱を安置する神殿建築の志を抱きその準備をしてきたが、主は戦いに明け暮れたダビデが神殿を築く事はできないと言われます。しかし主はユダを選び、父の家を選び、私を選び、そしてその子ソロモンを神殿建築のために選んでくださったのです。ソロモンが主の戒めと法をしっかりと守るなら主は彼の王国を買堅く据えようと言われる。
ダビデはソロモンにあらためて、「この父の神を認め、全き心と喜びの魂をもってその神に仕えよ。主はすべての心を探り、すべての考えの奥底まで見抜かれるからである」と言いました。
そしてダビデはソロモンに神殿の設計図を渡しました。それは神の霊を受けて書かれたものです。そこには全ての建物、また奉仕する者の勤務内容や勤務表、そして神殿で用いる祭具の用途やそれを作るのに遣われる金や銀などの重量まど事細かに書かれていたのです。そしてダビデはソロモンに「勇気を持って雄々しく実行せよ。恐れてはならない。おじけてはならない。神なる主はあなたと共にいて、決してあなたを離れず、捨て置かれない」と言いました。

 

| comments(0) | - | 00:00 | category: 【聖書】 |
【聖書】歴代誌上27章

歴代誌上27章・・・・・神の約束を信じることこそ謙遜な生き方

「ダビデは20歳「以下の者を人口に加えなかったが、それは主がイスラエルを空の星のように数多くすると約束されたからである。」27:23

くぅ〜ママのちょっと一言
ダビデの人口調査は21章にも書かれており、別のことではないようですが、ここではダビデの責任を問うていません。むしろダビデは主が先祖アブラハムに約束してくださった「イスラエルを空の星、浜辺の砂ほど増やしてくださる」ことを信じていたと書かれています。大掛かりな軍の組織や財産の管理などを見るとダビデ王朝の繁栄がいかに素晴らしいものであるかを知ることが出来ますが、ダビデ自身は主の約束を信じて主の前に謙る小さなものだったことが想像できます。自分の力を誇って偉大に見える王より、主の前に謙遜に生きる王のほうが真実な生き方だと思います。

聖書要約
軍隊の組織
イスラエル軍は2万4千人からなる12師団に分けられて、1ヶ月交代で軍務につきました。12師団の担当者が記されています。また各部族の長の名前も書かれています。
ダビデは人口調査に20歳以下の者は数にいれませんでした。主がイスラエルを空の星のように増やすと言われたからです。ヨアブが数え始めたのですが、数え切れませんでした。数え始めた時に主のみ怒りが臨んだからです。
王室財産の管理
王の貯蔵庫、イスラエルの町や村、要塞の貯蔵庫、農作業に従事するもの、ブドウ畑、ぶどう酒の貯蔵庫、オリーブといちじくク桑、オリーブ油、平野の牛の群れ、谷間の牛の群れ、らくだ、雌ろば、羊の群れ、それぞれの責任者の名前が挙げられ、ダビデ王の財産の責任を負ったことが書かれています。
またダビデの伯父が顧問となり書記官を勤めました。王子の養育係もいました。そして王の軍隊の司令官はヨアブであったことが記されています。

| comments(0) | - | 00:00 | category: 【聖書】 |
【聖書】歴代誌上26章

歴代誌上26章・・・・・それぞれが分担して
「それぞれの分担に従って警戒に当たった」26:16

くぅ〜ママのちょっと一言
門を守る人々、神殿の宝物庫を守る人々、役人や裁判の任務についた人々について書かれています。それぞれに役割が与えられ、それを果たすことで全体が機能していきます。
新約聖書の汽灰螢鵐12章では教会を形づくっている信徒の働きを、体の各部の働きに例えています。それぞれに異なる役割が与えられているから全体が機能するのです。私たちもそれぞれに役割を担って生きています。その役割は時と場所によって変わってきます。時にはブレーンに近いときもあれば、末端の手足の役割を担うこともあります。その時その時で自分の役割を見極め、それに徹することが賢明な生き方だと思います。

聖書要約
門衛
門衛として仕える家系は3つ。コラの一族に連なるメシュレムヤとその息子達。オベド・エドムとその息子達。メラリの一族に属するホサとその息子達でした。彼らは組み分けされ、くじによって担当の門が決まりました。東西南北の門と倉庫や通路にも門衛が配置された。
レビ人アヒヤが神殿の宝物庫の責任を負いました。モーセの孫のシェブエル宝物庫の主任となり、エリエゼルの子孫のシェロミトが将軍や達名な人たち聖別したもの保管を委ねられました。
他のレビ人の任務
イッハルに属するケナンヤとその子らとヘブロンに属する者たちが役人や裁判官の任務につきました。

| comments(0) | - | 00:00 | category: 【聖書】 |
【聖書】歴代誌上25章

歴代誌上25章・・・・・主に向かって賛美を
「彼らは皆、父の指示に従って主の神殿でシンバル、琴、竪琴を奏で、歌を歌って神殿の奉仕に従事し…」25:6

くぅ〜ママのちょっと一言
アサフ、エドトン、ヘマンはレビの3人の子供であるゲルション、ケハテ、メラリの子孫です。それぞれの家庭は父の指導で、主を讃美したと書かれています。ヘマンの家族は女の子も加えられたと書かれています。
主に向かって家族の心が一つになって、家族で讃美ができることはなんと素晴らしいと思います。音楽は平和の力、信仰の力だと思います。

聖書要約
詠唱者
ダビデと将軍達は琴と竪琴とシンバルの伴奏で預言する者をアサフ、ヘマン、エドトンの各グループから選び、役割を与えました。
アサフらの子たちは王の指示で預言するアサフの指示に従いました。
エドトンの子たちは琴の伴奏で讃美する責任者エドトンの指示に従いました。
ヘマンの指揮下に置かれたのは彼の子達で男子14名、女子3名で、シンバルや竪琴、琴の伴奏で父の指導のもとで歌いました
彼らはみんな主に向かって歌う為の訓練を受け、皆が熟練した者でした。彼らの数は288人で、くじによって24にグループに分かれ、それぞれの努めの順番が決められました。

 

| comments(0) | - | 00:00 | category: 【聖書】 |
【聖書】歴代誌上24章

歴代誌上24章・・・・・主への奉仕
「彼らはくじによって組に分けられた」24:5

くぅ〜ママのちょっと一言
くじで平等に奉仕が分担されたことが記されています。奉仕が偏らないようにグループ分けから気を配っていることが分かります。
現代の教会でも沢山の奉仕があります。世の中の働きとは違って強制力もなければ、報酬のためにするのでもありません。主から頂いた恵を思えば、主のために、また主の教会のために何かせざるを得ない思いで、できる人が出来ることをします。出来ない時もあります。しかし奉仕している人が、していないひとを非難することもありません。主との関係が行動の動機ですので、人と比べることもないのです。その点世の中の仕組みとは違っています。このような考えが世の中に広まることが世界平和に繋がることではないかと思います。

聖書要約
祭司の組織
アロンの4人の子の内、エルアザルとイタマルが祭司の職につきました。エルアザルのほうがイタマルより倍の人数でしたので、エルアザルを16グループ、イタマルを8グループに分け、くじで仕事が分け与えられました。
その他のレビの子孫
レビの子孫もレブヤーのグループイッハルのグループヘブロンのグループウジエルのグループメラリのグループに分けられ、祭司と同じく、くじで仕事が分け与えられました。

| comments(0) | - | 00:00 | category: 【聖書】 |
Profile
Mobile
qrcode
Others
Search this site
Sponsored Links